週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

目指せデストラーデ! セギノール! 今季のスイッチヒッター出場ランキングトップは西武・金子侑司


 プロ野球における攻守のセオリーは時代とともに変化しているものの、いまだに定石となっているのは「右投手には左打者、左投手には右打者」だ。

 面白いのは、投手の決め球の関係で必ずしも定石通りとなっていないデータが出ているにも関わらず、基本的にはこのセオリーを軸にして作戦が進められている。

 そんなわけで、相手投手の左右に関係なく打席に立てるスイッチヒッターは今でも貴重な戦力。あらためて今年の顔ぶれをランキングで紹介しよう。

出場試合数でランキング! セ・リーグのスイッチヒッター番付

(成績は6月29日時点)

藤井淳志(中日)
49試合 打率.209 2本塁打 7打点

西岡剛(阪神)
41試合 打率.299 0本塁打 13打点

吉川大幾(巨人)
37試合 打率.176 0本塁打 1打点

エルナンデス(中日)
26試合 打率.227 2本塁打 8打点

鈴木尚広(巨人)
21試合 打率.667 0本塁打 1打点

エリアン(DeNA)
21試合 打率.221 0本塁打 7打点

嶺井博希(DeNA)
5試合 打率.375 0本塁打 3打点

上本崇司(広島)
7試合 1軍打席数なし

内村賢介(DeNA)
1軍出場なし

少数精鋭? パ・リーグのスイッチヒッター番付


金子侑司(西武)
64試合 打率.286 1本塁打 23打点

加藤翔平(ロッテ)
39試合 打率.298 0本塁打 7打点

松井稼頭央(楽天)
35試合 打率.190 2本塁打 10打点

杉谷拳士(日本ハム)
20試合 打率.194 0本塁打 0打点

金子圭輔(ソフトバンク)
1軍出場なし

タイトルホルダークラスの停滞…。今年のスイッチヒッター事情


 残念ながら今季は、西岡、松井の両タイトルホルダーの元気が今ひとつのため、スイッチヒッター市場はちょっと盛り上がりに欠けている。

 彼らの代わりというわけではないが、金子と加藤の躍進は嬉しいニュース。ケガで出遅れた杉谷もこれからに期待したい。

 外国人はエルナンデスとエリアンがいるが、やはり小粒な印象。どうせだったら外国人スイッチヒッターのレジェンドであるデストラーデ(元西武)やセギノール(元日本ハム)クラスを目指して頑張ってほしい!


文=サトウタカシ(さとう・たかし)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方