週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【2019年夏の甲子園 山梨みどころ】潜在能力ある投手が大きく飛躍の可能性 今夏も野村のド迫力弾が見られるか!?

投手編〜140クラスが各校に点在!

相澤利俊
 山梨学院の投手陣は豊富である。主将でエース左腕の相澤利俊は、130キロ前後のストレートに多彩な変化球を丁寧に投げ分け、凡打の山を築く。190センチの長身左腕・木村渓人は、角度のあるストレートを武器とする。駒井祐亮も左腕で、キレのある投球が持ち味。左腕の佐田亮太、松原翔、右腕の佐藤裕士も控えている。

 加藤匠(東海大甲府)は小気味のいいテンポで140キロ超のストレートに多彩な変化球を操る。今春初登板し、143キロを計測した鈴木虎我は夏までにどこまで成長するか楽しみだ。左腕の大宅誠也は変化球を中心に打者に的を絞らせない投球術が身上。控えの野田大輔、亀井康生など継投のタイミングが4年ぶり甲子園への最大のポイントになる。

 駿台甲府は右腕の2枚看板で初の甲子園を狙う。大須賀秀人は重いストレートとタテに割れる変化球で勝負する。羽鳥響はキレがあり、変化球のコントロールが抜群で信頼感がある。スライダーがいい左腕の依田郁也も控える。

 帝京三は140キロのストレートと安定感のある臼倉麗斗、粗削りだが力のある一柳佑太に期待。
 青山司、明石達也、横井温野の日本航空140キロ超トリオは威圧感がある。
 力丸尚哉(日大明誠)は変化球の制球力が素晴らしい。

 公立勢では、140キロ超の白須汐音(都留興譲館)、舟久保寛太(吉田)、小澤一誠(巨摩)、緩急を織り交ぜ頭脳的な投球が身上である根上真(都留)、強気に攻める橘田純一(甲府城西)、桜庭輝一(塩山)の気迫溢れる投球に注目だ。

野手編〜長距離砲・野村を要チェック

野村健太
 山梨学院の打線は一度火が付くと手におえない集中力がある。俊足で選球眼、打力も兼ね備える渡邉嵩馬、菅野秀斗が出塁し、通算50本塁打を超える“山梨のデスパイネ”こと野村健太が還す。特に菅野の高い出塁率、野村の長打力は全国屈指だ。相澤利俊はチャンスに強く、飯塚大河は逆方向にも強い打球が打てる左の大砲だ。他にも高垣広大、小吹悠斗など好打者が揃い、切れ目がない。

 東海大甲府はセンターを中心に逆方向に強く撃つ意識がある。関口歩夢は強肩捕手ながら俊足で長打もある。鈴木虎我は力強いスイングで広角に打ち分け、長打率も高い。加藤匠は柔らかいバットコントロールが売り。この前後を打つ齋藤龍成、日川広星、日塔孝太らは機動力を使った攻撃を仕掛けられる。

 駿台甲府はジグザグ打線を組み、相手投手の制球力を奪う。藤澤潤哉は出塁率が高く、俊足。主将の杉田大貴は勝負強さがある。長打がほしい、単打でもOK、得点したい状況に応じた打撃でチームを牽引する。依田郁也は長打力が魅力で、一気に流れを引き寄せる強運を持つ。いずれも左の好打者だ。
 熊崎颯人、大久保惠生(ともに帝京三)は破壊力がある打撃が武器。
 池谷直仁はシャープで、大井幸三郎(ともに日大明誠)はパワーがある。
 公立勢にも期待したい。有馬夢輝(甲府商)、中島碧斗(甲府工)、辻健人(塩山)らは長打力がある。長澤楓樹、久保温(ともに甲府城西)、勝俣尊斗(都留)などはバットコントロールがうまく、打率が残せる好選手だ。

大会展望〜山梨学院を止められるか?

山梨地区勢力ピラミッド
夏4連覇を目指す山梨学院は複数の好投手がおり安定感は抜群。
センバツで1試合24得点を挙げた攻撃陣の破壊力も十分だ。
昨秋の王者・東海大甲府はリズムよく守って攻撃に繋げるが、春は打線に繋がりを欠いた。
この2校が優勝候筆頭。
追うのは、全員で粘り強く戦う駿台甲府、昨夏準優勝メンバーが残り試合巧者の帝京三に、甲府工、甲府商か。
好投手を要する都留、都留興譲館、巨摩、吉田など公立勢も打倒私学に闘志を燃やす。
ノーシードの日本航空も不気味な存在だ。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方