週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

《君はこんなもんじゃない!》自慢の長打力をスパークさせろ! フェルナンド(楽天)への熱き期待!


 プロでの活躍を期待されながら、殻を破りきれず、「鳴かず飛ばず」で期待を裏切り続けてしまう選手たち。もう一歩で覚醒しそうな選手たち。『野球太郎』本誌では、そんな選手を「君はこんなもんじゃない!」選手(君コン選手)と呼んで、過去に特集も組んできた。

 週刊野球太郎では、2017年の幕開けに、ライター陣がピックアップする10名の最新「君コン」選手を取り上げ、愛情たっぷりに鼓舞したい。

 第4回は楽天を定点観測し続けるライター・柴川友次氏が挙げる「君コン」選手、フェルナンドをピックアップ!

楽天の「君コン」選手はフェルナンド


 球団創設以来抱える懸案の解決を「杜のクロマティ」に託したい!

 長距離砲の育成が課題の楽天。中川大志、西田哲朗、内田靖人ら右の強打者の育成に力を注ぐものの、年間2ケタ本塁打を打つ生え抜きの誕生もままならず、道半ばだ。そのなか、筆者のイチオシはブラジル生まれの日系4世、フェルナンドである。

 2014年にドラフト4位で白鴎大から楽天入り。プロ3年目の今季に25歳を迎える右投右打の外野手だ。5歳のときに来日。日本で育ち、桐生第一高、白鴎大では強打者として鳴らした。


クロマティさながらのクラウチング・スタイル


 フェルナンドの打撃姿は、まさに「杜のクロマティ」。左右の違いはあるものの、巨人の往年の助っ人・クロマティさながらだ。

 昨今では珍しい、お尻をぷりっと突き出してバットをかつぐクラウチング・スタイル。肉付きの良いムキムキな体格で、175センチという小柄さを感じさせないパワフルな打撃を売りにする。昨季は、その打棒がイースタン・リーグでスパークした。


昨季はイースタン・リーグ屈指の長打力を発揮!


 なんと! 昨季のフェルナンドは、イースタン・リーグで、1軍で14本塁打を放って台頭した山川穂高(西武)に迫る打棒を見せた。214打席で本塁打は14本。柵越えを約15打席に1本のペースで量産した。これは昨季、イースタン・リーグで200打席以上を記録した打者65人中、山川の約12打席に1本(268打席で22本塁打)に次ぐ高い本塁打発生頻度だった。

 OPS(出塁率+長打率)はリーグ4位の.920。純粋な長打力を表すISO(長打率−打率)も山川の.333に続く2位の.282。打率も.287と好成績をマーク。クリーンアップに座ると燃えるタイプで、3番、5番でスタメン出場した15試合65打席では、5本塁打を含む長打11本の大暴れ。その際の打率は.333、OPSは1.085と高い数字を残した。

ゴロ打ちが減り、右翼方向への長打が増加!


 ファームでの長打力上昇の背景には、ゴロを打たされるケースが減り、右翼、右中間方向にも長打を打てるようになった点が大きい。プロ1年目の2015年は右翼、右中間への本塁打は1本のみ。しかし、昨季は4本に増えている。二、三塁打も同様の傾向をみせた。

 1軍では通算43試合95打席で打率.191、1本塁打という残念な成績にとどまっているが、その長打力は本物だ。1軍で打ち返した打球61本のうち、ウオーニングゾーン以遠に到達した大飛球は約1割に当たる6本を記録する。

 山川に追いつき追い越せとばかりに、フェルナンドも今季は1軍で羽ばたいていきたい。


激戦の外野レギュラー争いを長打と強肩で鷲掴め!


 守備では肩の強さに定評がある。この2年間、イースタン・リーグで記録した補殺数10は、外野手ではリーグ4位タイだ。

 現在、1軍には強肩を武器に相手走者の進塁を抑止できる外野手が不在。今季の外野は激戦区で、1枠は外国人起用が濃厚だ。残りの2枠を、島内宏明を中心に争う形になる。

 同じ白鴎大の先輩・岡島豪郎もライバルになるが、チーム内の競争を制して長打と強肩で1軍に貢献、将来的には不動の4番へと成長したい!


文=柴川友次
楽天に関するありとあらゆるデータの収集を標榜する、鷲ファンきってのデータマン&野球ブロガー。各種記録や指標等でイーグルスの魅力・特徴を定点観測する有料メルマガは、まぐまぐスポーツ・アウトドア有料版ランキングで常時TOP10入りする支持を集めている。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方