週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

《プロ野球コスパランキング》野手編・年俸から1盗塁&1三振あたりのお値段を割り出してみた!!【盗塁ベスト5/三振ベスト5】


1盗塁のお値段/コスパランキング【ベスト5】


1位 金子侑司(西) 558,140円 43盗塁 推定年俸2400万円
2位 桑原将志(デ) 812,500円 16盗塁 推定年俸1300万円
3位 鈴木誠也(広) 1,214,286円 14盗塁 推定年俸1700万円
4位 西野真弘(オ) 1,500,000円 12盗塁 推定年俸1800万円
5位 田中広輔(広) 1,782,609円 23盗塁 推定年俸4100万円
※対象は10盗塁以上した野手

(成績は8月28日現在、1盗塁の値段は小数点以下四捨五入、西=西武、デ=DeNA、広=広島、オ=オリックス)

急成長を見せた新スピードスター


 1盗塁あたりの値段が安い(=コスパが優れた)野手のランキングを見ていこう。

 2013年デビュー以来のシーズン盗塁数は12、21、11個の金子侑司(西武)が、今季は集計期間の8月28日までに43盗塁を重ね、盗塁部門のコスパランキング1位に輝いた。

 9月に入ってもさらに数字を伸ばし、50盗塁をオーバーする活躍を見せている。その最大要因として、打力の向上を挙げたい。過去3年のシーズン打率は2割台前半、出塁率も2割台後半だったのが、今季は9月22日終了時点で、打率が.265、出塁率が.330までアップしている。

 塁に出なければ増やすことはできないのが盗塁。また、8月以降は打順も1番にほぼ固定され、数を稼げる状況になったことも大きかった。

 ちなみに、金子と熾烈な盗塁王争いを繰り広げている糸井嘉男(オリックス)の推定年俸は、金子よりひと桁多い2億8000万円。キャリアと実績があり、今季の打率、打点、本塁打数などは糸井のほうが大きく上回っているので、年俸格差は納得だが、糸井の1盗塁あたりの値段はランク外の6,086,957円。盗塁部門でのコスパのよさは金子のほうが断然上である。


広島からは鈴木と田中


 広島からは3位に鈴木誠也、5位に田中広輔がランクイン。チームには、ほかにも走れるレギュラーとして菊池涼介や丸佳浩もいるが、こちらは年俸が高め(ふたりとも推定年俸8500万円)。コスパのよさでは鈴木と田中が上回った。

1三振のお値段/コスパランキング【ベスト5】


1位 北條史也(神) 107,353円 68三振 推定年俸730万円
2位 細谷圭(ロ) 119,231円 78三振 推定年俸930万円
3位 桑原将志(デ) 168,831円 77三振 推定年俸1300万円
4位 高山俊(神) 170,455円 88三振 推定年俸1500万円
5位 戸柱恭孝(デ) 172,727円 55三振 推定年俸950万円
※対象は50三振以上した野手

(成績は8月28日現在、1三振の値段は小数点以下四捨五入、神=阪神、ロ=ロッテ、デ=DeNA)


かつての甲子園の星がコスパトップ


 続いては1三振あたりの値段が安い(=コスパが優れた)野手のランキング。

 三振部門のコスパランキング1位に輝いたのは、阪神の高卒4年目の北條史也。光星学院高(現・八戸学院光星高)では、3季連続で甲子園大会準優勝を経験するなど活躍し、ドラフト2位で入団。背番号も城島健司がつけていた「2」を背負うなど期待が高かった選手が、ようやく頭角を現してきた。

 1軍デビューは昨季の5月に済ませていたとはいえ、わずか1打席のみ(一邪飛)。しかし今季は、チームの若手抜擢の流れに乗り開幕からベンチ入りし、8月半ば以降は鳥谷敬の不振もあって1番(または2番)・ショートでスタメン起用されている。

 出場試合数を考えれば三振数は決して少ないわけではないが、実質、今季が1軍デビューということで年俸もリーズナブル。コスパも好数値となった。



打撃をさらに強化したい戸柱


5位には、躍進したDeNAの扇の要、ルーキーの戸柱恭孝がランクイン。駒澤大からNTT西日本を経て入団したため、すでに26歳の戸柱だが、高城俊人や嶺井博希を押しのけてレギュラーに定着。キャッチングの安定感は評価されており、チームのクライマックスシリーズ初進出に大きく貢献している。

 打撃面は、確かにランクイン5人のなかで最も三振が少ないが、打率は9月22日時点で.227。攻守を兼ね備えたキャッチャーが少なくなっているだけに、バッティングを伸ばせるようなら、近い将来の侍ジャパン入りも夢ではない。


文=藤山剣(ふじやま・けん)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
2018ドラフト特集 野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方