週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【2015夏の高校野球】《鳥取観戦ガイド》有望選手と大会展望&勢力ピラミッド

7月11日〜25日(コカ・コーラウエストスポーツパーク野球場ほか)

県下1と評判の米子北・高橋復活なるか
雑賀と森が投打で牽引する鳥取商が本命

☆★☆ 投手編 ☆★☆

●復活が待たれるエースたち


 センバツに出場した米子北の高橋晟一郎は、故障から春の登板はなかったが、万全でなら県ナンバーワン投手であることは間違いない。ダイナミックなフォームから投げ込む最速143キロのストレートは威力があり、キレのあるスライダーやカットボール、チェンジアップなど変化球も多彩だ。故障がちなのは気になるが、最後の夏は万全で迎えてもらいたい。

 その米子北は2番手以下の投手も成長している。スプリットにストレートやカーブを織り交ぜ打たせて取る福本廉は春季大会で好投。左横手からのクセ球が持ち味の1年生・池田栄樹も楽しみな存在だ。

 春の県大会に優勝した鳥取商の投手陣も豊富だ。エースナンバーを背負う雑賀涼は故障のため登板はなかったが、140キロ近いストレートには力がある。春に主戦として活躍した左腕の森翔平は制球力と球の伸びがあり、三振を取りにいける。再試合となった米子西との決勝戦では9奪三振で完封した。同じく春に好投した右下手投げの楠拓也はテンポのいい投球が持ち味。雑賀が復活してくればスキのない磐石の投手陣となる。

 今春、その広陵を最も苦しめたのが末田雅嗣(総合技術)だ。昨秋までは2番手だったが、バネを利かせた角度あるストレートとスライダーのコンビネーションで攻めまくり、強打の広陵を被安打5に抑え、観客をざわつかせた。

 準優勝した米子西のエース湯浅和也は抜群のコントロールで粘り強く要所を抑える投球が持ち味で、2回戦では強豪の鳥取城北に8安打を浴びながらも失点1で完投した。チームとしては2番手以降の育成が急務だったが、迫田修也が大きく成長。決勝戦では強打の鳥取商を相手にしっかりとゲームを作った。

 米子西と準々決勝で接戦を演じた倉吉総合の2本柱、河本健太郎と北野公基も好投手だ。河本はストレートに力があり、北野も昨秋から大幅に体重を増やして右の下手から威力あるボールを投げ込む。

 この他、注目の投手を挙げると、沢田将哉(鳥取城北)は打者を打ち取る投球術に長けており、大崩れがない。昨夏好投した南智樹(米子東)は荒れ球だが、ツボにはまれば面白い。松本晃平(米子工)はスライダーとカーブがよく、春は強打の鳥取育英を相手に2失点で完投勝利した。


▲高橋晟一郎(米子北)

☆★☆ 打者編 ☆★☆

●強力な鳥取商の打撃陣


 春優勝の鳥取商の打線がひときわ目を引く。1試合平均8得点。チーム打率3割5分で5回コールド勝ちの試合が3試合もあった。その打撃陣の中で投手編でも紹介した雑賀涼と森翔平が主軸を担う。特に雑賀は鳥取大会3本塁打と長打力もある。思い切りのいいスイングで広角に打球が伸び、走っては50メートル6秒台前半と身体能力は高い。左打ちの森はセンスのいい打撃が光る。この2人に挟まれる4番の主将・西川雄輔はチャンスに強く、しぶとい打撃が持ち味だ。

 県ナンバーワンのスラッガー布袋翔太(鳥取城北)はスイングスピードが速く、打席での大物感漂う雰囲気もいい。内角を厳しく攻められてもさばく技術を身につけてきた。50メートル6秒ジャストで走る足も魅力だ。

 主力に故障が続出している米子北だが、安場翔吾は元気だ。鋭いスイングから広角に打球を飛ばし、長打力もついてきた。

 大路柊人(倉吉北)は一発長打の魅力に加え、肩も強い。


▲布袋翔太(鳥取城北)

☆★☆ 大会展望 ☆★☆

●投打ともに力強い鳥取商が頭一つリード


 春季大会の決勝まで圧倒的な力で相手をねじ伏せてきた鳥取商が頭一つ抜けた存在だ。とにかく近年の鳥取県のチームには珍しく投打ともに非常に力強い。ぜひとも甲子園で見たいチームである。その鳥取商を相手に唯一まともな試合をした米子西は打撃力が課題。潜在能力の高い鳥取城北や鳥取育英も怖い存在だ。100人を超える部員数を誇る鳥取城北は、短期間でチームがガラッと変わることもあるだろう。県外の強豪チームと練習試合を組む米子松蔭にも注目したい。

地区勢力ピラミッド

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方