週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【1966】節目の記録は意地でもライバルから奪った!村山実、1500奪三振達成!

ライバル球団の阪神と巨人の選手同士における意地の張り合いは見応えがある。その中では、江夏豊と王貞治にまつわる話が有名だが、そもそもは村山実と長島茂雄の対決に触発され、村山が江夏に「お前の相手はあれ(王)」と言ったことが発端となっている。そんな村山はプロ1年目の天覧試合で長島に浴びたサヨナラ本塁打以来、強くライバルとして意識し、この通算1500奪三振と通算2000奪三振はともに長島から奪っている。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方