週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【キャンプレポート】守備の人・清宮幸太郎(日本ハム)に規制緩和で大台を目指す菊池雄星(西武)

【キャンプレポート】守備の人・清宮幸太郎(日本ハム)に規制緩和で大台を目指す菊池雄星(西武)

 寒波の影響で底冷えの日が続く日本列島。しかしそんなサムサニ負ケズ、プロ野球はキャンプがスタート。チームとしての始動にファンの気持ちも高まる。

 週刊野球太郎では今回から2回に渡って、『球春到来! プロ野球キャンプレポート』をお届けする。

“守備の人”で幕を開けたプロ生活


 今年のキャンプの注目選手といえば、もちろん清宮幸太郎(日本ハム)だ。新人合同自主トレ中に右手親指を痛めたものの、キャンプ地・アリゾナへの切符を手にした。その一挙手一投足が話題になっている。

 そんな清宮において気になるのはやはり打撃。高校通算111本塁打の打棒がプロでも通用するのか……というところだが、キャンプ開幕から1週間弱は大事をとって打撃練習はしていない。

 だがその分、現役時代に名手としてならした金子誠コーチとともに守備練習に時間を費やしたところ、これが功奏。スローイングが見違えるほどよくなり、あらためて非凡な野球センスを見せつけた。

 「清宮=打撃」というイメージからすると意外なプロの第一歩に感じるが、この守備からの流れが打撃にいいリズムをもたらすかもしれない。

規制緩和でリミッター解除


 また、今季のプロ野球では2段モーション解禁が話題に挙がっている。解禁によって恩恵を受ける投手も多いといわれるが、その最たる例は菊池雄星(西武)だろう。

 昨季は16勝、防御率1.97を記録し、最多勝と最優秀防御率の二冠に輝いたが、フォームに物言いがついた8月23日のソフトバンク戦では3回7失点でKOされ、散々な目に合った。

 西武ファンの筆者は、「物言いがなかったらリズムを狂わされず、20勝はしていたよなぁ」とボヤいたものだが、その20勝が現実になるシーズンが訪れようとしている。

 スポーツ紙を見ると、評論家も「菊池の大台超え」と口を揃えているだけに、大型左腕のさらなる飛躍に期待が高まる。


今年もきました、ゴジラコーチ


 今や巨人キャンプの風物詩ともいえるのが、OB松井秀喜氏による臨時コーチ。監督の座にこそ就かないものの、古巣はやはり気になるようだ。

 今季は第2クールの初日からその任に就き、手始めに小林誠司(巨人)に打撃の熱血指導。昨年のWBCでブレイクしたかに見えた小林に、打撃のなんたるかを叩き込んだ。

 そして2日目は、昨季の後半にチームのローテションに入って6勝を挙げた畠世周の頼みを受けてブルペンの打席へ。内角を攻められてたじろぐ姿を見せたが、演技ではなかった模様。

 あとは指導した選手が、シーズンで活躍してくれた言うことなし。また来年も来訪を楽しみにしています。


野球界の春祭りともいえるキャンプ


 シーズンで繰り広げられる真剣勝負のための練習や調整の場、それが春季キャンプであるが、いろいろな報道を見ていると高揚感を感じる。

 選手とファン、ともに野球好きな人々が醸し出す「楽しい時間が始まった!」というウキウキした雰囲気が漂う。筆者自身がそういう気持ちだからかもしれないが、どこかお祭り気分であるのは間違っていないだろう。

 次回はどんなキャンプ情報をお届けできるのか。楽しみながら、じっくりと選手たちの動向を追いかけていきたい。


文=森田真悟(もりた・しんご)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方