週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

川ア宗則の日本復帰が急浮上!アメリカでも多くのファンの心をつかんだメジャー4年間の成績は?

 日本シリーズが終わり、ストーブリーグに突入したプロ野球界。

 さっそく「MLB最強のベンチプレーヤー」とも言われる川ア宗則(ブルージェイズ)が日本球界復帰濃厚という報道が出ており、補強合戦の幕が切って落とされた。


 ハッスルプレーや声出し、明るいキャラクターをフル活用し、一躍メジャーの人気者となった川ア。今季は23試合の出場に留まったものの、ポストシーズンに進出したチームに帯同。出場選手登録から外れながらもベンチに入り、チームを大いに盛り上げた。

 日本人初の「おもしろ外国人」となった川アの4年間の成績を振り返ってみよう。

【2012年】マリナーズ

≪MLB≫61試合 打率.192 0本 7打点 2盗塁

 敬愛するイチローの背中を追って、海外FA権を行使してマリナーズとマイナー契約。キャンプからハッスルプレーで首脳陣の目に留まり、開幕ロースター入りを果たした。

 大好きなイチローと同じチームでプレーできる喜びで、日本時代よりもさらにハツラツ。成績は平凡以下だったものの、7月にはメジャーリーグOBが決める「ハート&ハッスル賞」にノミネート。観る者に元気を与えるムーブや明るさが早くも評価され始めた。

 しかし、7月23日に追ってきたはずのイチローがヤンキース移籍。まさかの「イチロス」にむせび泣いた。

【2013年】ブルージェイズ

≪MLB≫96試合 打率.229 1本 24打点 7盗塁
≪3A≫ 25試合 打率.250 0本 3打点 3盗塁

 自身も40人枠から外れ、さらにイチローがチームを去ったこともあり、移籍を決意。ブルージェイズとマイナー契約を結んだ。ここでも地道に練習を続け、さっそく4月にMLB昇格。

 すると川アはベンチでの変な踊り、試合中にチームメートと交わすお辞儀、野球少年のような笑顔や奇妙な英語を用いて、ファンの心を鷲掴みに。3Aでの川ア応援デーが開催されるなど、街の人気者になった。

 シーズンオフにはファンがネット投票で選出するMLBの爆笑大賞「Cut4 Topic of the Year」を受賞。英会話教材を片手に「I'M JAPANESE!」と絶叫したナゾのヒーローインタビューをはじめ、MLB公式サイトでさまざまな珍行動がピックアップされ、アメリカンのツボにハマった。

 ちなみに日本人である我々が見ると大して面白くないのだが、そんな野暮は言ってはいけない。言語や文化の壁を破ったことを評価すべきなのだ。

【2014年】ブルージェイズ

≪MLB≫82試合 打率.258 0本 17打点 1盗塁
≪3A≫ 44試合 打率.276 0本 9打点 1盗塁

 3年目もマイナー再契約で出発。この年もメジャーと3Aとを行ったり来たりだったが、キャリアハイの成績で8試合連続安打なども記録。川アの打席では本拠地は異様な盛り上がりを見せ、「カワーサキー」のコールが巻き起こった。

【2015年】ブルージェイズ

≪MLB≫23試合 打率.214 0本 2打点 0盗塁
≪3A≫ 62試合 打率.245 0本 8打点 8盗塁

 今季は主に故障や忌引などでチームに穴が開いた際に短期間昇格した程度。しかし、熱いプレースタイルやメンタリティは、首脳陣やチームメートにも高く評価され、声出し要員としてポストシーズンもチームに帯同。

 ミーティングでも“日本語”で熱き魂を説いたと、現地報道は伝えている。

 成績は4年間通してほどほどだったが、川アの実力を鑑みれば本来はこんなものじゃない。これからの動向に注目が集まる。


文=落合初春(おちあい・もとはる)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方