週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【1995】理由はカミナリ?吉井理人が1イニング5四球のプロ野球ワーストタイ記録を樹立!

近鉄を皮切りに、ヤクルトやオリックスで活躍した吉井理人。持ち味は制球力の良さであった。しかし、この日の広島戦では突如ストライクが入らなくなる異常事態が発生。その理由はなんと雷。当時30歳の吉井は、雷が大の苦手だったのだ。吉井の投球内容は2回3分の2で球数81球、被安打6で7四球、自責点8。リーグタイ記録となる1イニング5四球の大乱調だった。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方