週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

今年が節目の10年目。ファイターズB・Bのライフワーク「212物語」に込めたメッセージとは?

千里の道も一歩から
マスコット最速の足で刻む、北の大地への確かな足跡


 開幕から早1カ月。パ・リーグで開幕ダッシュに成功したのは北海道日本ハムファイターズ。そのダッシュ力は、まるであの男のようだった……そう、ファイターズのマスコット、ブリスキー・ザ・ベアー(通称B・B)だ。

 かつて、フジテレビ系「トリビアの泉」の中で「球界マスコットの中で最も足の速いのは誰か?」という企画が行われ、見事優勝を果たしたのがB・Bだった。

 この企画が放送されたのは2004年6月のこと。2004年といえば、ファイターズが本拠地を北海道に移転した年。つまり、B・Bも球団マスコットとしてデビューしたばかりだったが、この「マスコット最速」という称号で一気に認知を広めることに成功した。

 あれから10余年。今や北海道では圧倒的な知名度と、熱狂的なファンで知られるファイターズ。しかし、移転当初はここまで成功できるとは誰も予想できていなかった。

「北海道の人間はみんな巨人ファン」
「道産子気質は新しいモノ好きだけど飽きっぽい」

 そんな環境でどうやってファイターズのファンを増やすことができたのか? その成功の裏にあったのは、派手な演出によるエンターテイメント訴求と、北海道全域への地道な営業活動という「ファンサービス2刀流」ともいえる戦略。その鍵を握っていた一人がB・Bだった。

ファンサービス2刀流を叶える、B・Bの地道な営業活動


 ファイターズ移転成功の立役者、としてよく名前が挙がるのは移転前年の2003年から指揮を執っていたトレイ・ヒルマン監督と、移転のシンボルとして2004年から加入した新庄剛志の2人だろう。

 球団は新庄とヒルマンに対して「他の選手たちに、ファンサービスとは何かを教えて欲しい」とプレー以外での協力を要請し、2人はこれを快諾。その後の「新庄劇場」の数々、そしてヒルマン監督自ら率先してファンへのサインに応じていたことは野球ファンであればご存じの通りだ。

 ただ、そうした「わかりやすい」ファンサービスは一過性のものになりやすい。北海道移転から2年後の2006年、ファイターズは44年ぶりの日本一を達成し、北海道の盛り上がりは早くも最高潮へと向かう。だが、頼みの綱の新庄はその2006年限りで引退。飽きっぽいと言われる道民気質を考えれば、一気に高まった熱が急降下してもおかしくなかった。

 そこを繋ぎ止めたのがB・Bだった。移転当初から北海道各地の幼稚園や保育園を訪問し、ファン層を広げる地道な活動を続けていたB・B。その延長で2006年から始めたのが「212物語」。北海道の212市町村をB・Bが自ら訪ね、町の魅力や特産品をレポート。ファイターズの試合前に札幌ドームの大型ビジョンで放映される、ファンにはおなじみの映像で、毎年DVDとしても発売されている。


 この「212物語」に込める思いを、B・Bはあるインタビューで次のように語っている。

《僕はチームとファンの架け橋になるのがマスコットの役目だと思っているんです。僕を入り口にして、「ファイターズを応援したい」という気持ちになってもらいたい。そのためには、こちらから出向いて行って、みなさんとふれあう機会をたくさん作ることが大切だと考えたんです》(『Number PLUS「北海道日本ハムファイターズ 11年目の未来設計図」』より)

 「212」とは、移転当時の北海道の市町村数だ。B・Bは「北海道全土の人々とともにありたい」という理由で、その「212」を背番号にしている。

 この「212物語」は、10年間かけて212市町村を訪問するという、壮大なプロジェクトとしてスタート。実は今年、2015年がその10年目に当たる。

 プロジェクト最終年を迎え、物語完成に向けてラストスパートを切ったB・B。自慢の脚力で完走することができるのかどうか……ファイターズのペナントの行方とともに、その物語のエンディングにも注目していきたい。

◆ブリスキー・ザ・ベアー(B・B)・パーソナルデータ

所属:北海道日本ハムファイターズ
背番号:212
デビュー年:2004年

生年月日:不明
身長:180cm
体重:75kg
性別:男

特技:ピアノ弾き語り(ディナーショーの経験もあり。作詞作曲も)、北海道観光大使(2011年〜)
おしゃれポイント:日によってモヒカンの色が違う
その他マスコット:カビー(B・Bの弟 ※ファーム専属のマスコット)、ポリー(B・Bの妹的存在※妹ではない)

▲鎌ヶ谷で主に出会える、カビー


■ライター・プロフィール
オグマナオト/1977年生まれ、福島県出身。広告会社勤務の後、フリーライターに転身。「エキレビ!」、「AllAbout News Dig」では野球関連本やスポーツ漫画の書評などスポーツネタを中心に執筆中。『木田優夫のプロ野球選手迷鑑』(新紀元社)では構成を、『漫画・うんちくプロ野球』(メディアファクトリー新書)では監修とコラム執筆を担当している。近著に『福島のおきて』(泰文堂)。Twitterアカウントは@oguman1977(https://twitter.com/oguman1977)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方