週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

「京田陽太→亀澤恭平→大島洋平」固定でAクラス!? 2018年の中日打線を徹底予想!

「京田陽太→亀澤恭平→大島洋平」固定でAクラス!? 2018年の中日打線を徹底予想!

 2017年は5位に沈んだ中日。打線の軸であったゲレーロを巨人にかっさらわれ、今季はどんなラインナップになるのだろうか。打線のプランを考えてみた。

中日打線2018:プランA


1(遊撃):京田陽太
2(二塁):亀澤恭平
3(中堅):大島洋平
4(一塁):ビシエド
5(三塁):福田永将
6(左翼):アルモンテ
7(右翼):平田良介
8(捕手):大野奨太

 上位打線のつながりならば京田陽太→亀澤恭平→大島洋平の流れがよかった。昨季の亀澤と大島はケガで不在の時期もあったが、1年通してここが固定できれば、久々のAクラス入りが見えてくる。

 クリーンアップは後半戦で火を噴いた福田永将がカギを握る。バランスを見るとフリースインガーが多いが、メンバー的には仕方ない。ナゴヤドームでもお構いなしで、一発攻勢で相手を圧倒するしかない。

 ゲレーロの移籍で空いた外野にはアルモンテとモヤ、2人の両打ち助っ人が加入した。安定感では昨季メキシコリーグで打率.355、15本塁打、70打点を記録したアルモンテが上だが、モヤも長打力に長ける。いずれにしても両者ともに年俸5000万円とお買い得で当たれば大きい。

 懸念は平田良介。昨季は右ヒザ痛に苦しみ、わずか66試合の出場に終わった。まずは下位打線で調子を取り戻して、徐々に打順を上げていってほしい。

中日打線2018:プランB


1(遊撃):京田陽太
2(中堅):大島洋平
3(右翼):平田良介
4(一塁):ビシエド
5(三塁):福田永将
6(左翼):アルモンテ
7(二塁):亀澤恭平
8(捕手):大野奨太

 平田が復調すれば、京田→大島の流れも見てみたい。亀澤は足は速いが盗塁が得意なタイプではなく、盗塁力では京田と大島が上位。ここ数年、中日は2番打者が流動的だが、大島であれば走攻守に安定しており、ハイレベルな2番打者になるはず。

 そして平田を3番に置くことで自在に動きやすく、ビシエドも打席に集中できる。あとは福田、新助っ人で畳み掛けるだけだ。

 ビシエド以降は現実的には三振の可能性も高いので、1番から1アウト以内のいい形で4番に回したい。それならこのオーダーがベストな気がするが、いかがだろうか。


文=落合初春(おちあい・もとはる)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方