週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

U-18ワールドカップは明日開幕!高校野球ドリームチームの歴史に迫る

8月28日に開幕する、第27回U18(18歳以下)ワールドカップ。正式名称は「第27回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」といい、16歳から18歳の選手が出場する野球の国際大会だ。

かつては「18U世界野球選手権大会」という名称で、1981年にアメリカで第1回大会が開催されていた。しかし、世界野球ソフトボール連盟(WBSC)が2013年に発足。それに伴い、第27回大会からWBSC主催となり、大会名も刷新された。


1994年からアジア大会に出場


夏の甲子園大会が閉幕すると同時に発表されるケースが多い、高校野球日本代表。「大会で活躍した選手が選ばれている」イメージではあるものの、その後はあまり報道されず、ファンにとっては馴染みが薄いかもしれない。

過去、この高校野球ドリームチームは親善試合のために海外遠征をすることもあった。しかし、一番の大仕事は2年に1度、8月から9月にかけて行われていた「AAAアジア野球選手権」への出場であった。アジア野球連盟が主催する大会で、かつては夏以外の時期にも開催されたこともあり、年度的にもランダムに開催されていたので、こちらも日本の高校野球ファンにはあまり浸透していない印象だ。


第9回AAAアジア野球選手権で優勝!


近年でいえば、2011年の第9回AAAアジア野球選手権で日本代表チームは優勝を果たしている。上位2チームが翌年開催される世界大会に出場権を得ることから、アジアを制した後、世界ナンバーワンを目指して挑んだのが、翌12年に開催された第25回18U世界野球選手権大会だ。

このときの日本代表メンバーは、まさにドリームチームと呼ぶに相応しい選手が名を連ねていた。当時、夏の甲子園出場はならなかったものの、最速160キロを記録して打者としても優れたセンスをみせていた大谷翔平(花巻東→日本ハム)や、甲子園春夏連覇を果たした藤浪晋太郎(大阪桐蔭→阪神)。野手では3季連続で甲子園出場を果たした田村龍弘(光星学院→ロッテ)や、北条史也(光星学院→阪神)のほか、2年生だった森友哉(大阪桐蔭→西武)らも代表メンバーに選ばれていた。

しかしながら、結果は6位と奮わず。国際大会の厳しさを教えられた大会となってしまった。

初の「侍ジャパン」として注目を集める


変則的に開催された第26回U18世界野球選手権大会は、2013年に台湾で行われた。日本はこの年に「侍ジャパン」を結成。この大会にも、後にプロ入りする高校球児が出場している。

2012年夏の甲子園で22奪三振を記録した松井裕樹(桐光学園→楽天)や、高校2年時から連続で選出された森友哉(大阪桐蔭→西武)。当時は2年生であった高橋光成(前橋育英→西武)や、安楽智大(済美→楽天)らも名を連ねた。

初結成された「侍ジャパン」高校代表は、1次ラウンドから6連勝を記録して決勝進出。しかし、決勝では2対3でアメリカに敗れ、準優勝に終わった。

そして昨年は、タイで第10回AAAアジア選手権が開催。2年連続で選出された高橋光成をはじめ、野手では巨人ドラフト1位指名を受ける岡本和真(智弁学園→巨人)、今季はルーキーながら1軍出場を果たしている浅間大基(横浜→日本ハム)や、脇本直人(健大高崎→ロッテ)、栗原陵矢(春江工→ソフトバンク)らがメンバー入り。決勝で韓国に1対2で敗戦したものの、「第27回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」の出場権を獲得したのだった。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方