週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

かわいすぎるマスコットに隠された大人の事情

金子がいない
ブランコも平野佳寿もいなくなった。
でも、オリックスにはブルとベルがいる!


 優勝候補の本命に推す人も多かった今季のオリックス・バファローズ。ところが、蓋を開けてみれば9戦して、わずか1勝と最下位爆走中(以下、今季の成績については4月6日現在)。開幕からまだ10日ほどとはいえ、誰がこの展開を予想しただろうか。

 投手陣は決して悪くはない。エースの金子千尋が開幕に間に合わず、抑えの平野佳寿が登録抹消された状況において、よく踏ん張っているといってもいいかもしれない。

 むしろ問題は大補強したはずの打撃陣だ。アメリカ帰りの中島裕之の打率.250はまだいい方で、FA補強した小谷野栄一は打率.152。DeNAから移籍してきたトニ・ブランコは打率.067と苦しみ、左膝の故障もあって4月1日に登録抹消された。加えてキャプテン糸井嘉男も打率.147に届かない絶不調で、チーム打率.198で2割に届いていない状況は「緊急事態」と言ってもいい。

ファンの笑顔を形にした「ニコボール」を集めなくては!


 こんな時こそ必要なのが、パワーの源「ニコボール」だ。ファンが今まで以上に声援を送ってニコボールを作らなければ、選手に力が沸いてこないはずなのだ。

 え? ニコボールを知らない???

 そんな読者のために説明しよう! ニコボールとは、球場に集まったオリックスファンの笑顔、声援、勝利を願う思いなどが形になった、さまざまな色のボールのこと。このニコボールを球団マスコットのバファローベルとバファローブルの2体が体内に取り込み、選手に届けることで、その選手は元気100倍になるのだ!

 なぜ、そんなことが可能なのか、といえば、ブルとベルはロボット型マスコットだから。京セラドーム大阪地下の研究所にはブルとベルのしっぽからニコボールを収集する「ニコマシーン」なるものも存在する。

 この設定は、2011年に「オリックス・バファローズ改造計画」と称し、球団旗・ユニフォーム・ペットマーク・ロゴマークを全て一新した際に端を発する。この時、20年に及ぶ球団の歴史をデータとして記録・解析するために、球場地下の資材庫にあった素材を元に自動解析マシン「八カセ」を製作。その八カセが勝手に作った牛型ロボットがブルとベルの2体なのだ。

 ブルとベルの2体は、京セラドームでの活動はもちろんのこと、近隣の幼稚園を慰問したり、さまざまなメディアに露出したりと多方面で活躍。球場に訪れるファンを増やすことで、よりたくさんのニコボールを集めることを使命としていた。

 ところが、バファローベルが「かわいすぎるマスコット」として注目を集めるようになった頃から状況が一変してしまう。以前はロボット的なカクカクした動きを見せることもあったのだが、かわいらしさを優先して自然な振る舞いをするべく、ロボットという設定をなかったことにしてしまったのだ。


 この「ロボットという設定」を隠すために不都合だったのだろうか? 以前は球団マスコットの一人として紹介されていた「八カセ」もいつの間にか球団サイトからも姿を消してしまう。まるで、大型補強によって働き場所をなくし、戦力外通告された選手のように……。

 でも、最下位に低迷し、意気消沈するオリックスベンチを見ると、「やはりチームを立て直すには『ニコボール』を集めて、外から元気を注入するしか方法はないんじゃないか?」 そんなことも考えてしまう。

 もちろん、まだまだシーズンは始まったばかり。悲観しすぎるのも得策ではない。まずは選手、ベンチの力でチームを立て直してほしい。ファンを「ブルブル」と身震いさせる様な熱い戦いを見せてくれれば、自ずと勝利の「鐘」は打ち鳴らされるのではないだろうか。

◆バファローブル&ベル・パーソナルデータ

所属:オリックス・バファローズ
背番号:ブル「111」、ベル「222」
デビュー年:2011年(2011年1月8日誕生)

出身:京セラドーム大阪地下研究所
身長:不明
体重:不明

性別:ブルが男、ベルが女の兄妹
名前の由来:
(ブル)目の色の「BLUE」と「新・黄金時代」にふさわしい強く勇敢な雄牛「BULL」を意味。ファンを「ブルブル」と身震いさせる様な熱い戦い、そして勝利を、という想いが込められている。
(ベル)勝利の女神で、勝利の「鐘」を鳴らすという意味。かわいく、そして「美しさ(フランス語Belle)」を兼ね備えたバファローベルが「新・黄金時代」へのスタートの「鐘」を鳴らす。


■ライター・プロフィール
オグマナオト/1977年生まれ、福島県出身。広告会社勤務の後、フリーライターに転身。「エキレビ!」、「AllAbout News Dig」では野球関連本やスポーツ漫画の書評などスポーツネタを中心に執筆中。『木田優夫のプロ野球選手迷鑑』(新紀元社)では構成を、『漫画・うんちくプロ野球』(メディアファクトリー新書)では監修とコラム執筆を担当している。近著に『福島のおきて』(泰文堂)。Twitterアカウントは@oguman1977(https://twitter.com/oguman1977)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方