週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

2013夏・熊本の展望、ライターのみどころ、注目選手リストはこちらです!

<熊本県の主な注目選手>
投手・太田 晃平(九州学院・3年)
180センチ75キロ/右投右打
130キロ後半のストレートがうなる。打っては早実との練習試合で中越えの圧巻弾

投手・諸富 将士(城北・2年)
192センチ79キロ/右投右打
エース左腕・大城悠也と左右ツインタワーを形成。高い将来性にプロも熱視線

投手・大竹耕太郎(済々黌・3年)
182センチ72キロ/左投左打
九州屈指の左腕は頭脳派でありテクニシャン。3季連続のカギを握る投打の軸

投手・善 武士(多良木・2年)
176センチ68キロ/右投右打
昨夏、いきなり140キロ台を連発で沸かせた怪腕。緩急を使った投球の幅に成長

投手・岩見 真治(鎮西・2年)
174センチ82キロ/左投左打
圧倒的なマウンド度胸。今春は7回参考ながら九州学院をノーヒットノーラン

捕手・西山 時人(文徳・3年)
169センチ70キロ/右投右打
洞察力と瞬時の守備アクションは九州屈指。鋭い目を光らせて走者を釘づけに

遊撃手・宮本 秀明(秀岳館・2年)
176センチ68キロ/右投左打
バット操作、捕ってからの素早さなど身のこなしは天下一品。あとは自信だけ

外野手・島田 海吏(九州学院・3年)
175センチ63キロ/右投左打
九学を引っ張るスピードスター。尊敬する山下翼(亜大)に追いつけ追い越せ

外野手・松下 凌磨(熊本工・3年)
178センチ70キロ/右投左打
夏将軍のカギを握る主将。春はスランプ気味も崩されても安打にできる天才肌

外野手・北本 大(熊本商・3年)
174センチ76キロ/右投右打
毎試合の如く複数安打をマークする安打製造機。同僚の捕手・片岡大将も逸材


<大会展望>
済々黌と熊本工の一騎打ちに「待った」

 エース左腕・大竹耕太郎が引っ張る済々黌と県内主要大会で決勝にコマを進めている熊本工の一騎打ちかと思われたが、ここへきて混戦模様となってきた。昨秋の県大会で5回コールド負けを喫してから春の九州大会準Vを果たした文徳、さらには昨年4月に校名を変更した東海大星翔がRKK旗で熊本工を下し優勝するなど、一冬を越えて力をつけたチームが出てきた。秋春の公式戦未登板ながら順調に仕上げている太田晃平や有望1年生が入部した九州学院も不気味な存在だ。

地区内勢力ピラミッド


<コラム>
聖地の密かな人気スポット

 熊本の“高校野球の聖地”ともいわれる藤崎台県営野球場が一昨年、スコアボードを大幅にリニューアルした。そのスコアボードの周りには、球場全体を見守るかのように国指定天然記念物で樹齢推定1000年のクスノキ群が鎮座している。スタンドから眺めると、そんな新旧コントラストが何とも言えない絵になっているが、球場正面の銘板前にある芝生で彩られた“くまモン”も密かな人気スポットになっている。熊本が誇るゆるキャラが訪れた人々を癒してくれるモン。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方