週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【交流戦事件簿 チーム&リーグ編】交流戦巧者・ソフトバンクは驚異の勝率.818に通算優勝7回

文=森田真悟

【野球太郎的ベースボールパーク構想!】球場の音を酒の肴にせんべろ! 夏はプールに屋台!?
 2004年の球界再編問題に端を発し、2005年からスタートしたセ・パ交流戦(以下、交流戦)。

 始まりから波乱に満ちていたが、13年の歴史の中には交流戦ならではの驚きの出来事が起こってきた。それはまさに事件と呼べるものだ。

 週刊野球太郎では、「交流戦事件簿」と題して2回に渡ってお届け。今回はチームやリーグに焦点を当てる。

散々なセ・リーグ


 過去13年のうち12年で勝ち越すなど、交流戦の覇権はパ・リーグが握ってきた。とくにパ・リーグ優勢が顕著だったのが2010年で、優勝したオリックスを筆頭に1位から6位までをパ・リーグの球団が占めた。

 また、5位までをパ・リーグが占めた2015年にはセ・リーグの全球団が5割以下の勝率、つまり借金を背負う前代未聞の事態にまで発展しそうになったが、セ・リーグはかろうじて不名誉な記録を回避した。

 「みんなで負ける」ことで、ペナントの順位に大きな影響はないともいえるが、やはりセ・リーグに意地を見せてほしい。今年はどうなるか!?

脅威のオバケ勝率.818


 優勢なパ・リーグ勢のなかでも無双状態といえるのがソフトバンク。13年のうち、実に優勝は7回(2015年以降は最高勝率)。ソフトバンク以外に複数回優勝しているのはロッテと巨人の2回なので、その交流戦巧者ぶりは圧倒的だ。

 歴代最高勝率ももちろんソフトバンク。2011年に.818(18勝4敗2分)という驚異の勝率を叩き出した。

 ちなみに、2011年シーズンを通しての勝率は.657(88勝46敗10分)。2位に17.5ゲーム差をつけてリーグ制覇している。

歴史は再び繰り返す


 プロ野球ファンが「最終決戦で勝ったチームが優勝」と聞いて思い浮かべるのは、1996年の巨人と中日における「10.8決戦」だろう。

 交流戦でも「10.8決戦」同様に、最後の最後まで優勝争いがもつれたことがある。2014年の交流戦だ。この年は、巨人とソフトバンクがデッドヒート。最終戦で巨人が10対5で勝ち、セ・リーグとして初めて交流戦を制覇した。

 ちなみに、この年はセ・リーグが70勝71敗1分とパ・リーグに肉薄。セ・リーグファンにとっては、もうひと踏ん張りを見せてほしかったことだろう。

目前に迫った節目の勝利。どうなる2018年の交流戦


 今年で14年目となる交流戦。パ・リーグは交流戦通算1000勝にあと19勝と迫っている。昨年までの流れから考えても、パ・リーグ優勢は動かないか。

 1000勝達成は時間の問題とはいえ、セ・リーグ6球団には意地を見せてほしいものだ。

文=森田真悟(もりた・しんご)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方