週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

日本シリーズは4勝1敗でソフトバンクが日本一に!意外なプレーで終結した裏側を読み解く!

【パ・リーグサイドから見た日本シリーズ】

 先週、このコーナーでポイントに挙げた第3戦。ソフトバンクが5−1で勝利した、この試合の大隣憲司の投球が、後のソフトバンク投手陣に大きな影響を与えた。制球力のある大隣は、阪神打線に対して内角を大胆にえぐる。これが通用することがわかり、配球的に大きなヒントとなって、その後の阪神打線を抑えることができた。



 第4戦の“暴れ馬”中田賢一は参考外だったものの、その後を継いだ東浜巨、優勝を決めた第5戦の攝津正に勇気を与え、両試合に登板した救援陣は自信を持って内角を突くことができた。

 一方の打線では、第4戦の4回の守備から、主砲・李大浩が途中交代。スイングの際に右手首を負傷した模様で、開幕からこの試合までの154試合、すべてに4番でスタメン出場していた大砲の負傷退場に、ベンチは不安がよぎっただろう。しかし、翌日の第5戦は、4番指名打者でスタメン出場。打っても2安打と、李大浩は執念をみせた。今シリーズ全5戦の李大浩の成績は、36打数14安打8打点の打率.389、1本塁打と絶好調。第2戦では能見篤史から貴重な2点目となる特大のレフトスタンドへの一発は、甲子園の雰囲気をガラリと変えた。また、第3戦では6回2死満塁からダメ押しとなる2点適時打を放つなど、第1戦から3試合連続で打点をマーク。阪神の4番打者ゴメスとの“4番打者対決”は、トータルでみると、李大浩に軍配が上がったといってもよいだろう。

 この李大浩を中心とした、大型打線にスポットライトがあたりがちなソフトバンク。ただし、勝敗を分けた本当のところは、細かい「走力の差」にあった。第4戦の初回、レフト前の安打を放った柳田悠岐は、思い切りのいい走塁で二塁打にした。さらに10回裏、阪神の捕手・藤井彰人の野選を誘った明石健志の走力が、中村晃のサヨナラ本塁打を呼んだ。こうした選手がチャンスを作り、内川聖一、李大浩、松田宣浩らのお膳立てをしていた。

サファテの24球


 いったい誰が、こんなゲームセットを予想できただろうか。第5戦の最終回、守備妨害でアウトが宣告された瞬間、ソフトバンクの3年ぶり6度目の日本一が決定した。

 この奇妙な幕切れを演出したのが、ソフトバンクの守護神・サファテだ。第2戦から4試合連続登板となった鉄腕クローザーの調子は、明らかに悪かった。この回、先頭打者の上本博紀に四球を与え、続く鳥谷敬は三振に抑えたものの、ゴメス、福留孝介に連続四球。レギュラーシーズンから、CS、そして日本シリーズと投げ続けてきたサファテも、さすがに疲労は隠せなかったのだろう。1死満塁、一打逆転のピンチを作り、迎えた西岡剛にも3ボール1ストライクとしてしまった。絶体絶命……しかし、サファテの投じた24球目は一塁ゴロで本塁封殺後、一塁送球時に西岡の守備妨害がコールされ、辛くも逃げ切った。ソフトバンク、サファテにとっては、なんと幸運なプレーだろうか。

 シーズン中も「とにかく自分は投げろと言われたところで投げるだけ」と繰り返していたサファテは、このシリーズは4試合で1勝2セーブ。優秀選手に選ばれた。日本シリーズ史上、後にも先にもあり得ない意外なフィナーレは、馬車馬のように投げまくった鉄腕に、野球の神様がくれたサプライズなのかもしれない。




【セ・リーグサイドから見た日本シリーズ】

 ソフトバンクホークスが日本一を決めた夜、最後のマウンドに立っていたのは守護神・サファテ。そして最後の打者は西岡剛だった。「守備妨害」という西岡の走塁に関しては、意図的だったか否かを含めて、試合後数日が経っても議論が続いている。

 だが、勝敗を分けたのは走塁以前にあったのではないだろうか? そこで今一度、この日サファテが投じた「24球」の内容を振り返ってみたい。

サファテの24球


 3勝1敗、ソフトバンクが日本一に王手をかけて臨んだ第5戦。追いつめられた阪神打線は、不調だった西岡剛を6番に下げ、1番・マートンという新布陣で臨んだ。しかし、ソフトバンクの先発・攝津正をなかなか捉えきれず、6回を0点に抑え込まれる。その後も、森唯斗、五十嵐亮太というソフトバンクの投手リレーを打ち込めず、遂に0−1とリードを許したまま、最終回の攻撃を迎えた。

 8回の攻撃で、五十嵐に完全に抑え込まれていたので、阪神としては五十嵐続投の方が嫌だったかもしれない。だが、ソフトバンクベンチが選んだのは守護神・サファテ。シーズン同様、五十嵐→サファテの投手リレーを守るいつも通りの野球を展開した。ところが、この日のサファテは明らかにいつもとは違っていた。

 先頭の2番・上本博紀に対してストレートの四球。しかも明らかなボール球ばかり。続く3番・鳥谷敬に対してはフォークボールを3球続けて三振を奪ったが、4番・ゴメスに対しては、またしてもストレートの四球。しかも、この間、5回も一塁に牽制球を投げるなど、明らかに平常心ではなかった。これが「日本一」のプレッッシャーか。慌てて、ソフトバンクベンチから郭泰源コーチがマウンドに向かう。

 続く5番・福留孝介に対しても3ボール2ストライクからファウルで粘られ、結局四球。自ら与えた3つの四球で1死満塁という大ピンチを迎えてしまったのだ。逆に阪神からすれば、一打逆転勝ち越し、という絶好のチャンスを迎える。そして、この場面で打席が回ったのが、6番で起用された西岡だった。

 明らかに動揺した表情を見せるサファテ。実際、西岡に対しても2球続けてボール球を投げ、次の3球目も明らかに高く浮いてしまう。ところが、西岡はこの球を打ちにいった。結果的にはファウルになったが、振り返ってみれば、この明らかなボール球に手を出し、3ボールノーストライクという状況にしなかったことこそ、阪神の、そして西岡の敗因だったのではないだろうか。このイニング、サファテが投げた22球目である。

 案の定、次の4球目もボール球で、これで3ボール1ストライク。「たられば」になってしまうが、3球目のボール球を見逃していれば、これで押し出しになっていたのだ。

 しかし、歴史はソフトバンクの勝利を選んだ。3ボール1ストライクからの5球目、サファテのこの日24球目を西岡が強振すると、打球は一塁手正面へ。その後の展開はご存じの通りだ。


 試合後、西岡は自身のFacebookを通じて、あの走塁について釈明をしたことが話題になっている。だが走塁を悔やむよりは、ボール球に手を出し、サファテに一息つかせたことを悔やまなければならない。ベテランの風格を漂わせているが、西岡もまだ30歳。この悔しい経験を糧に来季以降の更なる奮起を期待したい。


■ライター・プロフィール
(セ・リーグ担当)オグマナオト/1977年生まれ、福島県出身。広告会社勤務の後、フリーライターに転身。「エキレビ!」では野球関連本やスポーツ漫画の書評などスポーツネタを中心に執筆中。『木田優夫のプロ野球選手迷鑑』(新紀元社)では構成を、『漫画・うんちくプロ野球』(メディアファクトリー新書)では監修とコラム執筆を担当している。Twitterアカウントは@oguman1977

(パ・リーグ担当)鈴木雷人(すずき・らいと)/会社勤めの傍ら、大好きな野球を中心とした雑食系物書きとして活動中。自他共に認める「太鼓持ちライター」であり、千葉ロッテファンでもある。Twitterアカウントは@suzukiwrite

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方