週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【オリックスのレギュラー争い(捕手編)】正捕手争いは若月健矢と伊藤光のマッチレースか!?


 昨季のオリックスは完全最下位という不名誉な成績に終わった。しかし、若手の出場機会が増え、今季は彼らの活躍が期待される。そこで注目されるのがレギュラー争いだ。各ポジションの争いの中で、特に注目されるのがキャッチャーだろう。はたして、正捕手争いの本命は誰なのか。

若月健矢・正捕手の座に居続けられるか


 昨季、スタメンマスクを最も多く被ったのが若月健矢だ。85試合に出場して74試合で先発出場した。

 4月途中で1軍登録されたが6試合に出場しただけで2軍落ち。6月の交流戦で再び1軍登録されると、スタメンで起用される機会が多くなり、7月以降はほぼ若月が先発マスクを被ることになった。

 オリックス首脳陣からは「根拠のある配球をする」と、リード面で高く評価されている。


伊藤光・正捕手奪還なるか


 伊藤光にとっては、昨季は悔しい結果に終わった。開幕からスタメン起用されるも、配球面を理由に4月15日に登録抹消。若月と入れ代わる形ですぐに1軍に再登録されたが、6月以降は「金子千尋が先発するときにスタメンマスクを被る」という起用法になってしまった。

 8月にはいつもと違うミットでの守備を経験することとなる。一塁での起用だ。伊藤の打撃を生かすための起用だろうが、違う視点から自軍の投手を見るという意味で、いい経験になったのではないだろうか。

山崎勝己・ベテラン健在!


 2014年にFA移籍でオリックスに入団した山崎勝己。伊藤と併用されていたが、特に外国人投手と組むことが多い。昨季もディクソンとのコンビでシーズン初勝利を飾った。

 しかし若月の台頭もあり、7月に登録抹消されると、その後、1軍に復帰することはなかった。43試合に出場し、32試合で先発。打率.152と打撃が課題だが、ベテランの意地を見せたい。


26歳の中堅とルーキー


 1軍と2軍の行き来が激しかった伏見寅威。昨季は17試合に出場。捕手だけでなく、一塁や三塁での起用もあった。大卒5年目となる今季は勝負の年。持ち味の打撃力で正捕手争いに食い込みたい。

 Honda鈴鹿からドラフト7位で入団したルーキーの飯田大祐。目標とする捕手は中央大の先輩・阿部慎之助(巨人)。宮崎キャンプでは1軍に帯同している。ここで首脳陣にアピールすることができるか。


はたして本命は?


 正捕手争いは、若月と伊藤のマッチレースとなるだろう。どちらが正捕手になってもおかしくはない。あるいは、両者の併用ということも考えられるであろう。

 第3捕手の座は山崎、伏見、飯田の三つ巴の争い。山崎はベテランの安心感があり、伏見は打撃でアピールしたい。ルーキーの飯田の実力は今のところ未知数だ。

 このキャンプとオープン戦によって正捕手争いの行方が示される。今後の正捕手争いに目が離せない。


文=矢上豊(やがみ・ゆたか)
関西在住の山本昌世代。初めてのプロ野球観戦は、今はなき大阪球場での南海対阪急戦と、生粋の関西パ・リーグ党。以来、阪急、オリックス一筋の熱狂的ファン。プロ野球のみならず、関西の大学、社会人などのアマチュア野球も年間を通じて観戦中。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
2018ドラフト特集 野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方