週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

松坂大輔?バンビ?早くも出現した来年のドラフト候補選手の「○○2世」問題

 今回のこの企画は『野球太郎』編集部内で出た、何気ない疑問から生まれた。毎年行われるドラフト会議の前後には、何故か「○○2世」と呼ばれる指名候補選手が、必ず出現するのだ。


過去の「○○2世」にはこんな選手も


 今ドラフトでは、先に紹介したように成田翔(秋田商高)はその出身地と体格、同じ左腕であることから、ヤクルト・石川雅規2世と呼ばれた。他にも指名漏れとなった谷田成吾(慶大)は高橋由伸2世と呼ばれ、2年後のドラフトでも必ず「ヨシノブ2世」と紹介されるのは鉄板だろう。

 古いところでは、1991年のドラフトで誕生した落合博満2世。ロッテ3位指名の丹波(たんば)健二は、社会人野球の東芝から入団。落合は東芝府中だが、同じ東芝から同じ3位でロッテ入団した右打者の長距離砲・丹波は、「落合2世」を襲名し、マスコミの煽りを受けたファンから大きな期待を受けた。しかし結果は、落合に遥か及ばず。丹波はプロ5年間で、1本塁打しか打てなかった。


来年のドラフト候補にも○○2世がいた!


 気の早い話になるが、来年のドラフト前後にも「○○2世」と呼ばれる選手が出現するはず。先日閉幕した明治神宮大会では、高校の部に出場した2人の有望投手に、早くも「○○2世」の呼び名がついている。

 秋季中国大会を制した創志学園(岡山)のエース右腕・高田萌生(ほうせい)は、投球フォームがあの松坂大輔(ソフトバンク)にそっくり。最速150キロをマークする怪腕で、岡山県大会予選から中国大会決勝まで全イニングを投げくなど、タフネスぶりも「松坂2世」だ。

 もう1人は、明治神宮大会で投打に渡り活躍した東邦高(愛知)のエース・藤嶋健人。初戦の秀岳館(熊本)戦では、130球完投勝利を挙げたほか、大会史上14人目となる1試合2本塁打を記録。エースで4番、さらには主将と、1人3役を務めている。


 自身が1年夏には、エース格として甲子園を経験した藤嶋は、同じ東邦高でかつて活躍した坂本佳一投手のあだ名「バンビ」にあやかり、「バンビ2世」と呼ばれている。

 1977年の夏、1年生で甲子園に出場し、華奢な体格と細い首から「バンビ」のあだ名がついた坂本投手。ところが2世を襲名した藤嶋は、176センチ75キロとガッシリした体躯。ネット上では「バンビ2世」の呼び名に批判が集中した。

 まずは「体格がバンビではない」というツッコミが噴出。さらに、バンビ1世の坂本投手は、2年生以降は甲子園出場を果たせず、大学でも目立った活躍ができないまま、社会人野球も2年で引退した経緯を受け「藤嶋にはもっと大成して欲しい」「同じにするな」という意見も上がるなど、「バンビ2世」問題は物議を醸したのだった。

来年ドラフトの超目玉に相応しい○○は?


 来年のドラフト候補といえば、超目玉・田中正義(創価大)を忘れてはならない。11月5日、上武大との試合に2-3で敗れた創価大は、明治神宮大会の出場を逃した。田中はこの試合で、3点ビハインドの5回途中からリリーフ登板。9回完投した前日に次いで、連投ながら打者16人から11三振を奪う、圧巻の投球をみせた。


 もしかすると野茂英雄や小池秀郎(ともに元近鉄)が持つ、ドラフト1位指名8球団競合という記録を破る可能性を持つ。タイプ的にはオーソドックスな右腕で、野茂のような変則的フォームではなく、かといって小池のような左腕でもない。仮に8球団競合が実現しても、野茂2世や小池2世と呼ぶのは少し無理がある。

 諸先輩関係では、創価大を卒業してヤクルトに入団し、新人王を獲得したライアン・小川(泰弘)がいる。今年9月には、東京新大学野球リーグではその小川以来となる、無安打無得点試合を達成した田中。しかし「ライアン小川2世」というのも、田中にとっては、物足りない印象がある。

 先述した圧巻のリリーフ登板が続けば、大魔神・佐々木主浩(元マリナーズなど)の2世を襲名して、「大魔神2世」もあり得る。来年のドラフト前後、田中正義は誰の「2世」を襲名するのか、引き続き超目玉を追いかけたい。


文=野球太郎編集部

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方