週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

交流戦開幕前に知っておきたい、セカ・パカ・セパコに隠された出生の秘密

野球史上、もっともユルい戦いが開催中!

 いよいよ来週5月26日から「日本生命セ・パ交流戦」が始まる。今季から試合数が従来の24試合から18試合に削減。また、交流戦の通算勝利数で勝ち越したリーグにドラフト指名順の優先権を持たせるなど、11年目にして大きな変更点が導入されたのが特徴だ。

 5月11日には都内ホテルに12球団の代表選手が集まり、交流戦開幕記者会見が行われた。広島出身の柳田悠岐(ソフトバンク)が、広島の至宝・黒田博樹との対戦を熱望するなど、ファンだけでなく選手たちも交流戦スタートに向けて臨戦態勢を整えている。

 もっとも、既に「裏・交流戦」とも呼ぶべき戦いが繰り広げられているのをご存じだろうか? 4月1日に幕を開け、2週間に一度繰り広げられているその戦いの名は「セ・パ マスコット交流戦」。個性も体格も運動能力もまるで異なる12球団のマスコットたちがセ・パに分かれ、WEB上で何ともユルすぎる戦いで雌雄を決しているのだ。

 5月13日までに既に4つの戦いが終了している。「日本生命セ・パ交流戦」の特設サイトでその戦いぶりはチェックできるが、ここではその模様をダイジェストでお伝えしよう。

現在2勝2敗。セとパ、勝ち越すのはどっちだ!?


〈Battle1:ダンス対決〉
 まず登場したのは両リーグの看板マスコットともいえる“身軽な橙魂戦士”ジャビット(巨人)と、“電光石火のイケメン鷹”ハリーホーク(ソフトバンク)。どちらが素早く、華麗なステップを踏めるかを競い合ったが、審査員の評価でジャビットが勝利をおさめた。

〈Battle2:スプーン競争〉
 “球界の食っちゃ寝ハムスター”DB.スターマン(DeNA)と、“さすらいのドルオタかもめ”マーくん(ロッテ)が激突した第2試合。手に持ったスプーンにボールを乗せ、どちらが速く走れるかを競ったこの戦いは、ボール以上に転がってしまったDB.スターマンの惨敗。マーくんが圧勝した。

〈Battle3:バッティングセンター対決〉
 第3戦では“自由すぎるポッチャリつばめ”つば九郎(ヤクルト)と、“制御不能のあばれ牛”バファローブル(オリックス)が対決。バッティングマシーン相手にどちらがいい打球を放てるかを競った結果、21球中12本成功したつば九郎がバファローブルを退けた。

〈Battle4:ロデオマシーン耐久勝負〉
 “King of コアラ”ドアラ(中日)と、“北の神対応”B・B(日本ハム)が「どちらが長くロデオマシーンに振り落とされないか」で対決。ドアラの17秒に対してB・Bが47秒と圧勝。さすがは球界最速の男、その体幹バランスは健在だった。

 と、ここまでセ・パとも2勝ずつを分け合った形だ。以降、5月26日公開のBattle5では、“燃える猛虎”トラッキー(阪神)vs.“ジャングルの頼れる白獅子”レオ(西武)が「叩いてかぶってジャンケンポン」で対決。6月2日公開のBattle6では、“お茶目ないたずらクリーチャー”スラィリー(広島)と、“みんなの心をわしづかみ”クラッチ(楽天)が「ハードル競走」で雌雄を決することになっている。

交流戦で学ぶ、プロ野球の歴史


 ただ、これで「マスコット対決」は終わりではない。交流戦マスコットの「セカくん」と「パカくん」も、「バットぐるぐる対決」を繰り広げる予定だ。

 予告動画では“予測不能なグリーンビースト”セカくんと、“完全無欠のブルービースト”パカくんとして紹介されているこの2体のマスコットに加えて、今季からは新マスコット「セパコちゃん」も登場。3体で力を合わせ、交流戦を盛り上げていく。交流戦限定のマスコットとはいえ、何かとやることが多くて大変だ。

▲5月18日まで無料で配布されていたLINEスタンプのキャプチャー画像

 当然ながらこの限定マスコットたちにも様々な「設定」が付加されている。その中で、ぜひとも憶えてほしいのが誕生日だ。

セカくん……12月15日生まれ
パカくん……11月26日生まれ

 勘のいい方ならもうおわかりだろう。この日付は「各連盟が結成された日」なのだ。つまり、1949年12月15日に結成されたセ・リーグ側のマスコットだからセカくんは12月15日生まれ。同様に、パカくんの誕生日11月26日は、1949年の同日にパ・リーグが結成されたことに由来している。

 では、セパコちゃんの誕生日は? オフィシャルにはまだ発表されていないが、全日本職業野球連盟が結成され、プロ野球が誕生した1936年2月5日にちなみ、2月5日ではないか、という説がある。正式発表を待ちたい。

 マスコットを知れば、プロ野球の歴史も知ることができる。2015年、新たな歴史を紡ぎはじめる交流戦をキッカケに野球史に興味を持つのも一興ではないだろうか。

◆交流戦マスコットプロフィール

〈セカくん〉
種別:アルパカ
性別:オス
身長:2m
特技:ベースランニング
性格:おっとりでシャイ

〈パカくん〉
種別:アルパカ
身長:2m
性別:オス
特技:フルスイング
性格:おっとりでシャイ

〈セパコちゃん〉
種別:アルパカ
身長:2m
性別:メス
特技:応援、解説
性格:おしゃべり


■ライター・プロフィール
オグマナオト/1977年生まれ、福島県出身。広告会社勤務の後、フリーライターに転身。「エキレビ!」、「AllAbout News Dig」では野球関連本やスポーツ漫画の書評などスポーツネタを中心に執筆中。『木田優夫のプロ野球選手迷鑑』(新紀元社)では構成を、『漫画・うんちくプロ野球』(メディアファクトリー新書)では監修とコラム執筆を担当している。近著に『福島のおきて』(泰文堂)。Twitterアカウントは@oguman1977(https://twitter.com/oguman1977)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方