週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

ブルキナファソ初のプロ野球選手、サンホ・ラシーナのでっかい夢〜四国発、メジャー行き〜

 2年前、ぎこちなくシートノックを受けていた褐色の肌のやせた少年は、すっかり立派な体躯を備えた野球選手に変わっていた。

「ウエート(トレーニング)はしてないんです。ナチュラルパワーですね」

 すっかり太くなった腕に驚く私に、流ちょうな日本語で話す笑顔の少年はサンホ・ラシーナ、17歳。西アフリカ・ブルキナファソから約13,000キロの距離を飛び超えてやってきた異色の「野球選手」だ。


「プロ野球選手」へ昇格するために耐えた2年間


 国民のほとんどが1日1ドル以下で生活しているというブルキナファソ。現地での日本人による野球普及活動の中から選ばれて、四国アイランドリーグplusに練習生として受け入れられた。しかし、独立リーガーの一人であり、特別な高待遇を受けているわけではない彼を取り巻く環境は厳しかった。

「帰りたいけど、お金がないですから。国の家族や仲間にはインターネットで連絡してます」

 2014年シーズン前に来日して以降は母国に帰らず、「プロ野球選手」になるため、日本に滞在を続けてきた。雨季と乾季しかない常夏の国から来た少年にとって、“冬”は初経験になる。

「とても寒かった。びっくりした!」

 それもそのはず、ただの冬ではなく、彼が過ごしたのは、ブルキナファソで野球普及活動を始めた支援者がいる北海道・富良野だったのだから。しかし、雪で浮かれることもなく、寒さに萎えることもなく、ここでもラシーナはその支援者とともに練習を重ねた。

 アイランドリーグの練習生受け入れ期間は2年。この期限が迫る今年の8月末に最終テストがあり、彼はこれに見事合格。ブルキナファソ人、初の「プロ野球選手」となった。

高い身体能力を生かす経験を


 練習生から選手になっても「変わったことは特にない」というラシーナだが、公式戦の舞台に立つチャンスを得たのは大きいことだろう。

 今シーズンの前期と後期の間に行われたオープン戦で、彼は実戦デビューを果たした。ホームの高知球場でのナイター。普段、閑散としているスタンドは野球ファンで埋まっていた。あの藤川球児の「凱旋試合」が、ラシーナのデビュー戦でもあったのだ。その試合で三塁手として出場する。

「それまでは試合に出たことなかったんですけど、出てみて、『ああ、これが試合なのか……』って初めてわかりました。緊張しましたが、自分の力は出せたと思います。バッティングも思い切り振れましたし、守備も動けました。ただ、やっぱり守備の方が怖いですね。最初にエラーもしてしまいましたし」

 まだまだ課題は多いが、日本に来て確実にステップアップしている。数多くの観衆に見守られたデビュー戦でも、思い切りプレーできたというメンタルは頼もしい。


 昨季まで現役選手だった球団社長の梶田宙も、ラシーナの成長には目を見張る。

「やはり、ポテンシャルがすごいです。50メートル走なら5.8秒ですから。遠投も90メートルいくようになりました。でも、経験しないとわからないことも多いと思います。足は速いですが、いざ盗塁となると、それは技術です。守りでは、捕るのはうまくなったんだけど、送球ですね。コントロールが悪いので、まずは落ち着いて投げろって指導されています。打つ方も練習では柵越えを打つようになり、オープン戦でヒットは打ちました。でも、試合では当然ストレートだけじゃない。こういうことは、実際に試合に出ないとわからないことですから。あとは、経験ですね」

 その言葉通り、取材した9月19日の試合では、ほぼ勝負が決まった9回裏1死に代打を告げられたものの、なすすべなく三振に倒れた。本人は試合後、「カーブを待っていたんだけど、全部ストレートだった」と反省点を挙げていたが、真剣勝負の場では、自分が投げてきてほしいボールなど投手は投げてこない。試合前、「残り数試合しかないけど、チャンスをもらったら、結果を出して、オフは来年に備えたい」と言っていたが、結局、これが彼の今季最終打席となった。

 4試合で5打数無安打4三振。やはり現実は甘くない。

果てしない夢を強く信じていたい


 母国では学校を辞めてきた。日本でも高校には進んでいない。野球で身を立てる決心をもって日本にやってきた。覚悟はできている。目標はでっかくNPBだ。テレビで見ることが多いので、ソフトバンク、巨人が好きなチームだというが、獲ってくれるチームがあればどこでもOKだ。その後には、メジャーリーグも考えないことはない、というから夢は果てしなく広がっている。

 ただ、現在、母国は政治的混乱が続いている。そのことは当然ラシーナの耳にも入っている。将来的にはブルキナファソで子どもたちに野球教えて、広めていきたい。しかし、大学を出てもなかなか仕事が見つけられないという母国で、スポーツ関係の職を得るのは簡単ではないことも十二分に理解している。だからこそ、いまはNPB、プロ野球への思いが強い。

「契約金もたくさんもらえるらしいですから」

 まだ17歳。ラシーナの夢は母国・ブルキナファソの希望でもある。



文=阿佐智(あさ・さとし)
1970年生まれ。世界放浪と野球観戦を生業とするライター。「週刊ベースボール」、「読む野球」、「スポーツナビ」などに寄稿。野球記事以外の仕事も希望しているが、なぜかお声がかからない。一発当てようと、現在出版のあてのない新刊を執筆中。ブログ「阿佐智のアサスポ・ワールドベースボール」(http://www.plus-blog.sportsnavi.com/gr009041)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方