週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【2016ドラフト特集・変わり種選手】会場騒然!? 指名を勝ち取った異色の経歴の選手を紹介!


 変わり種選手。すなわち異色の経歴を持つ選手が指名されるのは、ドラフト会議の楽しみのひとつだ。2009年に鬼屋敷正人(近大高専→巨人2位)が高等専門学校から初めてドラフト指名されたのは記憶に新しい。

 今年もまた、異色の経歴を持った選手が指名されたので紹介したい。

【準硬式野球部】楽天6位の鶴田圭祐はMAX149キロ!


■鶴田圭祐(投手・帝京大準硬式野球部・楽天6位=写真)

 準硬式野球界の逸材としてマークされていた鶴田は楽天が6位で指名。順当といってもいい結果だった。1年前から名前が知られるようになり、今年の春には多くのスカウトが詰めかける存在まで成長していた。

 現在は準硬式から硬式へボールを握りかえ練習を行っているが、本格化するのには時間がかかりそうだ。まずは2軍で実績を積み、1軍昇格を目指したい。


◎【準硬式野球部】坂本工宣は巨人の育成で指名!

■坂本工宣(投手・関西学院大準硬式野球部・巨人育成4位)

 準硬式野球部からは鶴田と坂本が指名されるだろうとの下馬評もあるなか、鶴田は楽天から指名されたが、本指名では坂本の名前は呼ばれずじまい。指名は来年以降に持ち越しかと思われた。しかし、巨人が育成4位で指名。

 準硬式野球部から2名が指名を勝ち取ったことは、硬式野球の選手の希望となるに違いない。鶴田、坂本の活躍に期待したい。


【軟式野球】ヤクルト6位は田中将大世代最後の投手!?


■菊沢竜佑(投手・相双リテック・ヤクルト6位)

 ヤクルトが6位指名した菊沢は、アメリカでのプレー経験もある変わり種。田中将大(ヤンキース)世代の投手だ。立教大卒業後にいったんは野球を断念したもののクラブチームを経て、アメリカ独立リーグでプレー。その後は、軟式野球の相双リテックで野球を続けていた。

 ヤクルトは上位で寺島成輝(履正社高)、星知弥(明治大)と好投手を獲得。6位ならロマンを求めるのもありだろう。思い通り上位指名できたからこその菊沢の指名に至ったのだとも考えられる。。ヤクルト入りすれば、来シーズンの5月には29歳となり、遅咲きのプロ野球デビューとなる。

◎【専門学校】楽天育成4位指名選手は「もうひとつの履正社」から!

■木村敏靖(投手・履正社医療専門学校・楽天育成4位)

 楽天が育成4位で指名した木村敏靖は「履正社」の選手。といっても履正社高ではない。履正社医療専門学校という社会人野球に所属する専門学校からの指名だ。

 阪神OBの亀山努氏がアドバイザリースタッフとして名を連ねる同校にとってドラフト指名は初の快挙となった。


巨人の7位は未知の台湾人選手!?


■リャオ・レンレイ(投手・岡山共生高卒・巨人7位)

 巨人が7位で指名したリャオ・レンレイの名前を聞いたことがなかった読者の方が多かったのではないだろうか。台湾出身のリャオ・レンレイは高校時代、岡山共生高に在籍していたため、獲得するにはドラフト会議を通す必要があったのだ。

 今年6月に台湾の大学を卒業した21歳。ちなみに岡山共生高時代は呉念庭(西武)とチームメート。そして、アメリカのルーキーリーグでのプレー経験もある。

 リャオ・レンレイは、今ドラフト1番の異色の指名選手といってもいい。直前にも、情報は一切漏れていなかったのではないだろうか。身長201センチ、体重125キロという超大型投手の投球に期待したい。


 プロ野球には様々な経歴の選手も入ってくる。高校、大学、社会人の強豪だけでなく、専門学校の野球部、準硬式・軟式野球部の選手でもプロ野球選手になれるのだ。

 野球を続けていれば夢は叶う。変わり種選手に贈るのは、そんな言葉がぴったりかもしれない。


文=勝田 聡(かつた さとし)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方