週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

巨人の「真顔の大型補強」に物申す! 8打者で231発。思い出したい2004年の史上最強打線!!


 今オフ、優勝奪還を期す巨人は大型補強を敢行。日本ハムから陽岱鋼、ソフトバンクから森福允彦、DeNAから山口俊をFAで迎え、トレードで日本ハムの吉川光夫らを獲得した。

 その補強姿勢には賛否両論の声が挙がっている。「しっかりと弱点を補った」という意見もあれば、「“欲しい欲しい病”の復活」と冷めた声もある。

 OBや解説者からは「4番をかき集めて勝てなかった時代を忘れたのか」との厳しい声が挙がっているのも事実だ。

 賛否どちらの声も「巨人の大型補強=悪しき伝統」の図式が前提となっているが、実は振り返って見れば、大型補強が面白い結果につながった年もあった。

2004年の大型補強は今回と重なる?


 セ・リーグの盟主として出る杭はしっかり叩いておきたいとばかりに「打倒・広島」に執念を燃やす巨人。

 思い返せば、2004年もこんな展開だった。2003年にライバルの阪神に優勝をかっさらわれた巨人はなりふり構わぬ補強を敢行。

 2003年にもペタジーニをヤクルトから引っこ抜いていたが、2004年はさらに近鉄からローズを迎え、とどめに無償トレードでダイエーから小久保裕紀を獲得し、万全の打線を構築した。

 2004年の打線の主な布陣は以下の通りだ。

1(二)仁志敏久
打率.289/28本塁打/60打点

2(左)清水隆行
打率.308/16本塁打/60打点

3(中)ローズ
打率.287/45本塁打/99打点

4(右)高橋由伸
打率.317/30本塁打/79打点

5(三)小久保裕紀
打率.314/41本塁打/96打点

6(一)ペタジーニ
打率.290/29本塁打/84打点

7(捕)阿部慎之助
打率.301/33本塁打/78打点

8(遊)二岡智宏
打率.269/9本塁打/49打点

 なんとスタメン中7名が2ケタ本塁打。20本塁打以上が6名という脅威の強力打線が完成したのだ。代打の切り札に清原和博を据え、清原も12本塁打。この年、チームはプロ野球歴代記録となる259本塁打をかっ飛ばした。

 そしてチームは優勝と言いたいところだが、なんと結果は3位。思ったよりも投手陣が奮わず、競り負ける試合が予想以上に多かった。「4番をかき集めて……」批判の論拠となる結果だった。

それでも巨人の“脳筋補強”が見たい


 それでも2004年は、開幕から33試合連続で本塁打が飛び出すなど、エンターテイメント性は抜群だった。

 こんなことを言うと野球通の方々にお叱りを受けそうだが、個人的にはたとえ贔屓チームが勝利しても、チケット代を払って球場で「スミ1」の試合は見たくない。投手戦ならテレビで見たい。

 確かに2004年の巨人は「脳筋(脳みそまで筋肉の略)」という力技のチームだったかもしれない。しかし、そこにはワクワク感があった。

 近年は、「どういうチームスタイルで勝つのか」がハッキリと見えてこない球団が多い。確かに勝利は重要だが、結果だけに傾倒し、緻密になりすぎると野球のマニア化は進む一方だと感じる。

 手堅い大型補強もいいが、その進む先が“勝利”だけでは物足りない。ワクワクさせてほしいのだ。2004年のリベンジを果たすべく、巨人さん、来オフは「他球団の4番」を2、3名獲ってくれませんか……?


文=落合初春(おちあい・もとはる)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
親子での参加も大歓迎の野球太郎マル秘セミナー開催!
一流選手に育てた酒井式メソッド、教えます!
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方