週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

春季キャンプ真っ盛り! ニュースだけじゃも物足りない。キャンプは「見に行くもの」だ!!


 テレビのスポーツニュースからは連日、各球団の春季キャンプの盛り上がりが伝えられる。その賑わいを目にすると「野球の季節がやってくる!」と心躍るのは野球ファンのみなさんなら共感してもらえるだろう。

 これまで春季キャンプを生で見に行く人たちというと、キャンプ地の近隣の住民や一部のマニアくらいだった。しかし、最近では野球以外でも楽しんでもらおうとエンターテインメント性の高いイベントやさまざまなアトラクションが用意され、遠方からやってくるファンが1日遊んでも飽きないレジャー施設といっても過言ではないだろう。さらに球団が協力するツアーが組まれ、観光を兼ねて「見に行くもの」に変わってきた。

観客動員ナンバーワン! ソフトバンクの宮崎キャンプ


 12球団の中でもファンサービス度が高いのはソフトバンクだ。まず、いますぐにでも春季キャンプ特設ウェブサイトをチェックしてほしい。イベント関係の充実はもちろん、春季キャンプ専用アプリも用意されている。アプリでは広いキャンプ地のどこで誰がどんな練習をしているなどがリアルタイムで手に入る。また、近隣の駐車場の空き状況など、キャンプを快適に楽しむための情報が満載となっている。

 加えて、ソフトバンクのキャンプ地にはご当地グルメが集結。コレを目当てに行きたくなる。そんな楽しみ方もできるのだ。開催地の宮崎近隣からだけでなく、本州からもたくさんのファンが集まるのもうなずける。

一度にたくさんのキャンプを楽しめる沖縄


 ここ数年のプロ野球のキャンプの本場は沖縄であり、期間は各球団まちまちだが、12球団中、9球団は沖縄の地にやってくる。石垣島(ロッテ)や久米島(楽天)といった離島でキャンプを行う球団もあるが、沖縄本島であれば、レンタカーでキャンプ行脚が可能だ。贔屓チームではなくとも、敵情視察するのも面白い。

 沖縄は県をあげてプロ野球のキャンプを盛り上げている。「プロ野球は沖縄からはじまる」のキャッチフレーズのもとに特設サイトを開設。NPBのみならず、沖縄でキャンプを張る球団の情報提供を行っている。

 また、野球好きのオーナーがいる居酒屋を絡めたタイアップイベントも行われており、沖縄料理に舌鼓を打ちながらプロ野球OBのトークショーに耳を傾けることができる。野球好きかつ呑兵衛にはたまらないひと時だ。

 すでに紅白戦を行う球団もあり、選手たちは生き馬の目を抜くスタメン争奪戦が繰り広げている。そんな真剣な選手たちをいつもより近くで観戦でき、観光も満喫できる、野球好きにとっては貴重な時期だ。まだ間に合う。この機会を逃す手はない!


文=元井靖行(もとい・やすゆき)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方