週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

明石家サンタと『木田優夫のプロ野球選手迷鑑』

 このコーナーでは過去7回、木田優夫選手のMLBやNPB、独立リーグなど多様な経験が紡いできた幅広い球界交友録を振り返ってきた。しかし、この『木田優夫のプロ野球選手迷鑑』が“迷鑑”たる所以は、球界にとどまらず、芸能界の面々まで名鑑として載せてしまったことにある。折しも本日12月24日は、「木田画伯」として15年近くレギュラー出演している、あのお化け番組『明石家サンタ史上最大のクリスマスプレゼントショー2013』がON AIRされる。そこで、この番組を中心に、木田画伯の芸能界交友録を掘り下げてみたい。




お笑いモンスターと球界の意外な関係性


 長嶋茂雄、王貞治(ともに元巨人)、イチロー(ヤンキース)といったスーパースターと同列で語られているのが、ご存知・明石家さんまだ。世間ではサッカーのイメージで語られることが多い明石家さんまだが、野球とも深い関わり合いを持つという。実は中学までは野球部で、大の長嶋茂雄ファンだというのだ。

 そして、木田画伯と明石家さんまの関係性が生まれたのも、キッカケは長嶋茂雄。1993年、長嶋茂雄の巨人軍監督復帰の際に、知人から「長嶋さんを見たい、さんまさんのためにチケットを手配してもらえないか」とお願いされたことから関係が始まったという。



オリックスへのトレードを予言!?


 また、1998年1月のオリックスへのトレード劇の裏には、『明石家サンタ』のある予言があったという。1997年末の『明石家サンタ』に電話をかけてきた視聴者の中にプロ野球ファンがいた。さんまが気を使って「(スタジオには)木田がいるよー」と言うも、その視聴者は「オリックスファンです」と答えて、皆ズッコケたという。そして「来年行くかもしれないから、その時はヨロシクね」と大人の対応を見せた木田。果たして年が明けてすぐに、本当にオリックスにトレードになるとは、このとき誰が予想しただろうか。

本当の師匠は明石家さんまではなく…


 『明石家サンタ』以外でもよく番組で共演する明石家さんまと木田優夫。それ故、世間からの認識は「さんまの弟子」というものが一般的。ところが、実際の師匠はさんまではなく、村上ショージだという。

 ある時、さんまが発した「ショージのとこで勉強してこい!」のひと言で師匠と弟子の関係になったショージとマサオ。どの番組でも安定のスベリ芸を見せつつ、さんまを始めとした大御所芸能人と伍している村上ショージを見て「ウチの師匠って凄いな」と感心しているという。



八木さんのファンです!


 そしてもう一人、『明石家サンタ』を語る上で欠かせないのが、フリーアナウンサーの八木亜希子だ。実は番組で共演する前から、木田はずっと八木亜希子のファンだったという。そして、こんなエピソードを披露する。

<昔から「八木さんのファン」を公言していたからか、ジャイアンツで始めて一軍に昇格した時、八木さんが僕に手紙を書いてくれた>というのだ。<きっと八木さんは憶えていないと思う>とも綴っているのだが、今回改めてその過去を明らかにした木田との関係性は、一体どうなる!?




 今回は、『明石家サンタ』の出演陣を取り上げたが、本書では他にも、近藤真彦、笑福亭鶴瓶、そして中学時代からの知り合いで同じシニアチームの先輩・後輩の関係だという宇梶剛士など、数多くの芸能人が登場する。

 野球選手のお仕事はもちろん、野球をすること。しかし、芸能界という一筋縄ではいかない世界も経験してきた木田優夫だからこそ、石川ミリオンスターズでは「投手兼営業」という肩書きで地道な営業活動を実践し、来季からの「GM兼投手」という前代未聞の役回りもこなすことができるのだろう。

 木田優夫の人生そのものが詰まった一冊、それが『木田優夫のプロ野球選手迷鑑』なのだ。

『木田優夫のプロ野球選手迷鑑』は新紀元社から好評発売中です。



文=オグマナオト/1977年生まれ、福島県出身。広告会社勤務の後、フリーライターに転身。「エキレビ!」では野球関連本やスポーツ漫画の書評などスポーツネタを中心に執筆中。また「幻冬舎WEBマガジン」で実況アナウンサーへのインタビュー企画を連載するなど、各種媒体にもインタビュー記事を寄稿している。ツイッター/@oguman1977

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方