週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【2019年夏の甲子園 埼玉みどころ】プロ志望の米山、飯島に続く好投手多数 韮澤、北口ら好打者揃い混戦の様相呈す

投手編〜左の米山、右の飯島

飯島一徹
 スカウトたちが熱心に足を運び視察に訪れていたのは、ともにプロ志望の米山魁乙(昌平)と飯島一徹(東農大三)の2人。

 米山は観ていて清々しい投げっぷりのよさが光る好左腕。角度のいい最速143キロのストレートで左右の打者のインコースを果敢に突き、変化球もスライダー、スローカーブ、チェンジアップを投げ分ける。本塁打を打たれた後に連続三振を奪うような気迫のこもった投球は見応えがある。

 飯島は最速145キロのストレートを投げる本格派右腕。「日によって落ち方が変わる」と本人も話すツーシームなど変化球も完成度は上々だ。ピンチでのギアの入れ替えもよく、粘りの投球で春の県大会・花咲徳栄撃破に繋げた。

 センバツで甲子園の土を踏んだ右腕・村田賢一(春日部共栄)は春の県大会でも好投を見せて、秋春連覇に貢献。欠点が少なく総合力が高い。打撃も4番を打ち、勝負強い。今夏も連続出場へのキーマンとなるだろう。

 実績や経験値で言えば左腕の和田朋也(山村学園)も引けを取らない。1年夏から登板を続け、同校を度々上位へと導いてきた。春季大会序盤ではやや精彩を欠いたが、関東大会をかけた準々決勝では完封勝利を挙げるなど勝負強さが光る。体重も83キロまで増やし、力強さやたくましさを増して悲願の甲子園初出場を狙う。

 粗削りではあるが、将来性を感じるのは身長186センチの大型左腕・中島斗唯(川口市立)。まだ球速は速くないが、フォームのクセはそこまで無く、体の強さが出てくれば、いずれ大化けする可能性もありそうだ。

 春の埼玉県大会準優勝の立役者となった2年生右腕の豆田泰志(浦和実)は、思いきった腕の振りでストレートも変化球を投じることができ、夏も楽しみな存在だ。

 他にも、春に浦和学院を1失点完投で破った2年生サイドハンド右腕・滝口仁理(叡明)、伝統校・川越工を破り、県大会出場に導いた3年生右腕・齋藤眞之丞(川越初雁)も大会に波乱を起こせる力を持っている。

野手編〜左の韮澤、右の北口

北口恭輔
 野手では遊撃手に好素材が揃う。引き締まった均整の取れた体格で攻守ともにセンスと馬力のあるプレーを見せるのが右打者の北口恭輔(埼玉栄)。足も50メートルを6秒フラットで走る走力があり、打撃も打席ごとに修正ができ、長打力もある。
 やや壁に当たっている印象のスラッガー・和田康平とともに打線を引っ張れば躍進の可能性は十分だ。

 昨夏にレギュラーで甲子園の土を踏んだ左打者の韮澤雄也(花咲徳栄)は、走攻守で高い野球センスを発揮する。今年は中心選手としてチームを5年連続の甲子園出場に導きたい。同校は捕手・菅原謙伸が大学生の中に入ってもトップクラスの二塁送球を見せる強肩、1年春からレギュラーの井上朋也の長打力など頭ひとつ抜けた武器を持つ好素材が揃っている。

 他にも、右打者で183センチの大型遊撃手・秋山岳士(熊谷商)、2年生では昨夏に4番を担った蔵田亮太郎(聖望学園)、シュアな打撃が光る平野裕亮(山村学園)の左打者2人も将来性が高い。

大会展望〜本命は共栄も、不気味な徳栄

埼玉地区勢力ピラミッド
秋春連覇を果たした春日部共栄がやはり本命。
エースで4番の村田賢一を中心に野手も粒ぞろいで春夏連続の甲子園出場を狙う。
5年連続の甲子園出場を目指す花咲徳栄は、秋は3回戦、春は8強で敗退ながら野手陣には好素材が揃うだけに、投手陣の整備次第では優勝争いへ。
さらに好投手擁する山村学園、浦和実、東農大三、昌平は甲子園初出場を狙う。
秋春ともに2回戦で敗れた浦和学院も選手個々の能力は高いだけに、挫折を糧に夏は巻き返してくる可能性も十分だ。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方