週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

吉井理人(日本ハム)コーチの2頭目の愛馬。ツキノミチが上々のデビューを飾った!


 日本ハムの吉井理人投手コーチの2頭目の愛馬が3月26日に競馬デビュー、初戦としては5着とまずまずの成績を残した。

期待の血統馬


 2頭目の愛馬の名前はツキノミチ(牝3歳/栗東/清水久詞厩舎所属)。北海道の牧場にこの馬を見に行ったとき、満月の光が海面に反射し道のようになっていたことから命名したという。

 血統は、父がルーラーシップ、母がアクセレラン、母父がアグネスタキオン。兄姉に活躍馬はいないが、この世代が初年度となるルーラーシップ産駒は、ダンビュライト(弥生賞3着、きさらぎ賞3着)、キセキ(毎日杯3着)、キングズラッシュ(東スポ杯2歳ステークス4着)など重賞での好走馬が出ており、期待の血統だ。

強い相手に5着なら上々


 デビューの地は中京競馬場、芝1400メートルの未勝利戦。未勝利戦ということで、初出走も含めてまだ勝ったことのない馬たちを集めたレースではあるが、過去に2着や3着を続けている馬もいて、このクラスにしてはレベルが高いメンバー構成だった。ツキノミチが18頭立ての15番人気(単勝206.9倍)という低評価だったのも、ある意味、妥当だったかもしれない。

 しかし、レースではその低評価を覆す走りを見せた。2番枠からスタートしたツキノミチは、インの4、5番手という好ポジションをキープし、直線でややフラつきながらもそのまま5着でゴール。競馬に慣れていけば、さらにスムーズに走れるだろう。


まだまだ成長の余地あり


 吉井コーチのブログによると、幼少期は「お母さんを間違えて違うお母さんのおっぱいを吸いにいってしまうような、ぼーっとした子だったらしいです」とのこと。

 たしかに、パドックでもおっとりとしていて、まだまだ幼さが感じられた。ただ、そんな現状で強いメンバーに交じって5着に走れたということは、メンタル面も含めて、まだまだ成長の余地があるとの見方もできる。

 次は、おそらく4月中旬あたりの出走か。吉井コーチの1頭目の愛馬フォーシームは、現在、地方競馬の名古屋に在籍しており、そこで3勝を挙げてはいるが、馬主として中央競馬での勝利はまだ。ツキノミチが吉井コーチに初白星をもたらしてくれるか、注目だ。


文=藤山剣(ふじやま・けん)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方