週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【2016夏の高校野球】《香川観戦ガイド》有望選手と大会展望&勢力ピラミッド

7月9日〜24日(レクザムスタジアムほか)

香川のオールスター・高松商の層が極厚
その他の39校は「一芸」「結束」で勝負

☆★☆ 投手編 ☆★☆

●中学軟式の星がついに本格化


 先発・浦大輝が踏ん張り、ピンチでは二塁手から最速143キロ右腕・美濃晃成につなぐパターンで臨んだセンバツの高松商。ゴールデンウイーク前後の練習試合では浦を休養させ、秋の2番手・多田宗太郎を再調整させながら、夏以降へ向けて新たな投手起用法を探った。

 そこで台頭したのが、高松市立太田中で全国大会2度経験の右腕・大熊達也である。1年秋に早くも公式戦デビューを飾るも昨秋からセンバツまでは外野手が主体だった大熊。だが練習試合では常時130キロ中盤のストレートを主体に好投し、「安定している」と長尾健司監督から高評価を得た。遅れてきた「中学軟式の星」によって生まれた新たな競争。多田が調子を取り戻しつつある今、浦も決して安穏としていられない。

 最速139キロ右腕の門内快航(大手前高松)と橋本大輝(高松北)。尽誠学園には最速137キロ左腕の渡邊悠。同じ左腕でも技巧勝負の長谷川大矩(小豆島)。見ているこちらが気持ちいいほど腕を振る山田涼太(藤井)。各校に絶対的なエースが存在する一方で、「投手王国」を築きつつあるのが志度である。

 先発は遊撃手兼任のスリークオーター・井原壮一朗と右翼手兼任の2年生・鎌田大輝が交互に。リリーフの松井成夢は変則右サイド。そして183センチ85キロの巨漢・武田玄は2年生にして最速139キロ。実に不気味な存在だ。


▲浦大輝(高松商)

☆★☆ 打者編 ☆★☆

●香川県オールスター=高松商


 まずは高松商から。強打の4番・植田響介に、現在は2年生で最終学年では捕手としても期待の弟・植田理久都の植田ブラザーズ。内野陣では「その打球危険につき」と言いたくなるシャープスイングの美濃晃成に貴公子ばりのイケメン主将・米麦圭造。誰よりもユニホームを汚す男・山下樹もいる。外野にはバリー・ボンズの物まねが得意な竹内啓人。超速コンビの安西翼に荒内俊輔。そして強く振り抜ける強打の吉田啓瑚。

 センバツのメンバー外にも主将の兄をも脅かす巧打堅守の1年生遊撃手、「讃岐のイチロー」こと米麦波留などが控えており、まさに「香川オールスター=高松商」だ。

高松商以外にもいる一芸素材

 今年は他校にも一芸に秀でた野手が多い。観音寺中央の大喜多亮は1年時に高松北・塹江敦哉(広島)から安打も放った俊足左打者。松井永吉(尽誠学園)は左の中距離砲の期待を担う。

 英明の2年生エース・藤井拓海は右打者としての打撃センスもピカイチ。同じく英明では俊足を誇る左翼手・赤尾優磨と一発を秘める天野武留、そして春の県大会では10打数5安打の大当たりだった捕手・八木大貴にも注目したい。

 大手前高松打線の自慢は橘大輔、2年生の寿賀蒼音、主将の松岡侑汰と続く「9・1・2番」。つなぎも走塁もソツなくこなす。

 また、桑田一馬(丸亀城西)と植松裕貴(小豆島)はいずれも正確な二塁送球に定評あり。志度の主将で4番・西尾直輝は落ち着きと結果が正比例。十河春斗(丸亀)は50メートル6秒0の俊足が持ち味で1番抜擢が濃厚だ。


▲荒内俊輔(高松商)

☆★☆ 大会展望 ☆★☆

●39校包囲網で「ストップ・ザ・高松商」


 シード順は大手前高松、小豆島、志度、高松商だが、センバツ準Vの高松商が絶対本命。徹底して相手のよさを消しに行く英明や、県内ナンバーワン左腕・渡邊悠がいる尽誠学園を中心に39校が包囲網を作り、他を圧倒する選手層の高松商に挑む。なお統合により現校名では最後の夏を迎える小豆島は、昨秋の県大会決勝戦、春の四国大会出場校決定戦で高松商に連勝中。直接対決までエース・長谷川の体力を極力温存することが勝利の絶対条件だ。

地区勢力ピラミッド

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方