週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【2019年夏の甲子園 鳥取みどころ】投手も野手も米子東と鳥取城北が双璧だ 続く2年生も両校に期待株が育ってきた

投手編〜優勝候補2校の強力投手陣

森下祐樹
 秋春連続で決勝を戦った米子東と鳥取城北の投手陣の分厚さが際立っている。

 米子東はセンバツ出場の原動力となったエース左腕・森下祐樹だけでなく、山内陽太郎、土岐尚史、岡本大翔の2年生投手3人の成長が著しい。

 春2試合先発の山内は、上体に少し捻りを入れた独特のリズムで投げ込む。ややバラつきがあるものの、指にかかったストレートの威力は目を見張るものがある。左腕の土岐は元来の指先感覚のよさにパワーが上乗せされて、投球の幅が広がっている。遊撃兼務の岡本は189センチの長身が生み出す角度が魅力。最速も140キロを突破しており、球威はチーム1。新たに取り入れた始動でのヒールアップがどう影響を及ぼすかにも注目したい。

 秋優勝、春準Vの鳥取城北の投手陣も精鋭揃いだ。2年生の阪上陸は体をタテに使い、前で叩くようなリリースができる好左腕。ゲームメーク能力に長けた別所季哉、ストレートの伸びと落差のあるフォークはエース級の成田優樹の3年生右腕も拮抗した実力を持つ。

 安定感と投球術では清水響希(鳥取商)も負けていない。フィニッシュの態勢から逆算してフォームを改良し、ストレートの勢いもグレードアップした。
 他には、緩い球を大胆に織り交ぜる強心臓の山本隼輔(鳥取工)、鍛え抜かれた下半身で剛球を生み出す日野亨志郎(倉吉東)、連合チームを支える165センチの大エース・木村友哉(日野・境港総合技術)らが上位2校撃破を意識できる右腕か。

 バランスのいいフォームでスピンの効いたストレートを投じる手島直(境)、試合の流れを引き戻すセットアッパー・木村乙葉(米子工)ら好左腕のブレイクも心待ちにしたい。

野手編〜打の主役候補も2強の主軸か

河野律樹
 野手でも米子東、鳥取城北の2強の主軸が強い存在感を放っている。

 秋に打棒が炸裂した福島悠高(米子東)は県を代表する右の長距離砲。合わせて右方向に落とす器用さにおぼれず、強いスイングを貫けるかが、他校のマークをかいくぐるカギになりそうだ。春は4番起用の大型遊撃手・岡本大翔、上体の鋭い回転が驚愕の打球を生み出す山内陽太郎は、投手編に続いての紹介だが、天賦の才はバットにあるとみる。

 春2試合連続本塁打を叩き込むなど、河野律樹(鳥取城北)の打撃が凄みを帯びてきた。昨夏の甲子園で再三の美技を見せたグラブさばきも健在で、攻守でチームを連覇に導きたい。春ベンチ外から復活を期す右の大砲・山田椋一も飛ばす能力は県トップクラス。

 松田陸斗、安田利哉(ともに米子松蔭)は打ってよし、守ってよしの二遊間コンビ。
 春2打席連続弾の金居大太郎(倉吉東)、粗さはあるものの、スイングの馬力満点な山本卓(鳥取西)は大飛球でスタンドを沸かせてくれそうだ。

 走攻守に強さとスピードが滲み出るアスリート系外野手の綾女優貴(八頭)と小川大和(鳥取中央育英)、打力と捕手ワーク両方が魅力の竹信竜希(倉吉東)、鍵井怜緒(鳥取商)の雄姿も必見だ。

大会展望〜“春夏連続”か“夏連覇”か?

鳥取地区勢力ピラミッド
春夏連続出場を狙う米子東と夏連覇を狙う鳥取城北。
2季連続で決勝を戦った両校が総合力で突出しており、軸になるのは間違いない。
この2校を秋春ともに4強入りの鳥取商と倉吉東が追う。
4校以外では野手陣の能力が高い米子松蔭、秋に米子東を終盤まで苦しめた鳥取工、打力は上位レベルの鳥取中央育英に抜け出すチャンスがありそう。
実力のある左投手を複数揃える境、昨年同様、秋春初戦敗退から巻き返しを図る鳥取西、名将・井畑浩次監督が率いる米子工も意地を見せたい。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方