週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

楽天・今江敏晃の“バット投げ出し打法”に銀次の美麗なバット回し。楽天選手のユニークなクセや曲芸!


 一流の技術を披露するプロ野球選手はプレーがすごいだけではなく、クセやルーティン、曲芸的なプレーや美技も実にユニークだ。今回は、筆者が定点観測する楽天の選手が打席でみせるそれらの所作を紹介しよう。

あがり症・中川大志のリラックス法は?


 まずは中川大志だ。昨年、格安年俸の4番打者として注目を集めた和製大砲候補は、打席内で右手首を鼻に当てる仕草をみせる。

 あらかじめつけた甘い香水をかぎながら深呼吸をすることで、平常心を保つのだという。なるほど、あがり症の中川によるリラックス方法なのだ。


“バット投げ出し打法”による今江の打撃結果は?


 一番有名な曲芸は、FA加入した今江敏晃の“バット投げ出し打法”だろう。ロッテ時代から披露するこの打法は、スイングしにいくバットをコンタクトの直前で手放し、放り出したバットに球を当てていく今江特有の個人技。特に外角低め変化球のときに多くみられる。

 楽天移籍後の今シーズンも7月3日現在、7回披露している。その結果は5打数1安打2三振(うちファウル2本)。3月30日、古巣・ロッテ戦の7回にこの打法で放ったセカンド内野安打は、終盤の貴重な追加点を叩き出すタイムリーになった。

 この曲芸はチームメイトも真似するようになり、聖澤諒と銀次も挑戦。しかし、ヒットは出ていない。聖澤は5回試みて、3打数無安打2三振(うちファウル2本)。銀次は1回試みた結果、ファウルに終わった。

息をのむほど美しい、銀次ならでは特技


 銀次はクルクルと操るバット回しでも有名。今季、その動きが『パ・リーグTV』に取り上げられ、話題を呼んだのは記憶に新しい。

 まるでバトントワリングのように、ハッとする美しいバット回しを披露するのだが、とくにインコース攻めの球をよけるとき、低めの誘い球を見切ったあとにみせることが多い。球界屈指のコンタクトヒッターならではの“魅せ技”だ。


茂木の見逃し三振が少ない理由は球審への一礼効果!?


 68試合268打席で打率.279、1本塁打、26打点。新人王最有力という好活躍を見せていたドラ3ルーキー、茂木栄五郎の一礼も興味深い。

 打席に向かうとき、球審に向けて礼儀正しくお辞儀をしてからバッターボックスに入るルーティンは、早稲田大学時代から続けている。審判も人の子。茂木の空振り三振が44個に対して、見逃し三振が4個と非常に少ないのは、この一礼の賜物だろうか?

 読者の皆さんにも、応援しているチームや贔屓の選手のプレーだけではなく、独特なルーティンや仕草、そのクセにも目配りしながら観戦することをお薦めしたい。そこには「新発見」が待っているはずだ。


文=柴川友次(しばかわ・ゆうじ)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
2018ドラフト特集 野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方