週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

《広島出身選手でベスト9!》地元球団で躍動する選手たち。広島出身のカープベストナインを考える


 地元球団のカープに入って、スターを目指す。これは広島で野球に勤しむ少年たちの大きな目標のひとつだ。古くから広島は強豪校に恵まれ、そのOBを中心にカープの礎がつくられたといっても過言ではない。

 『野球次郎 広島東洋カープ大事典』のスピンオフ企画、第4回は広島出身選手のカープベストナインを考えてみよう。

チーム支えるベテランやバイプレーヤーが名を連ねる


 2016年開幕時点でカープに所属する広島出身選手は以下のとおり(カッコ内は出身地)。

投手:永川勝浩(三次市)、薮田和樹(広島市東区)、江草仁貴(福山市)
内野手:上本崇司(福山市)、梵英心(三次市)、新井貴浩(広島市佐伯区)
外野手:中東直己(呉市)、岩本貴裕(広島市東区)、土生翔平(尾道市)

 以上9人の選手が地元・カープでプレー。チームを支えるベテランやバイプレーヤーが並ぶ。ただ、ベストナインを組むとするとポジションが足りない。そこで他県出身で広島県内の高校・大学・社会人チームに在籍経験のある者を加えてみよう。

投手:野村祐輔(広陵高、岡山出身)、中田廉(広陵高、大阪出身)
捕手:白濱裕太(広陵高、大阪出身)

 いずれも広陵高出身の選手。今季すでに2ケタ勝利を挙げている野村をはじめ、バッテリーの層が厚くなった。このメンバーでベストナインを組んでみると……。

投手:野村
捕手:白濱
一塁手:岩本
二塁手:上本
三塁手:新井
遊撃手:梵
外野手:中東、土生

 残念ながらこの条件でも外野手がそろわず、その一枠は控え投手から賄う必要がある。しかしここでは、特例としてミスター赤ヘル・山本浩二(広島市佐伯区出身)を「プラスワン」枠として招集。同郷の新井と組む3・4番コンビは“胸熱”である。

【広島出身&アマチーム出身カープベストナイン】
1番・遊撃手:梵
2番・二塁手:上本
3番・三塁手:新井
4番・左翼手:山本浩
5番・一塁手:岩本
6番・右翼手:土生
7番・中堅手:中東
8番・捕手:白濱
9番・投手:野村

 こうして完成したベスト9。さて、いかがだろうか。


他球団の広島出身選手は?


 他球団所属の選手で、広島出身者および広島でアマチュア時代を過ごした者はどれだけいるのか。試しにオーダーを組んでみよう。

1番・中堅手:柳田悠岐(ソフトバンク、広島市安佐南区出身)
2番・二塁手:上本博紀(阪神、福山市出身)
3番・左翼手:金本知憲(阪神監督、広島市南区出身)
4番・一塁手:中田翔(日本ハム、広島市中区出身)
5番・遊撃手:大田泰示(巨人、三次市出身)
6番・左翼手:新井良太(阪神、広島市佐伯区出身)
7番・三塁手:奥浪鏡(オリックス、呉市出身)
8番・捕手:川本良平(楽天、呉市出身)
9番・投手:有原航平(日本ハム、広島市佐伯区出身)


 今をときめく柳田、中田をはじめ、大物打ちが多い印象だ。大田は元々大型遊撃手としてプロ入りしているので、ご容赦いただきたい。

 投手は有原以外にも石田健大(DeNA、広島市南区出身)、田口麗斗(巨人、広島市佐伯区)など若くてイキのいい存在が多く、リリーフには福原忍(阪神、三次市出身)や西村健太朗(巨人、安芸郡府中町出身)らが控える。

 なお「プラスワン」枠には阪神・金本監督を招集。こちらは新井と師弟対決になる。

 これだけのオーダーを組める広島の野球熱はやはり高い。地元選手の活躍に今後も期待だ。


文=加賀一輝(かが・いっき)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方