週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

キャリア終盤に古巣復帰がNPBでもトレンドに? 黒田博樹、松井稼頭央らの古巣復帰ドラマを辿る!

キャリア終盤に古巣復帰がNPBでもトレンドに? 黒田博樹、松井稼頭央らの古巣復帰ドラマを辿る!

 イチローが2012年7月にヤンキースに移籍して以来、5年半ぶりに古巣・マリナーズへと復帰した。メジャーリーグ通算3080安打、日米通算4358安打を誇る史上最高の安打製造機は44歳という年齢にあって、今季もメジャー契約を手にした。現時点では、チームは開幕スタメンでイチローを起用する構想を明らかにしている。

 メジャーリーグでは、イチローのようにキャリア終盤で古巣へ戻ることはよくあるケースだ。一方の日本では、メジャーリーグに比べると移籍自体が少ないこともあり、そう多くない。しかし、古巣に戻って晩年を過ごした選手は存在する。ここではそんな選手を紹介しよう。

愛工大名電OBは出戻る?


 イチローの出身校である愛工大名電高OBは律儀なのか(?)、古巣への出戻りが多く見られる。近年では山崎武司(元中日ほか)がそうだ。山崎は1986年のドラフト2位で中日へ入団し、オリックスを経て、楽天で2011年までプレー。

 そして2012年からは再び中日へ戻り、NPB最年長記録となる43歳で開幕4番の座を勝ち取った。シーズンを通しては90試合の出場で打率.209、1本塁打、13打点と思うような成績を残せなかったが、翌2013年も戦力として現役を続ける。最後は2013年7月に引退を表明し、このシーズン限りでユニフォームを脱いだ(なお、2014年のオープン戦で1日契約を結び、引退試合を行った)。

 続いて紹介する愛工大名電高OBはソフトバンク・工藤公康監督(当時は名古屋電気高)。1981年に西武に入団し、ダイエー、巨人、横浜と渡り歩き、結果的に現役最終年となった2010年は西武でプレーした。

 このように愛工大名電高出身のレジェンドたちは古巣に出戻っている。

今シーズンは松井稼頭央も西武へ復帰


 近年で印象的な古巣復帰となったのは、2015年に広島に戻った黒田博樹と新井貴浩だ。広島の投打の主力を務めた2人は、2007年オフに揃ってFA移籍。2015年に8年ぶりとなる古巣復帰を果たし、2016年にはチームを25年ぶりのリーグ優勝に導いた。力が衰える前に古巣へ戻り、チームを優勝させるという最高のストーリーに仕上げた。

 また、今シーズンから西武で再びプレーする松井稼頭央もその一人だ。2003年オフに西武からメッツに移籍して以来、実に15年ぶりの古巣復帰となった。

 2011年に日本へ戻ってきた松井は楽天で中心選手としてプレー。来季は指導者としての立場を打診されたものの、現役にこだわり、西武のユニフォームへ袖を通すこととなった。トリプルスリーを達成した2002年のような働きは望めないが、ベテランとして精神面、技術、経験を伝える役割を期待したい。そして、黒田、新井のようにチームを優勝へと導く原動力となってほしい。

 イチローは最低でも50歳まで現役でプレーすると公言しており、マリナーズで引退するかはわからない。しかし、今がキャリアの終盤にあるのは間違いないだろう。今後、NPBでも古巣で現役晩年を過ごすケースが増えるのだろうか。オープン戦が始まってから、上原浩治も古巣・巨人と契約した。今後も日米ともにベテラン選手の動向にも注目したい。


文=勝田聡(かつた・さとし)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方