野球太郎|ニュースにない奥深い情報で樹野球観戦がもっと面白くなる「野球太郎」のスマホマガジン!
ドラフト注目選手情報が充実!
週刊野球太郎
>公式サイトはコチラ<
野球太郎 選手名鑑|ドラフト候補・指名選手・有望選手 4358名収録 2017年ドラフト指名選手の情報を見にいく

勝手に新人王レース最終回! 京田陽太(中日)と濱口遥大(DeNA)の争いは投票までわからず!?

2017-10-24(火)12:00

勝手に新人王レース最終回! 京田陽太(中日)と濱口遥大(DeNA)の争いは投票までわからず!?

 新人王有資格者の活躍度を競う勝手にレース企画「新人王レース2017」も最終回。シーズン序盤から先発、リリーフ、野手の3部門で活躍ぶりをポイント化してきたが、最後にトップに立ったのは誰だ!? 今年、活躍したフレッシュスターをランキング形式で紹介しよう!

◎ポイントの算定基準


 レースの基準となるポイントの算出法は以下の通り。ほとんどの年でこのポイント最上位の選手が新人王に輝いている。

■野手
(塁打+四死球+盗塁)×1ポイント

■先発投手
(投球回数×1ポイント)+(勝利数×10ポイント)

※投球回数は1/3回、2/3回は切り下げ

■救援投手
(登板数+ホールド数+セーブ数)×2ポイント

◎セ・リーグ野手ベスト3


■1位
京田陽太(中日/内野手/1年目)
141試合:打率.264(564打数149安打)/4本塁打/36打点/23盗塁
200塁打+27四死球+23盗塁=250ポイント

■2位
大山悠輔(阪神/内野手/1年目)
75試合:打率.237(198打数47安打)/7本塁打/38打点/2盗塁
82塁打+21四死球+2盗塁=105ポイント

■3位
西川龍馬(広島/内野手/2年目)
95試合:打率.275(204打数56安打)/5本塁打/27打点/4盗塁
85塁打+11四死球+4盗塁=100ポイント


◎セ・リーグ先発投手ベスト3


■1位
濱口遥大(DeNA/投手/1年目)
22試合:10勝6敗/防御率3.57/投球回123.2
123投球回+10勝=223ポイント

■2位
星知弥(ヤクルト/投手/1年目)
24試合:4勝7敗/2ホールド/防御率4.73/投球回110.1
先発(18試合):102投球回+4勝=142ポイント
リリーフ:6試合+2ホールド=16ポイント
合計:158ポイント

■3位
畠世周(巨人/投手/1年目)
13試合:6勝4敗/防御率2.99/投球回72.1
先発(12試合):69投球回+6勝=129ポイント
リリーフ:1試合=2ポイント
合計:131ポイント


◎セ・リーグ救援投手ベスト3


■1位
三ツ間卓也(中日/投手/2年目)
35試合:2勝1敗/11ホールド/防御率4.06
リリーフ:34試合+11ホールド=90ポイント
先発(1試合):5投球回=5ポイント
合計:95ポイント

■2位
池田駿(巨人/投手/1年目)
33試合:0勝2敗/4ホールド/防御率3.35
リリーフ:31試合+4ホールド=70ポイント
先発(2試合):7投球回=7ポイント
合計:77ポイント

■3位
石崎剛(阪神/投手/3年目)
26試合:1勝1敗/4ホールド/防御率1.17
26試合+4ホールド=60ポイント


◎セ・リーグ新人王レース総評


 セ・リーグの新人王争いは混戦。京田陽太(中日)が有力視されているが、濱口遥大(DeNA)も大台の10勝に到達した。この「新人王レース」では京田が逃げ切ったが、実際はどうなるか? 京田の守走がどこまで評価されるかがカギを握りそうだ。

 大山悠輔(阪神)はスタメン定着で野手部門の2位にランクアップ。リリーフ部門3位の石崎剛(阪神)も着実にセットアッパーに近づいており、阪神ファンは嬉しい限りだろう。

 ただ、セ・リーグ全体ではやや新顔が乏しかった。今年のドラフトでは即戦力に注目したい。


◎パ・リーグ野手ベスト3


■1位
源田壮亮(西武/内野手/1年目)
143試合:打率.270(575打数155安打)/3本塁打/57打点/37盗塁
202塁打+42四死球+37盗塁=281ポイント

■2位
石井一成(日本ハム/内野手/1年目)
114試合:打率.205(317打数65安打)/3本塁打/24打点/3盗塁
86塁打+29四死球+3盗塁=128ポイント

■3位
武田健吾(オリックス/外野手/5年目)
97試合:打率.295(207打数61安打)/2本塁打/14打点/0盗塁
75塁打+8四死球+0盗塁=83ポイント


◎パ・リーグ先発投手ベスト3


■1位
山岡泰輔(オリックス/投手/1年目)
21試合:8勝11敗/防御率3.74/投球回149.1
投球回149+8勝=229ポイント

■2位
石川柊太(ソフトバンク/投手/4年目)
34試合:8勝3敗/1ホールド/防御率3.29/投球回98.1
先発(12試合):65投球回+6勝=125ポイント
リリーフ:22試合+1ホールド=46ポイント
合計:171ポイント
(※先発ポイントにおける勝利数は先発時のもの)

■3位
酒居知史(ロッテ/投手/1年目)
19試合:5勝1敗/1ホールド/防御率3.13/投球回74.2
先発(9試合):63投球回+5勝=113ポイント
リリーフ:10試合+1ホールド=22ポイント
合計:135ポイント


◎パ・リーグ救援投手ベスト3


■1位
黒木優太(オリックス/投手/1年目)
55試合:6勝3敗/25ホールド/2セーブ/防御率4.22
55試合+25ホールド+2セーブ=164ポイント

■2位
近藤大亮(オリックス/投手/2年目)
55試合:1勝1敗/25ホールド/1セーブ/防御率3.07
55試合+25ホールド+1セーブ=162ポイント

■3位
有吉優樹(ロッテ/投手/1年目)
53試合:2勝5敗/16ホールド/1セーブ/防御率2.87
53試合+16ホールド+1セーブ=140ポイント


◎パ・リーグ新人王レース総評


 パ・リーグは源田壮亮(西武)がぶっちぎり。新人歴代3位の155安打を放ち、盗塁数もリーグ2位。新人王は決まりだろう。

 後半戦に奮闘したのは酒居知史(ロッテ)。8月に先発として1軍に戻ると、9試合で5勝1敗、2完投の好成績を挙げた。今季は悲惨な成績に終わったロッテだが、有吉優樹もセットアッパーに昇格。即戦力投手が結果を出したことは評価できる。シーズン前は新人王候補筆頭だった佐々木千隼が、酒居とともに真価を発揮すれば、投手陣崩壊に歯止めがかかるだろう。

 オリックスも黒木優太、近藤大亮がフル回転。リリーフ王国再建の日も近い。また、ランキング外では日本ハムの2年目・横尾俊建が8月末からシーズン終了までに7本塁打をかっ飛ばしている。

 投打に逸材が揃ったパ・リーグ。来年はどんなニューフェイスが現れるか!?


文=落合初春(おちあい・もとはる)

新着記事

人気記事

注目特集記事

会員サイトでは熱くなる情報満載!野球太郎ならではの奥深い内容があなたの知りたい欲を満たします。
今週の特集|プロ野球情報とアマチュア・高校野球情報、日刊記事だけでなく明日だれかに話をしたくなるタイムリーなネタを毎週連載

野球観戦をさらに面白くする!ドラフト候補選手名鑑や分析ツールなど利用できます。
高校・大学・社会人・独立リーグ、ドラフト候補選手登録数、累計5000名以上!夏の地区大会・本大会で大活躍!! 試合観戦中に気になる選手情報を検索しよう!

会員サイトではすべてのメニューが
使い放題です。

会員登録
  • 野球太郎ドコモユーザーは10日間無料お試し
  • 野球太郎ソフトバンクユーザー
  • 野球太郎auスマートパス会員限定無料
  • 10日間無料お試し期間
  • ソフトバンク
  • auスマートパス会員は無料で利用可能
※お手続きの前にドコモやソフトバンク、auのキャリア認証画面(ログイン画面)になります。IDとパスワードをお忘れの方は端末の設定画面よりWi-fi通信をオフにし、モバイルネットワークの通信に切り替えていただくとログインが簡単になることがあります。
電波状態

iPhoneユーザーの方はiPhoneアプリ「野球太郎Pocket」でも記事・コラムが読めます。(一部の記事は有料です。)

野球太郎のTwitterまたはfacebook
をフォローすると野球太郎の情報が
いち早く届きます。

Twitter
facebook

日刊トピック プロ野球 高校野球
ドラフト情報
今週号 野球エンタメ ランキング
  1. 週刊野球太郎トップページ
  2. プロ野球コラム&ニュース一覧#1
  3. 勝手に新人王レース最終回! 京田陽太(中日)と濱口遥大(DeNA)の争いは投票までわからず!?

会社概要
お問い合わせ
書籍「野球太郎」新刊案内
野球太郎公式twitter
野球太郎公式facebook

(C)Imagineer Co., Ltd.