週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【猛暑の納涼企画! プロ野球の怖〜い話】丸佳浩が消えた!? 新井貴浩が開かずの扉に……

文=落合初春

【猛暑の納涼企画! プロ野球の怖〜い話】丸佳浩が消えた!? 新井貴浩が開かずの扉に……
 猛暑の夏。怪談話のシーズン……。不可解な出来事はプロ野球界でも尽きない……。プロ野球選手に襲いかかった怖い話をまとめてみた……。

消えた丸佳浩


 2014年2月1日、宮崎キャンプの初日、広島・丸佳浩が忽然と姿を消した。当時は、前年の活躍で背番号9になったばかりの若武者。しかし、バッティングの順番になっても一向に姿を見せない……。

 まさか失踪か。そう思ったコーチ陣が丸の姿を探すと、丸はなんと……守備に就いていた。前年まで背負っていた63番の振り分けメンバーの練習メニューをこなしていたという……。

ドアに体当たりする男


 ある日の紅白戦、新井貴浩はイニングの合間、裏手で休んでいた。さあ、ベンチに戻ろう。そう思いグラウンドへのトビラを押したが、ウンともスンとも動かない。

 新井は直感した。金本さんが向こうからトビラを押さえつけているんだな……と。

「金本さん、開けてください!」

 そう叫びながら、新井はトビラに体当たりをしたが、何の反応もない。イタズラにしては長すぎる……。

 そのトビラは……引いて開けるトビラだった……。

霊感の持ち主


 ダルビッシュは新人時代にこんな話をしたことがある。

「僕、霊感が強くて、見えるんですよね」

 その後、ダルビッシュはあまり霊感の話をしなくなった。なんだか怖い……!

謎の集団感染!?


 1998年、リーグ優勝を果たした横浜。しかし、優勝から一夜明けると体調の悪そうな選手が大勢いる……。二日酔いもあるが、その翌日もまだ選手の体調がおかしい……。寒気がする……と選手は口々に言う。

 原因はビールかけ。38年ぶりの優勝で勝手が分からず、通常の倍である30分ほどビールをかけ合った挙句、常温ではなく冷やしたビールをかけ合ったらしい……。

文=落合初春(おちあい・もとはる)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方