野球太郎|ニュースにない奥深い情報で樹野球観戦がもっと面白くなる「野球太郎」のスマホマガジン!
ドラフト注目選手情報が充実!
週刊野球太郎
>公式サイトはコチラ<

連覇? それとも破壊と創造? 早くも黄信号が灯る日本ハムに何が起こっているのか

2017-04-15(土)0:00

登録を抹消された大谷翔平

 日本ハムファンのため息が漏れている。圧倒的な勢いを見せて、日本シリーズを制した昨季から一転、今季は10試合終了時点で2勝8敗。パ・リーグ最下位に沈んでいる。

 昨季のV球団に何が起こっているのか。改めて検証していきたい。

(成績は4月11日時点)

◎注目が集まる大谷翔平の裏で……


 熱心なプロ野球ファンでないとすれば、日本ハムの調子がすこぶる悪いことを知る由もなかったことだろう。その理由はもちろん開幕からの大谷翔平の活躍だ。

 右足首の負傷で春先のWBC出場を辞退したは周知の通りだが、打者として調整を続けた大谷はなんとか開幕に間に合った。それどころか、いきなり大活躍だ。8試合目で左ふくらはぎ肉離れを起こすまで、打率.407、2本塁打。件の足首負傷の影響を感じさせない打撃を見せ、メディアも大谷をフォーカスした。

 しかし、スポーツニュースなどで「大谷健在」をアピールするダイジェスト映像が流れる裏で「日本ハムは敗れていた」。

◎調子の上がらぬ主力野手


 大谷が打ちまくったにも関わらず、スタートダッシュがうまくいかなかった要因は主軸の不振だろう。

 WBCでは要所で殊勝打を繰り出した中田翔が打率.200、本塁打ゼロ。頼れるベテラン・田中賢介も打率.200。レアードにいたっては打率.094、4失策の大スランプに陥っている。

 10試合目までフル試合出場を続ける近藤健介が打率.419と気を吐いているが、西川遥輝、中島卓也ら、昨季はしぶとさで魅せた選手たちが次々と低調なスタート。迫力を感じられない打線となっている。


◎吉川のトレードでローテも不安


 昨オフ、トレードで巨人に移籍した吉川光夫の穴も埋めきれていない。大谷が投手として開幕を迎えることができないことになり、2枚の先発が失われたことになる。

 ここまで中6、7日で先発ローテを回しているが、まず開幕投手の有原航平が大コケだ。開幕から2試合に先発し、0勝2敗、防御率7.90。早々と状態不明瞭な斎藤佑樹に出番が回ってくる展開になっている。

 加藤貴之、上沢直之ら楽しみな選手が次々と先発マウンドに上がっているが、勝敗になると話は別だ。現状、メンドーサと高梨裕稔が好調をキープしているが、打線が好投を援護できずに2人とも1勝1敗。チームの勝利はその2勝のみである……。


◎泣き面になんとやら……


 そんな苦境のなか、大谷がチームから抜けた。これだけでも大きな痛手だが、今度は中田翔が右足付け根を痛めて、11日のソフトバンク戦を欠場。大事には至らなかったが、強行出場を続ければ大谷の二の舞もあり得るだろう。

 さらに守護神・マーティンも11日、右ヒジの張りで登録抹消。中心選手にケガが相次いでいる。

 思い出すのは2013年。前年にリーグ優勝を果たしながらも最下位に転落した年だ。昨年は「あの年が“創造”のはじまりだった」といわれたが、今年も同じ道を辿ろうとしている。

 連覇か、破壊と創造か。栗山英樹監督は舵をどちらに切るのか。日本ハムの次なるフェイズを見守りたい。


文=落合初春(おちあい・もとはる)

新着記事

人気記事

注目特集記事

会員サイトでは熱くなる情報満載!野球太郎ならではの奥深い内容があなたの知りたい欲を満たします。
今週の特集|プロ野球情報とアマチュア・高校野球情報、日刊記事だけでなく明日だれかに話をしたくなるタイムリーなネタを毎週連載

野球観戦をさらに面白くする!ドラフト候補選手名鑑や分析ツールなど利用できます。
高校・大学・社会人・独立リーグ、ドラフト候補選手登録数、累計5000名以上!夏の地区大会・本大会で大活躍!! 試合観戦中に気になる選手情報を検索しよう!

会員サイトではすべてのメニューが
使い放題です。

会員登録
  • 野球太郎ドコモユーザーは10日間無料お試し
  • 野球太郎ソフトバンクユーザー
  • 野球太郎auスマートパス会員限定無料
  • 10日間無料お試し期間
  • ソフトバンク
  • auスマートパス会員は無料で利用可能
※お手続きの前にドコモやソフトバンク、auのキャリア認証画面(ログイン画面)になります。IDとパスワードをお忘れの方は端末の設定画面よりWi-fi通信をオフにし、モバイルネットワークの通信に切り替えていただくとログインが簡単になることがあります。
電波状態

野球太郎のTwitterまたはfacebook
をフォローすると野球太郎の情報が
いち早く届きます。

Twitter
facebook

日刊トピック プロ野球 高校野球
ドラフト情報
今週号 野球エンタメ ランキング
  1. 週刊野球太郎トップページ
  2. 日刊トピック一覧#22
  3. 連覇? それとも破壊と創造? 早くも黄信号が灯る日本ハムに何が起こっているのか

会社概要
お問い合わせ
書籍「野球太郎」新刊案内
野球太郎公式twitter
野球太郎公式facebook

(C)Imagineer Co., Ltd.