週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

2年目のジンクス!? 「魔の6回」の呪い!? 西武・高橋光成が迎えた試練のとき


 今年、プロ2年目を迎えた西武・高橋光成。昨季は、シーズン途中からの1軍登板ながら5勝を挙げ、8月には月間MVPを獲得。高卒ルーキーとは思えない活躍を見せた。

 しかし、今季は前半戦を終え3勝6敗となかなか結果が出ない状況が続いている。高橋のここまでの登板を振り返ってみた。

プロ2年目は完封、2ケタ三振と順調な出だし


 春季キャンプを初めて1軍で迎えた高橋光だったが、開幕を控えた3月20日のイースタン・リーグ、ヤクルト戦で不運に見舞われる。

 審判からのボールを撮り損ねてしまい、ボールが右頬を直撃。そのまま5回まで投げ続けたが、頬骨骨折と診断された。それでも順調に回復した高橋光は、4月下旬に1軍へ合流。4月30日のソフトバンク戦で今季初先発を果たした。

 なかなか、勝ちに結びつかない苦境が続くも、4度目の先発となった5月19日のロッテ戦で6回1失点、今季初白星を挙げる。5月26日の楽天戦では、わずか3安打に抑える力投で完封勝利。6月2日のDeNA戦でも9回を投げ1失点。完投で3連勝を記録した。

 エース・岸孝之が戦線離脱するなか、高橋光の存在は西武にとって大きな光明かと思われた。


地元・群馬での凱旋登板で打ち込まれる


 3勝2敗と調子を上げたなかで迎えたのが、6月24日のロッテ戦だ。

 この試合は高橋光の地元、群馬・前橋での開催。凱旋登板といえる一戦だった。試合前から雨が降り続くグラウンドコンディションのなか、先発の高橋光は2回、鈴木大地にソロ本塁打を浴びる。

 序盤に失点したももの、高橋光は三者凡退に打ち取った3回から落ち着いた投球を展開。西武打線は、森友哉が1回に先制2ラン、5回にソロ。メヒアが3回にソロと、一発攻勢で高橋光を援護していく。

 ところが4点リードで迎えた6回、高橋光はロッテの反撃に遭う。簡単に2死を取るも、そこから3連打。高濱卓也に四球、角中勝也にタイムリーを打たれ、1点差に追い上げられる。デスパイネに四球を与え、満塁のピンチを迎えたところで降板となった。

 結局、後を受けた武隈祥太が逆転を許し、高橋光は7失点で敗戦投手に。悔しい凱旋登板となった。

その後も続いた「魔の6回」


 5回まではしっかり抑えるものの、6回に突如崩れてしまう。そんな負の連鎖はその後も続いた。

 7月1日の楽天戦は序盤からコントロールに苦しみ、毎回走者を背負う苦しい展開。しかし、キッチリと要所を締める投球でスコアボードに0を並べていった。そして、「魔の6回」を2対0とリードして迎える。

 ここで高橋光は無死満塁のピンチを招き、銀次に走者一掃の二塁打を浴びてしまう。試合をひっくり返されたこの一打が決勝点となり、西武は2対3で敗戦。高橋光は4敗目を喫した。

 さらに、7月13日の楽天戦でも「魔の6回」の呪縛が続く。

 5回までわずか2安打に抑え、打線は5回裏に秋山翔吾、森のタイムリーで2得点。高橋光を援護する。しかし直後の6回表、高橋光は先頭の岡島豪郎に四球、藤田一也に安打を許し、無死一、二塁のピンチを迎えてしまう。

 高橋光は「魔の6回」をまたもや堪えきれず、ペレスにタイムリーを浴びる。森の悪送球も重なり、2対2の同点に。悪い流れのまま、サード・金子侑司がウィーラーの打球をファンブルしたところで高橋光は降板。敗戦投手となった高橋光は、5連敗を喫してしまった。

 まさに「2年目のジンクス」に陥ってしまった高橋光。まもなく夏の甲子園の季節が始まるが、前橋育英高の2年時に甲子園優勝投手となった高橋光にとっては縁起のいい季節だ。くしくも昨年、4勝を挙げ月間 MVPに輝いたのも8月だった。ここから始まる高橋光成の逆襲に期待したい。


文=武山智史(たけやま・さとし)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
おすすめ特集
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方