週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

高梨裕稔(日本ハム)が新人王を獲得! 歴代の“日本ハム発”新人王を総まとめ


 日本ハムの高梨裕稔がパ・リーグの新人王に輝いた。高梨の今季成績は10勝2敗、防御率2.38。特にソフトバンク戦では3勝0敗、防御率1.86と、チームの大逆転優勝に大きく貢献した。

 日本ハムは、今年の高梨を含めてこれまでに8人の新人王を輩出している(日本ハム以前の前身球団は除く)。チーム本拠地が違ったそれぞれの時代別に、歴代の受賞者たちの顔ぶれをご覧いただこう。

北海道移転後の新人王たち


■有原航平(2015年)
8勝6敗/防御率4.79

 ルーキーイヤー(2015年)の序盤はケガのために出遅れたものの、5月に1軍入りするとパ・リーグの新人投手のなかで一番乗りの初勝利。そのまま着実に白星を重ねた。

 今季はなかなか勝てない時期もあったが、大谷翔平が本調子でなかったシーズン序盤に抜群の安定感でチームを上昇気流に乗せた。

■榊原諒(2010年)
10勝1敗/6ホールド/防御率2.63

 プロ2年目の2010年に中継ぎで頭角を現す。ロングリリーフを中心としながら驚異の10勝を挙げた。

 翌年以降もリリーバーとして活躍したが、ケガなどで登板機会が減少。2013年オフにオリックスに移籍して、2015年に現役引退。

■八木智哉(2006年)
12勝8敗/防御率2.48

 ルーキーイヤー(2006年)にダルビッシュ有(現・レンジャーズ)との二枚看板でチームの日本一に大きく貢献。

 2013年に大型トレードで糸井嘉男(現・阪神)とともにオリックスへ移籍。翌年に戦力外通告を受けるが、トライアウトを経て中日に入団して現役続行中。

東京ドーム時代の新人王たち


■正田樹(2002年)
9勝11敗/防御率3.45

 プロ3年目の2002年にブレイクしたものの、NPBではこのシーズン以外に目立った活躍はできなかった。

 2007年以降は阪神、興農ブルズ(台湾)、レッドソックス(米マイナー契約)、新潟アルビレックスBC(BCリーグ)、ヤクルト、ラミー
ゴ・モンキーズ(台湾)、愛媛マンダリンパイレーツ(四国アイランドリーグplus)と様々な球団を渡り歩き、現在も現役続行中!

■金子誠(1996年)
打率.261/4本塁打/33打点

 プロ3年目の1996年に二塁のレギュラーとなり、当時リーグ最多の38犠打を記録。以来、「日本ハム一筋21年」のチームの顔となる。

 2014年の現役引退後はチーム統轄本部特命コーチを経て、現在は1軍打撃コーチとして金子イズムを選手に注入している。


後楽園球場時代の新人王たち


■二村忠美(1983年)
打率.282/13本塁打/35打点

 1983年のルーキーイヤーから4年連続で2ケタ本塁打を記録した好外野手。1990年に大洋へ移籍した後に、再び日本ハムに復帰する。

 1993年の現役引退後は、プロ野球マスターズリーグの福岡ドンタクズに所属(現在リーグ活動は休止)。

■木田勇(1980年)
22勝8敗/4セーブ/防御率2.28

 ルーキーイヤーの1980年から最多勝、最優秀防御率、最高勝率とタイトルを総ナメ。新人王に加えて、史上初めて新人選手としてMVPも受賞した。

 日本ハム退団後は大洋、中日に移籍。1990年の現役引退後は、2007年、2008年と信濃グランセローズ(BCリーグ)の監督として指揮を執った。


文=サトウタカシ (さとう・たかし)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
おすすめ特集
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方