週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【ドラフト特集】2016ドラフト候補怪物図鑑〜身体能力抜群の本格派・藤平尚真(横浜高)


 個性あふれるドラフト候補選手の「正味の実力」を探る「ドラフト候補怪物図鑑」。

 今年のドラフト会議での上位指名が濃厚な目玉選手9名と、来年のドラフト会議で要注目の3名を4週間に渡って徹底解剖。新人ライターの山岸健人さんが、『野球太郎』持木秀仁編集長に根掘り葉掘り質問しまくります。

 この「ドラフト候補怪物図鑑」と『野球太郎No.020 ドラフト直前大特集号』(全国書店にて絶賛販売中)があればドラフト会議の予習はバッチリ!!

 今回は最速152キロに加え多彩な変化球を操る右腕・藤平尚真投手(横浜高)に迫る。


ストレートだけではない魅力


山岸:“高校BIG3”の一角であり、新生・横浜のエース、藤平投手はどんなピッチャーでしょうか?

持木:最速152キロのスピンの効いたストレートが魅力の本格派右腕です。常時140キロ台中盤のストレートを投げられるところも高く評価されています。

山岸:変化球はどうでしょう?

持木:縦横2種類のスライダー、カーブ、シンカー、フォークと多彩な変化球を持っています。今年の夏はフォークやシンカーでタテの変化を要所で使い、コンビネーションでも打者を翻弄していました。

山岸:藤平投手は身体能力が抜群。中学時代には走り高跳びでジュニアオリンピック優勝も果たしているそうですね。

持木:そうですね。50メートル走では中学時代に6.0秒を記録するなど足も速い。アスリートとしての身体能力の高さにも魅力を感じます。


好みが分かれる体つき


山岸:藤平投手は185センチ83キロ。ユニフォームがはちきれそうなほど筋肉パンパン。ずいぶんがっちりした体つきです。

持木:それに関して、ちょっと気になっていて……。

山岸:どうしてですか?

持木:藤平投手はウエートトレーニングをかなり積んだようです。でも、ウエートトレーニングで筋力をつけるのは最終手段ではないかと思うんです。。

山岸:中学時代と比べて……。

持木:筋肉アップして、しなやかな感じが薄れてしまった印象があります。

山岸:スカウトは、その点をどう見ているのでしょうか?

持木:がっちりした体つきを評価するスカウトもいると思います。パワーとしなさかさのバランス、という話になってきますが、そこは好みが分かれるところでしょうね。

課題克服で「勝てる投手」に


山岸:ゲームメイクという点で、「藤平投手が投げていれば試合に勝てる」という信頼感が今ひとつない気がします。

持木:その点は同意します。誰が見てもすごいボールを投げているのに、ここ一番でなかなかチームに勝ちをもたらすことができない。だから、石川達也投手との併用だったのではないかと推測します。

山岸:今夏の神奈川大会でも石川投手との継投が多かったですよね。甲子園でも履正社戦の先発は石川投手でした。

持木:1試合のなかで、いいところとダメなところの両方が出てしまうことが多いですね。結局、ダメなところをとらえられて、150キロを投げているのに打たれている。そんなもろさがあります。そういう意味では、これから大人のピッチャーになっていくんでしょうね。

山岸:大人のピッチャーになりきれていない……。

持木:まだ「自分」や「スピードガン」と勝負しているという意味です。

山岸:球の速さにとらわれすぎていると落とし穴にはまってしまうと。

持木:そうですね。今のままでいけば、スピードは自然に上がっていくでしょう。あとは、球の質をどう追い求めていくかが課題です。もちろん、本人は球の質も求めているんでしょうけど、傍目にはまだ「球速」にこだわっているように映ります。

山岸:ほかの課題は?

持木:いかに低めにベストボールを投げられるか、でしょうね。『野球太郎』で体の使い方に詳しいタイツ先生が、「投げるときに、前足の動きを一定しないので、高めにはボールがいってしまい、低めは置きにいく球威になってしまう」と語っていました。成長とともに、低めのボールがよくなっていくのか。これもプロで活躍するための鍵でしょう。

山岸:ここまで聞いたところ、課題がかなり多いですね。

持木:あとは、調子が悪いなりに抑えるピッチングも課題と言えそうですね。

山岸:大丈夫でしょうか……。

持木:藤平投手はとても練習熱心な選手です。たしかに課題はたくさんありますが、素材としては魅力的ですし、プロで成長するはずと期待しているスカウトはたくさんいます。大人のピッチャーになって、一皮剥けたピッチングを見せてほしいですね。


 誰もが認めるボールを投げながら、課題も多い藤平投手。だが、中学時代には走り高跳びでジュニアオリンピック優勝を飾るなど、身体能力は抜群。しかも練習熱心。どれだけ伸びるのか、プロでの成長が楽しみだ。数年後、1軍のローテ―ション投手として投げる藤平投手の姿を待ちたい。


文=山岸健人(やまぎし・けんと)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
野球太郎ストーリーズ
夏の甲子園大特集 パーフェクトガイド2018 野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方