週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

岸孝之の代役・戸村健次も好投。開幕17試合連続・初回無失点の先発陣が楽天の快進撃を支える!

岸孝之の代役として先発し、好投した戸村健次(楽天)

 開幕17試合で13勝4敗。楽天がなおも勢いを持続している。大半の評論家、野球好きが「春の珍事」で片づけようとしたイーグルスの快進撃は、いよいよ本物になりつつある。

(成績は4月24日現在)

2試合延長戦サヨナラ負けのダメージを感じさせない直後の連勝


 先週は前代未聞の連敗にみまわれた。19日の西武戦、21日のソフトバンク戦で「2戦連続の延長戦12回サヨナラ負け」。

 まるで昨年の5月14日、15日ロッテ戦の悪夢を思い出さずにはいられない痛恨の敗戦になった。2戦連続の延長戦となったそれらの試合では、松井裕樹がいずれもサヨナラ打を浴び、10年ぶりに9連敗の扉を開いてしまった。

 ところが、今季の楽天は違う。ズルズルといくことがない。21日の試合の直後、ソフトバンクに連勝した。

 22日は美馬学がチーム1番乗りの完投勝利を飾ると、23日は、試合直前に腰の痛みにより先発を回避した岸孝之の代役・戸村健次が好投。今季初登板のマウンドで6回途中無失点とゲームを作った。

先手を取って主導権を握る楽天の戦いぶり


 今季の楽天は得点87に対し、失点63。投打がうまくかみ合っている。

 「打」では2番から外国人選手3人を並べる超攻撃的な布陣が話題を呼び、「投」では7回・森原康平、8回・ハーマン、9回・松井裕で締める「新・勝利の方程式」がクローズアップされがちだ。

 しかし、投打かみ合う大きな理由は、先制点を挙げたのが17試合中13試合と、勝ち試合の多くで先にペースをつかんでいることも見逃せない。


初回に必ずゼロを入れる楽天先発陣


 先手を取り、主導権を握ることができている背景には、先発投手の頑張りがある。

 先発陣の防御率はリーグ3位の3.66。クオリティ・スタート率は4位の47.1パーセント。安樂智大と塩見貴洋を故障で欠き、則本昂大がWBCの後遺症で波に乗れずにいるなか、数字だけみると一見、首位を走るチームの投手成績にはふさわしくないようにみえる。

 しかし、ここで注目すべきは、味方打線が序盤の2回まで16点を挙げるのに対し、投手陣が失点を6に抑えている点だ。

 先発投手の役割の1つ、「相手に先制点を献上しない」という任務を、今季の先発陣は実践できている。なかでも、どんな投手でも難しい「立ち上がり」はここまで無失点。初回被打率.125、同被出塁率.197と完璧だ。


緊急登板の戸村が見せた初回無失点のデスパイネ斬り


 前述した23日ソフトバンク戦では初回に7試合ぶりとなるピンチを抱えた。

 岸の代役で緊急登板した戸村が3番・柳田悠岐に安打と盗塁を許し2死二塁。打撃好調の4番・内川聖一は慎重な投球で一塁に歩かせたが、続く5番・デスパイネを打ち取った。

 球を低めにしっかりコントロール。狙いどおりの投ゴロをデスパイネに打たせ、「開幕17戦初回連続無失点」を決めた。
 初回に失点した試合の勝率を調べてみると、2015年は.343、昨季は.383と低かった。初回に点を失えば、その後の戦況はどうしたって苦しくなる。投打かみ合う鷲軍の快進撃には、初回を必ずゼロに抑える先発陣の頑張りも大きいのだ。


文=柴川友次
信州在住の楽天推しの野球好き。ノムさんの「ID野球」「弱者の兵法」に感化され、イーグルスに関するありとあらゆるデータの収集を実施しながら、ペナントレースを追いかけているデータ好きの野球ブロガー。2,500人以上にフォローされているTwitterアカウント

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
おすすめ特集
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方