週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【ドラフト特集】本誌『野球太郎』12球団別ドラフト採点! 〜オリックス、日本ハム、ロッテ〜

【ドラフト特集】本誌『野球太郎』12球団別ドラフト採点! 〜オリックス、日本ハム、ロッテ〜

 あの球団の指名は成功? それとも失敗? 本誌『野球太郎』編集部と本誌ライター陣が12球団のドラフト結果を検証&採点。詳しくは11月27日発売の『野球太郎 No.025 2017ドラフト総決算号&2018大展望号』の巻頭特集「12球団ドラフト採点&近未来展望」をご覧いただきたいが、ここではオリックス、日本ハム、ロッテの採点を先出し&ダイジェストで紹介しよう。

オリックスのドラフト採点


■ドラフト採点:85点

 1位・田嶋大樹(JR東日本)、2位・鈴木康平(日立製作所)と即戦力社会人投手を連続指名できたのは大成功。野球太郎編集部が見立てた「即戦力先発型左腕」という第1補強ポイントに田嶋はバッチリ。しかも田嶋が信奉する山岡泰輔はチームメイトになる。文句なしの上位指名となった。

 全体的な傾向を見ると上位で即戦力社会人、下位でポテンシャル型高校生中心というバランスは例年通り。福田周平(NTT東日本)は俊足好打の遊撃手。盗塁数が落ちているオリックスで「盗塁できる野手」として存在感を発揮したい。西浦颯大(明徳義塾高)は今季ブレイクした武田健吾に続いてほしい将来の外野レギュラー候補だ。

 全体のドラフト採点は85点。念願の田嶋を指名した上で、理にかなった補強ができているので高得点をつけたい。なお、田嶋は競合の末に交渉権獲得となったが、オリックスが1位競合で当たりくじを引いたのは21世紀になって初めてのことだった……。

■オリックスの指名選手
★1位:田嶋大樹(投手/JR東日本)
2位:鈴木康平(投手/日立製作所)
3位:福田周平(内野手/NTT東日本)
4位:本田仁海(投手/星槎国際湘南高)
5位:西村凌(捕手/SUBARU)
6位:西浦颯大(外野手/明徳義塾高)
7位:廣澤伸哉(内野手/大分商高)
8位:山足達也(内野手/Honda鈴鹿)

育成1位:稲富宏樹(捕手/三田松聖高)
育成2位:東晃平(投手/神戸弘陵高)
育成3位:比屋根彰人(内野手/飛龍高)
育成4位:木須デソウザフェリペ(捕手/御殿場西高)

(※★は会心の指名)

日本ハムのドラフト採点


■ドラフト採点:80点

 「今年一番の選手を指名する」というポリシー通り、清宮幸太郎(早稲田実)を指名。7球団が競合するなか交渉権を獲得。相変わらずの「ヒキの強さ」を見せた。若手の重用、実績ある育成ノウハウ、早期メジャーリーグ移籍への理解。どれをとっても清宮にとって最高の環境だ。高校時代とは練習量が格段に上がるのでキャンプでのケガが心配だが、そこは球団もしっかりと注意することだろう。まずは体づくりに励みながら、巨人時代の松井秀喜(元ヤンキースほか)のように1年目から1軍で経験を積み、2年目でレギュラー獲得のイメージが見える。心技体ともに日本ハムでスケールアップしてほしい。

 2位以下はすべて投手を指名。西村天裕(NTT東日本)は鈴木博志(ヤマハ、中日1位)と並ぶ社会人屈指の馬力型右腕。制球力とメンタルに不安があるが、潜在能力を評価された。田中瑛斗(柳ケ浦高)も磨けば光る高校生投手。「プロで成長させる」という意思が見える日本ハムらしい指名だ。そして、最後に宮台康平(東京大)を指名。野球漬けの生活を送っていない選手なので、素材型と思ってじっくりと育てたい。

 全体のドラフト採点は80点。攻めのドラフトを貫き、大谷翔平のメジャーに送り出すタイミングで清宮を引き当てたのは必然にも思える。それにしても日本ハムのドラフトは「強運」。しかし、それも攻めの姿勢があってのこと。攻めた数が多いのだから、必然の結果でもある。2位以下も日本ハムらしいクセを感じさせる選手が並ぶ。今シーズンは5位に沈みながら、ポテンシャル重視で臨んだ。5年後の答えが楽しみだ。

■日本ハムの指名選手
★1位:清宮幸太郎(内野手/早稲田実)
2位:西村天裕(投手/NTT東日本)
3位:田中瑛斗(投手/柳ケ浦高)
4位:難波侑平(投手/創志学園高)
5位:北浦竜次(投手/白鴎大足利高)
6位:鈴木遼太郎(投手/東北学院大)
7位:宮台康平(投手/東京大)


ロッテのドラフト採点


■ドラフト採点:70点

 どこから手をつければよいのか……、というくらいチーム状況が悪いロッテ。野球太郎編集部が見立てた5つの補強ポイントのうち第1補強ポイントは「即戦力の先発左腕」、第2ポイントは「右打ちの高校生外野手」だった。しかし、ロッテは清宮を外し、安田尚憲(履正社高)を外れ1位指名。将来性のあるパワーヒッターを真っ先に獲りにいった。

 2位以降はロッテらしく社会人中心の指名。即戦力候補でまとめた。藤岡裕大(トヨタ自動車)は三塁、遊撃、外野を守れる走攻守揃った大型野手。1年目から頭角を現しそうだ。山本大貴(三菱自動車岡崎)と永野将司(Honda)は手薄な左腕投手陣の底上げが期待される。勝負強い打撃の菅野剛士(日立製作所)は代打で早い時期から重宝されるか。

 全体のドラフト採点は70点。1位で安田、2位で藤岡を獲得できたのは大きい。ロッテが1位でスラッガーを指名するのは稀だが、それだけ安田が欲しかったのだろう。方針をぶらさずに貫いた末の安田獲得は結果オーライということで評価したい。

■ロッテの指名選手
★1位:安田尚憲(内野手/履正社高)
2位:藤岡裕大(内野手/トヨタ自動車)
3位:山本大貴(投手/三菱自動車岡崎)
4位:菅野剛士(外野手/日立製作所)
5位:渡邉啓太(投手/NTT東日本)
6位:永野将司(投手/Honda)

育成1位:和田康士朗(外野手/富山GRNサンダーバーズ)
育成2位:森遼大朗(投手/都城商高)

 本誌『野球太郎』の「12球団ドラフト採点&近未来展望」では細かな補強ポイントや近未来の予想布陣などを挙げながら、より深くドラフト結果を検証しているので、乞うご期待!


文=山本貴政(やまもと・たかまさ)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方