週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【2018年夏の甲子園 南神奈川みどころ】矢澤、2年の及川筆頭に好素材左腕集う 大化けに期待!潜在能力高い万波、長南

投手編〜注目のドクターK・矢澤宏太

注目投手 矢澤宏太

最速148キロのストレートと、カットボール系のスライダーが魅力の矢澤宏太(藤嶺藤沢)が最大の目玉。
奪三振率が高く、春の神奈川大会では14イニングで22三振を奪った。
この夏次第では、一気にドラフト上位候補に躍り出る潜在能力を持っている。
 横浜の背番号1を背負う左腕・板川佳矢は最速142キロのストレートに、腕を振って投じるスライダー、チェンジアップの精度が高く、大学で即戦力となりうる力を持つ。
 昨年からエース格として活躍している新村太郎(日大藤沢)は、140キロ前後のストレートとチェンジアップ系の特殊球が武器。
臨時コーチに就任した、同じ左腕の山本昌氏(元中日)のアドバイスによって、悩んでいたテークバックが修正され、腕の振りがスムーズになった。
 右では、本郷海斗(瀬谷西)が面白い。
柔らかい腕の振りから、140キロに迫るストレートと、空振りを奪えるスライダー、チェンジアップを投げ込み、プロ3球団が視察に訪れている。
素材では私学のエースに負けていない。
 樺田魁(横浜商)は140キロ台中盤のストレートを誇る本格派。
「最速」という点では、南神奈川の右腕で一番速いかもしれない。
 富田歩(平塚江南)は腕を振って投じる高めのストレートに威力があり、大学でも活躍が楽しみな右腕である。
 2年生にも面白いピッチャーが多い。
来年の目玉となるのが最速150キロのストレートが際立つ及川雅貴(横浜)だ。
冬のトレーニングを経て、下半身に厚みが増し、高校野球で戦える体になってきた。
渡邉倫太朗(三浦学苑)は182センチ80キロのバランスの取れた体型から投げ込む、ストレートの質が高い。

野手編〜化けたら面白い未完の大器

注目野手 齊藤大輝

大学球界から高い評価を得ているのが齊藤大輝(横浜)だ。
ミート力に長けたバッティング、グラブさばきが光る二塁の守備、相手の隙を突く走塁、と走攻守どれを取ってもハイレベルでまとまっている。
1年時から期待されてきたスラッガー、左の長南有航、右の万波中正(ともに横浜)は、スケールの大きさが魅力。
芯で捉えた時の打球は、とてつもない飛距離を持つ。
一方で、まだ確率が低く、粗削り。
「未完の大器」という言葉があてはまる。
 松下壮悟(星槎国際湘南)は高校通算30発超の左のスラッガー。
ツボにきた時の飛距離は、横浜の2人に負けていない。
チームメートの小倉健太朗は50メートル5秒台後半の足と遠投100メートルを超す肩を持つアスリート型の外野手。
身体能力は南神奈川でナンバーワンと言っていい。
 小栗颯馬(相洋)は171センチと小柄だが、飛ばす力に長けており、3年春の時点で高校通算25発。
同じ相洋では2年生・北川大和の打撃技術が高く、来年は注目の外野手になるだろう。
 上野浩聖(立花学園)は攻守に瞬発力を感じる遊撃手。
同じ遊撃手では横瀬辰樹(横浜隼人)の堅実な守りも魅力で、フットワークのよさは県内トップクラスだ。
課題だった打撃にも力強さが加わってきた。

大会展望〜能力高い選手が揃う横浜が大本命

南神奈川 勢力ピラミッド

春の県大会6試合で59得点2失点と他校を圧倒した横浜の「1強」。
投打ともに豊富な戦力を誇り、神奈川史上3校目となる夏3連覇に挑む。
対抗馬は鎌倉学園、日大藤沢、横浜隼人、藤嶺藤沢、平塚学園、湘南学院あたりか。
鎌倉学園は昨秋の県大会で横浜をコールドで下すも、この春は横浜にコールド負け。
3度目の戦いで真価が問われる。
大会全体を占う意味では、ノーシードの矢澤擁する藤嶺藤沢がどこに入ってくるか。
序盤で横浜と当たれば、注目の大一番となる。

記事タグ
記事をシェアする
本誌情報
おすすめ特集
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方