週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【2018年夏の甲子園 西千葉みどころ】好素材投手が豊作で楽しみが尽きない! パワーだけじゃない今里、大谷の打撃力

投手編〜投手大国健在!

注目投手 古谷拓郎
 強力投手陣を誇る習志野の中で、プロが注目するのは古谷拓郎だ。
投球フォームに無駄がなく、潜在能力は高い。
春季関東大会では背番号1を背負った佐藤将聖は巧みな投球術が持ち味。
侍ジャパンU-15代表に選ばれた実績を持つ。
2年生の飯塚脩人は、角度があり、ドスンとミットに響くようなストレートが光る。
まだまだ粗削りだが、今春に急成長した勢いを今後も持続していくと面白い。

 アンダーからサイドに転向した横山陸人(専大松戸)は、伸びのあるストレートを軸に組み立てる。
春季県大会・順位決定戦で千葉黎明を相手に6回参考記録ながらも12奪三振、無安打無得点を記録した2年生の杉田智也、193センチの武田龍信も控える。
さらに、1年夏から活躍してきた古川信之介も復帰すれば、専大松戸の層が厚い投手陣は完成する。

 大谷拓海(中央学院)は春季県大会では登板がなかった。
センバツの雪辱を果たすために投打でフル回転したい。

 清宮虎多朗(八千代松陰)は好素材として注目を集めているが、春は自慢の最速145キロのストレートが走らず、我慢の投球が続いた。
夏は万全な状態での投球が見たい。
大型サイドハンド・箱山慶人と将来性抜群の滝田承太郎(ともに日体大柏)もスカウトから熱視線を集める。
箱山はキレのある変化球、滝田は柔らかいフォームから投げ込むストレートをそれぞれ武器にしている。

 その他には、安定感では県内随一の高坂綾(流経大柏)、粘り強い投球が身上の神野竜速(西武台千葉)、140キロ近い球速を誇る東京学館船橋の二枚看板・佐藤秀俊と松永幸誠らが、有望投手として名が挙がる。
伸びのあるストレートが持ち味で、昨年活躍した新原渉吾(千葉敬愛)も楽しみだ。

野手編〜タレント揃う専大松戸

注目野手 大谷拓海
野手で双璧をなすのは、左の長距離打者の今里凌(専大松戸)と大谷拓海(中央学院)だ。
今里は持ち前のパワーに加え、確実性を増し、強烈な打球を左右に打ちわける。
大谷はなんといっても全国区になった昨秋神宮大会での左翼への特大本塁打が忘れられない。
 両校は脇を固める選手も揃っている。
専大松戸では千葉ナンバーワンの俊足でかき回す藤田祐哉に、安打製造機の昆野海翔は長打力もついて、嫌らしさが増した。
春季関東大会から戦線復帰した尾川龍馬は、試合勘を取り戻した夏にはさらなる活躍をしてくれるだろう。
 中央学院では大谷とバッテリーを組む池田翔は、強肩強打のみならず、安定感ある守備も持ち味。
堅守の遊撃手・平野翔、センバツで攻守に活躍した宇田周平とセンターラインが堅い。
 "機動力で勝負する"習志野を体現する根本翔吾と鈴木空吾の1・2番コンビが実戦的な活躍を見せる一方で、スケールの大きさを感じさせる1年生コンビ・和田泰征と角田勇斗の今後の成長も楽しみ。
継続的に追いたい。
 センスを感じる遊撃手の横井洸希(千葉敬愛)も注目を集める。
 最後に我孫子東の逸材たちを紹介したい。
191センチ92キロという筋骨隆々な体格の張雨辰に、宮川颯斗、柏木悠太郎らは破壊力あるスイングで、長打を連発する。

大会展望〜習志野vs専大松戸の因縁の対決か!?

西千葉 勢力ピラミッド
春季関東大会に出場の2校がリードする。
習志野は強力な投手陣と機動力が健在で、有望な1年生の加入が吉と出るか。
タレント集団の専大松戸は春に欠場した主戦の復帰がカギを握る。
センバツ以後は"死んだふり"の中央学院、秋春とあと一歩の流経大柏、噂の清宮擁する八千代松陰が追う。
夏に照準をあわせてくる市船橋、昨年の主戦が残る千葉敬愛、投手力の西武台千葉、大型2枚看板の日体大柏や、春は習志野を苦しめた市柏、東京学館浦安、松戸国際もうるさそうだ。

記事タグ
記事をシェアする
本誌情報
おすすめ特集
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方