野球太郎|ニュースにない奥深い情報で樹野球観戦がもっと面白くなる「野球太郎」のスマホマガジン!
ドラフト注目選手情報が充実!
週刊野球太郎
>公式サイトはコチラ<

【2017年を総ざらい! 観客動員数編】初の140万人突破! 動員数から見えてくる今季のアレコレ

2017-11-21(火)12:00

【2017年を総ざらい! 観客動員数編】初の140万人突破! 動員数から見えてくる今季のアレコレ

 トータルの観客動員数が2513万9463人と、史上初めて2500万人を突破した今季のプロ野球。それでも、全球団が動員数を伸ばしたわけではない。セ・リーグは1402万4019人。前年よりも1.3%の増加で始めて1400万人を突破したのに対し、パ・リーグは1111万5444人で0.2%減だった。各球団の平均動員数も見てみよう。

■ホームゲーム平均観客動員数ランキング(前年比)
1位:阪神
4万2148人(2.8%増)

2位:巨人
4万1675人(0.1%減)

3位:ソフトバンク
3万5094人(0.1%減)

4位:広島
3万670人(2.4%増)

5位:日本ハム
2万8978人(1.0%減)

6位:中日
2万7927人(3.7%減)

7位:DeNA
2万7880人(3.5%増)

8位:ヤクルト
2万5871人(3.2%増)

9位:楽天
2万4931人(10.7%増)

10位:西武
2万3239人(2.0%増)

11位:オリックス
2万2658人(9.1%減)

12位:ロッテ
2万425人(3.7%減)

◎阪神と巨人、本当に動員力があるのは?


 人気もさることながら、甲子園球場と東京ドームというビッグサイズの球場を本拠地とする阪神と巨人がワンツーとなった。ただ、平均動員数では阪神が上回ったが、この数字で「阪神が巨人を超えた」と結論づけるのは早計だ。

 今季の主催試合数に照らし合わせてトータルの動員数を見ると、阪神が72試合で303万4626人、巨人が71試合で295万8890人。阪神が1試合多いので、平均動員数1試合分を引くと299万2478人となる。これでもまだ阪神のほうが3万3588人多い。

 しかし巨人は、熊本、鹿児島、栃木、岐阜、群馬、長野と、地方球場で6試合を主催。この6試合は、球場のキャパが小さいこともあって、すべて1万人台の動員だった。対する阪神は、甲子園以外での主催試合は10試合中9試合が京セラドーム大阪(岡山で1試合)。この差は小さくなかった。同じキャパ条件だったら、必ずしも阪神が上だったとは言い切れない。

 また、ペナントレースで2位に頑張った阪神が前年比2.8%増、4位に沈んだ巨人は0.1%減と、チーム成績が動員に影響を与えたことは間違いない。それでもトータル観客数はほぼ互角。巨人ファンがまだまだチームを見捨てていないことも同時に浮き彫りになった。

◎席が最も埋まっているのはハマスタ


 セ・リーグでは阪神以外にも、広島、DeNA、ヤクルトが前年比プラスとなっている。とくにDeNAは、最も多くの観客を集めたのがホーム開幕戦となった4月4日などの2万8966人(他に8月2日、10月1日も同数)。おそらく、これがほぼ満員の数字だろう。そして平均が2万7880人で、その差は1086人。これは12球団最少。つまり、もっとも空席が少なかったのがDeNAの横浜スタジアムなのだ。

 また、席をゲットできなかったファンは、隣接する特設ビアガーデンで、大型スクリーンによる映像と漏れ聞こえてくる歓声を体感しながら試合とビールを楽しむのも定番。チームは2年連続3位と、長かった暗黒時代を脱しつつある。それはハマスタの盛り上がりと密接にリンクしている。


◎東北に根づき、結果も出した楽天


 パ・リーグで大きく動員を伸ばしたのが、前年比10.7%増の楽天だ。ホームグラウンドのKoboパーク宮城は東北・仙台にあり、天然芝の青空球場。シーズン開幕当初や、終盤はまだまだ寒く、平日のデーゲームに試合をすることもある。そんな厳しい条件でありながらも多くのファンが駆けつけたのは、この地に球団が根づいたことに加えて、序盤から首位争いを繰り広げ、最後は失速しつつもAクラスに踏みとどまったことが大きい。

 ほかに、パ・リーグで前年比プラスだったのは、楽天以外には西武だけ。こちらも夏場の13連勝で一気に勢いづき、4年ぶりのクライマックスシリーズ進出を果たしたことがファンの心に火をつけたのだろう。


文=藤山剣(ふじやま・けん)

新着記事

人気記事

注目特集記事

会員サイトでは熱くなる情報満載!野球太郎ならではの奥深い内容があなたの知りたい欲を満たします。
今週の特集|プロ野球情報とアマチュア・高校野球情報、日刊記事だけでなく明日だれかに話をしたくなるタイムリーなネタを毎週連載

野球観戦をさらに面白くする!ドラフト候補選手名鑑や分析ツールなど利用できます。
高校・大学・社会人・独立リーグ、ドラフト候補選手登録数、累計5000名以上!夏の地区大会・本大会で大活躍!! 試合観戦中に気になる選手情報を検索しよう!

会員サイトではすべてのメニューが
使い放題です。

会員登録
  • 野球太郎ドコモユーザーは10日間無料お試し
  • 野球太郎ソフトバンクユーザー
  • 野球太郎auスマートパス会員限定無料
  • 10日間無料お試し期間
  • ソフトバンク
  • auスマートパス会員は無料で利用可能
※お手続きの前にドコモやソフトバンク、auのキャリア認証画面(ログイン画面)になります。IDとパスワードをお忘れの方は端末の設定画面よりWi-fi通信をオフにし、モバイルネットワークの通信に切り替えていただくとログインが簡単になることがあります。
電波状態

野球太郎のTwitterまたはfacebook
をフォローすると野球太郎の情報が
いち早く届きます。

Twitter
facebook

日刊トピック プロ野球 高校野球
ドラフト情報
今週号 野球エンタメ ランキング
  1. 週刊野球太郎トップページ
  2. プロ野球コラム&ニュース一覧#1
  3. 【2017年を総ざらい! 観客動員数編】初の140万人突破! 動員数から見えてくる今季のアレコレ

会社概要
お問い合わせ
書籍「野球太郎」新刊案内
野球太郎公式twitter
野球太郎公式facebook

(C)Imagineer Co., Ltd.