週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

さあ1回戦! ここ10年、甲子園大会・初戦で屈辱を味わったリベンジ勢は?


 いよいよ本日、幕を開ける夏の甲子園。まずは1週間に渡って初戦が行われる。

 甲子園の初戦といえば、実はマニアたちの注目度が高い。なぜなら、圧倒的な大差試合が毎年起きるからだ。

 どの学校も地方大会を勝ち抜いてきた強豪だが、全国が舞台となると話は別。圧倒的な得点差が現れることも多々ある。特に初戦はどんな強豪校も手探り状態で、実力を十分に発揮できないうちに一方的な展開になってしまうことも。。

 そこで今回、そんな“大量点差マニア”のために、ここ10年の初戦の“最大点差試合”をまとめてみた。

【2015年】
鹿児島実(鹿児島)18対4 北海(南北海道)
※鹿児島実は2回戦敗退

【2014年】
敦賀気比(福井)16対0 坂出商(香川)
※敦賀気比はベスト4

【2013年】
作新学院(栃木)17 対 5 桜井(奈良)
※作新学院は3回戦敗退

【2012年】
常総学院(茨城)14 対 0 杵築(大分)
※常総学院は2回戦敗退

【2011年】
光星学院(青森)16 対 1 専大玉名(熊本)
※光星学院は準優勝

【2010年】
鹿児島実(鹿児島)15 対 0 能代商(秋田)
※鹿児島実は3回戦敗退
【2009年】 天理(奈良)15 対 1 南砺福野(富山) ※天理は2回戦敗退
【2008年】
大阪桐蔭(大阪)16 対 2 日田林工(大分)
※大阪桐蔭は優勝

【2007年】
甲府商(山梨)14 対 1 境(鳥取)
※甲府商は2回戦敗退

【2006年】
清峰(長崎)22 対 3 光南(福島)
※清峰は2回戦敗退

苦戦の大分県勢、境&北海は雪辱を!


 ここ10年、初戦でその年一番の大敗を喫してしまったチームは、大分県勢が目立つ。日田林工、杵築の2校が甲子園の魔の手にかかり、屈辱を味わった。

 今年の大分代表は大分。初戦は2日目第2試合で中京(岐阜)と当たるが、大勝でリベンジを果たしたい。

 この夏の甲子園出場組では北海(南北海道)、境(鳥取)も悔しい思いをしている。北海は昨年、境は前回出場の2007年に初戦最大点差敗北。

 特に、境はワンプレーで4つの悪送球を犯してしまうなど、2007年は「これが甲子園出場校?」と言われるほど散々な結果だった。今年は明徳義塾(高知)が初戦の相手。明徳義塾は圧倒的な初戦巧者だが、鳥取県勢の逆襲の意志を背負い、先輩たちの雪辱を果たしたい。

 北海の初戦は春夏通じて初出場の松山聖陵(愛媛)。弾みをつけるにはもってこいの相手と思いきや、松山聖陵にはプロ特注の右腕・アドゥワ誠がエースとして鎮座しており、簡単な相手ではなさそうだ。

 また、ここ10年で最大点差勝利を収めたチームは、優勝1回、準優勝1回、ベスト4が1回の好成績を挙げており、勢いに乗ることは間違いないだろう。

 各校の初戦は「緊張」か「爆発」か。初戦から目が離せない試合が多くなりそうだ。


文=落合初春(おちあい・もとはる)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
おすすめ特集
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方