週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【2016夏の高校野球】《埼玉観戦ガイド》有望選手と大会展望&勢力ピラミッド

7月9日〜26日(埼玉県営大宮公園野球場ほか)

花咲徳栄と浦和学院の二強に好素材揃う
追う山村学園、上尾も充実の布陣を組む

☆★☆ 投手編 ☆★☆

●好投手多数で激戦必至


 3季連続の甲子園出場を狙うドラフト候補左腕・高橋昂也(花咲徳栄)は、伸びのある140キロ台中盤のストレートに、キレ味鋭いスライダーやフォークを織り交ぜる。センバツ後に背筋を痛めたものの、その間に2年生右腕の綱脇慧が球持ちよく打者の手元で伸びるストレートを武器に台頭し、春季大会も準優勝を果たした。

 キレのある130キロ台後半から140キロ台前半のストレート投げ込む右腕・渡部勝太(上尾)は変化球の質がもう1段階上がれば夏も楽しみだ。復調が期待される身長186センチの阿部玄太、エースナンバーを背負い安定感のある山下和音と3年生右腕3本柱で32年ぶりの甲子園出場を狙う。

 右ヒザを高く上げるフォームが特徴的な左腕・佐々木大輔(山村学園)は、インコースを果敢に突く強気の投球が持ち味。堂々としたマウンドさばきも爽快で、春の準々決勝では春日部共栄を1失点完投するなど、創部9年目のチームを過去最高の4強に導いた。

 140キロ台前半のストレートを持つ榊原翼(浦和学院)は、ひと冬を越えて粘りの投球を覚えた。スライダーやカーブなども投げ分ける投球術を進化させ、春に続き夏の埼玉も制したい。

 秋に背番号「3」を付けながらも浦和学院と好勝負を演じた星野裕帆(川越東)は、184センチの長身から力強い球を投げ込む。

 その川越東を春の地区予選初戦で完封しチームを8強に導いたのが堀越将郎(西武文理)。球の出し入れに長け、クセのないフォームに将来性を感じる。

 クロスファイアーが武器の左腕・唐沢裕貴(西武台)はスタミナをつけ、真の力投型として酷暑の夏を勝ち上がりたい。

 秋に4強入りした大道温貴(春日部共栄)、藤野優斗(狭山ケ丘)の両右腕も安定感があり、夏の上位進出を目論む。昨夏4強など進学校ながら近年上位進出の多い松山には、アンダーハンドから力のある球を投げ込む右腕・弓田海斗がおり、今年も面白い存在だ。


▲高橋昂也(花咲徳栄)

☆★☆ 打者編 ☆★☆

●新興校を牽引する好素材トリオ


 初の甲子園出場を狙う山村学園の3人の好素材に注目だ。主将と1番打者を務める遊撃手の山本大貴は守備範囲の広さと力強い打撃が光る。3番打者で捕手の菊地零士は強肩強打が持ち味で、左翼手の日置勇斗は中学時代に県の陸上競技大会で400メートル王者に輝くなど高い身体能力が大きな魅力。強打に加え地肩も強く、投手としての可能性も秘めている。

 春の埼玉県決勝を戦った花咲徳栄と浦和学院には野球センスと経験に長ける野手が多く、岡崎大輔、楠本晃希(ともに花咲徳栄)、諏訪賢吉、幸喜勇諮(ともに浦和学院)と左打者に好素材が揃う。

 1年冬に捕手転向した大野亮太(聖望学園)は、どっしりした体格で、強肩強打という言葉がピタリと合う左のスラッガーだ。1年夏に甲子園を経験した右の好打者・関谷将貴(春日部共栄)、俊足巧打の清水凌(松山)らも夏までにどこまで力をつけるか。

 大宮リトルシニアの日本一戦士5人が入学した埼玉栄は、右のスラッガー・鶴見駿が1年春から4番を張るなど、今後への期待が高まっている。


▲山本大貴(山村学園)

☆★☆ 大会展望 ☆★☆

●花咲徳栄を強豪私学と上尾が追う


 本命は昨夏甲子園8強の経験者が複数残る花咲徳栄だ。春は背筋を痛めた高橋が登板しなかったものの、2年生右腕の綱脇が成長。選手層の厚さを感じさせた。春4連覇を果たした勢いで3年ぶりの夏を目指す浦和学院も細かなミスは目立つが総合力は高く、対抗馬一番手に挙がる。また古豪復活を目指す上尾と下級生時からの経験が豊富な好素材が中核を担う山村学園も力がある。さらに聖望学園や春日部共栄、川越東ら強豪私学がそれを追う構図だ。

地区勢力ピラミッド

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方