野球太郎|ニュースにない奥深い情報で樹野球観戦がもっと面白くなる「野球太郎」のスマホマガジン!
ドラフト注目選手情報が充実!
週刊野球太郎
>公式サイトはコチラ<
野球太郎選手名鑑プロ野球志望届提出済選手詳細情報117名収録 2017年注目選手1147名

盗塁王・金子侑司も続け! 松井稼頭央、デストラーデ、平野謙。西武のスイッチヒッター御三家!

2017-09-28(木)0:00

盗塁王・金子侑司も続け! 松井稼頭央、デストラーデ、平野謙。西武のスイッチヒッター御三家!

 9月19日の西武対ソフトバンク戦、スイッチヒッターの金子侑司(西武)の打席で面白い現象があった。

 マウンドにいたのが左投げのモイネロ(ソフトバンク)だったため、スイッチヒッターの金子は迷うことなく右の打席を選択。しかし3球目を投げたところでモイネロが降板すると、右投げの寺原隼人(ソフトバンク)がマウンドに上がった。

 投手が右腕に変わったことで、今度は左打席に入ったのだが、1度の打席でバッターボックスの左右を変えたことは、中学時代から始めたスイッチヒッター歴のなかでも初めての出来事だったそう。スイッチヒッターならではの珍事だった。

 西武にはこれまでにも数々の語り継がれる名スイッチヒッターを生み出してきた。そこで今回は「西武のスイッチヒッター列伝」として、歴代の両打ち選手にクローズアップする。

◎史上最強のスイッチヒッターは二重人格?


 西武が生んだ最高のスイッチヒッターは、松井稼頭央(現楽天)で異論はないだろう。

 1994年のルーキー時代に、谷沢健一2軍打撃コーチ(当時)からのアドバイスを受けて両打ちに挑戦。3年目にレギュラー定着すると、4年目には早くも打率3割を達成するなど、非凡過ぎる才能を見せつけた。

 安打だけでなく本塁打も年々増やしていき、9年目の2002年には日本人スイッチヒッターとして初の30本塁打超え(36本塁打)を達成。さらに打率.332、33盗塁でトリプルスリーもやってのけるなど、スイッチヒッターの完成形といえる活躍を見せた。

 また、松井の両打ちの特徴は、左と右それぞれの打席で人格を変えるところ。右打席では本能を大切にし、左打席では理性を働かせているという。

◎AKD砲の「D」を担ったカリブの怪人


 西武の「最強助っ人」を語るうえで、カブレラとともに名前が挙がるのがデストラーデ。秋山幸二、清原和博とともに西武黄金時代のAKD砲を形成した両打ちの強打者だった。

 1989年、バークレオの不振を補うべくシーズン途中で西武に加入すると、デビュー戦であいさつ代わりの本塁打を放つ。その後も左右両打席からアーチを量産し続け、西武時代の4年で合計154本塁打を記録し、本塁打王も3度獲得した。

 1試合における左右両打席での本塁打は3度放ったことがあり、その記録は助っ人の記録としてはバナザード(元南海ほか)と1位タイで並んでいたが、その後、セギノール(9度、元日本ハムほか)に抜かれてしまった。

 ちなみに現在の指揮官である辻発彦監督とデストラーデは仲がよかったようで、遠征先でカラオケなどに興じた模様。


◎打線の潤滑油になったバイプレーヤー


 デストラーデとともに黄金期を支えた選手のなかに、もう1人、名スイッチヒッターがいる。西武黄金期のオーダーを当時の野球ファンは1番から順に「辻、平野、秋山……」と呪文(?)のようにスラスラと口にしたものだが、その文句でもおなじみの平野謙だ。

 もともとは1977年にドラフト外で中日に投手として入団した平野。2年目の春季キャンプでコーチから外野手転向を勧められると、一旦は固辞したものの、自信を持って投げたストレートを弾き返されたことで、助言を受け入れ野手の道へ。

 3年目から両打ちに挑戦し、あわや戦力外通告という危機を乗り越えながら、4年目からは1軍に定着。結果を残し始めた。

 1987年オフには、西武の森祇晶監督(当時)の希望により中日から移籍。トップバッターとクリーンアップをつなぐ2番として定着し、小技と好打が光るスイッチヒッターとして存在感を発揮した。

 ちなみに、平野の奥さんが埼玉県生まれだったことから、地元の球団に入ることを喜んだそう。

 松井やデストラーデのような派手さはないが、当時のプロ野球史上最多となる451犠打(川相昌弘[元巨人ほか、現巨人3軍監督]が記録更新)という大記録も打ち立てた職人的名選手だった。


◎御三家から四天王になるために


 見事なまでに歴史的なスイッチヒッターが所属していた西武。かつては赤田将吾(現西武2軍コーチ)、現役では熊代聖人もチャレンジしたことがあった。

 簡単なことではないためリスクもあるが、成功したときの見返りは十分すぎるほどに大きい。だからこそ「両打の夢」を追いたくなるのだろう。

 そんななかで、目下の注目株と言えばやはり金子侑。27歳にしてスイッチヒッター歴10年を超える現役選手など、滅多に見られるものではない。昨季獲得した盗塁王に飽き足らず、バットでもタイトルを目指して「西武のスイッチヒッター御三家」に割って入るような選手になってほしい!


文=森田真悟(もりた・しんご)

新着記事

人気記事

注目特集記事

会員サイトでは熱くなる情報満載!野球太郎ならではの奥深い内容があなたの知りたい欲を満たします。
今週の特集|プロ野球情報とアマチュア・高校野球情報、日刊記事だけでなく明日だれかに話をしたくなるタイムリーなネタを毎週連載

野球観戦をさらに面白くする!ドラフト候補選手名鑑や分析ツールなど利用できます。
高校・大学・社会人・独立リーグ、ドラフト候補選手登録数、累計5000名以上!夏の地区大会・本大会で大活躍!! 試合観戦中に気になる選手情報を検索しよう!

会員サイトではすべてのメニューが
使い放題です。

会員登録
  • 野球太郎ドコモユーザーは10日間無料お試し
  • 野球太郎ソフトバンクユーザー
  • 野球太郎auスマートパス会員限定無料
  • 10日間無料お試し期間
  • ソフトバンク
  • auスマートパス会員は無料で利用可能
※お手続きの前にドコモやソフトバンク、auのキャリア認証画面(ログイン画面)になります。IDとパスワードをお忘れの方は端末の設定画面よりWi-fi通信をオフにし、モバイルネットワークの通信に切り替えていただくとログインが簡単になることがあります。
電波状態

iPhoneユーザーの方はiPhoneアプリ「野球太郎Pocket」でも記事・コラムが読めます。(一部の記事は有料です。)

野球太郎のTwitterまたはfacebook
をフォローすると野球太郎の情報が
いち早く届きます。

Twitter
facebook

日刊トピック プロ野球 高校野球
ドラフト情報
今週号 野球エンタメ ランキング
  1. 週刊野球太郎トップページ
  2. 日刊トピック一覧#2
  3. 盗塁王・金子侑司も続け! 松井稼頭央、デストラーデ、平野謙。西武のスイッチヒッター御三家!

会社概要
お問い合わせ
書籍「野球太郎」新刊案内
野球太郎公式twitter
野球太郎公式facebook

(C)Imagineer Co., Ltd.