野球太郎|ニュースにない奥深い情報で樹野球観戦がもっと面白くなる「野球太郎」のスマホマガジン!
ドラフト注目選手情報が充実!
週刊野球太郎
>公式サイトはコチラ<
野球太郎選手名鑑プロ野球志望届提出済選手詳細情報117名収録 2017年注目選手1147名

松井裕樹(楽天)は自責点2。リリーフ投手・登板数&防御率&WHIPランキング。終盤の支配者は誰だ

2017-09-27(水)0:00

松井裕樹(楽天)は自責点2。リリーフ投手・登板数&防御率&WHIPランキング。終盤の支配者は誰だ

 プロ野球は間もなくクライマックスシリーズに突入する。投打のヒーローに注目が集まるが、ここまでの功労者にもスポットライトを当てたい。

 一般的にもっとも疲労が蓄積すると言われるのがリリーフ投手だ。試合展開に応じて、ブルペンで肩を作り続ける彼らがいるからこそ、投手陣が成り立っている。

 試合終盤の屋台骨になっているのは誰なのか、セパ両リーグのリリーフ投手の登板数ランキング、防御率ランキング、WHIP(1イニングあたりの平均許走者数)ランキングを見てみよう。

(成績は9月24日時点)

◎セ・リーグ登板数ランキング


1位:今村猛(広島)/67登板
2位タイ:山崎康晃(DeNA)64登板
2位タイ:桑原謙太朗(阪神)/64登板
4位:岩崎優(阪神)/63登板
5位タイ:田島慎二(中日)/62登板
5位タイ:石山泰稚(ヤクルト)/62登板
7位:マテオ(阪神)/60登板
8位タイ:一岡竜司(広島)/59登板
8位タイ:ジャクソン(広島)/59登板
8位タイ:高橋聡文(阪神)/59登板
8位タイ:ドリス(阪神)/59登板

◎セ・リーグ救援防御率ランキング(45登板以上)


1位:中崎翔太(広島)/防御率1.46
2位:桑原謙太朗(阪神)/防御率1.58
3位:山崎康晃(DeNA)/防御率1.61
4位:高橋聡文(阪神)/防御率1.77
5位:一岡竜司(広島)/防御率1.85
6位:マシソン(巨人)/防御率1.98
7位:ジャクソン(広島)/防御率2.07
8位:岩崎優(阪神)/防御率2.13
9位:又吉克樹(中日)/防御率2.17
10位:藤川球児(阪神)/防御率2.26


◎セ・リーグ救援WHIPランキング(45登板以上)


1位:高橋聡文(阪神)/WHIP 0.90
2位:中崎翔太(広島)/WHIP 0.92
3位:桑原謙太朗(阪神)/WHIP 0.96
4位:山崎康晃(DeNA)/WHIP 0.97
5位:ジャクソン(広島)/WHIP 1.00
6位タイ:マシソン(巨人)/WHIP 1.02
6位タイ:田島慎二(中日)/WHIP 1.02
8位:一岡竜司(広島)/WHIP 1.06
9位:パットン(DeNA)/WHIP 1.14
10位:ドリス(阪神)/WHIP 1.16


◎やはり広島、阪神のリリーフ陣が傑出


 登板数、防御率ともに光るのは広島&阪神勢。特に防御率では上位10人中7人を2球団で占め、リリーフ陣の働きがチームの結果に直結していることを証明している。

 WHIP1位はなんと高橋聡文(阪神)。ワンポイントやビハインド時の登板も多く、ホールド数は20で突出したものではないが、隠れたナンバーワンリリーフ投手だ。高橋を放出した中日は歯ぎしりしていることだろう。

 阪神ではマテオが42ホールドポイント、桑原謙太朗が41ホールドポイントで最優秀中継ぎのタイトルを争っている。打線も先発陣も飛び抜けてはいないが、リリーフ陣は広島といい勝負だ。


◎パ・リーグ登板数ランキング


1位:岩嵜翔(ソフトバンク)/71登板
2位:サファテ(ソフトバンク)/64登板
3位:シュリッター(西武)/62登板
4位:森唯斗(ソフトバンク)/60登板
5位:福山博之(楽天)/58登板
6位:牧田和久(西武)/57登板
7位:武隈祥太(西武)/56登板
8位タイ:鍵谷陽平(日本ハム)/55登板
8位タイ:嘉弥真新也(ソフトバンク)/55登板
8位タイ:黒木優太(オリックス)/55登板


◎パ・リーグ救援防御率ランキング(45登板以上)


1位:松井裕樹(楽天)/防御率0.36
2位:福山博之(楽天)/防御率1.03
3位:サファテ(ソフトバンク)/防御率1.13
4位:マーティン(日本ハム)/防御率1.23
5位:岩嵜翔(ソフトバンク)/防御率1.89
6位:牧田和久(西武)/防御率2.34
7位タイ:平野佳寿(オリックス)/防御率2.53
7位タイ:増田達至(西武)/防御率2.53
9位:鍵谷陽平(日本ハム)/防御率2.56
10位:増井浩俊(日本ハム)/防御率2.64


◎パ・リーグ救援WHIPランキング(45登板以上)


1位:サファテ(ソフトバンク)/WHIP 0.69
2位:マーティン(日本ハム)/WHIP 0.71
3位:鍵谷陽平(日本ハム)/WHIP 0.89
4位:岩嵜翔(ソフトバンク)/WHIP 0.97
5位タイ:福山博之(楽天)/WHIP 0.99
5位タイ:増田達至(西武)/WHIP 0.99
7位:松井裕樹(楽天)/WHIP 1.01
8位:牧田和久(西武)/WHIP 1.02
9位:近藤大亮(オリックス)/WHIP 1.05
10位:武隈祥太(西武)/WHIP 1.10


◎無冠濃厚も覚えておきた松井裕樹の快投


 登板数で目に入るのはソフトバンクと西武。ソフトバンクは先発陣に故障が多い1年だったが、リリーフ陣がフル稼働で補完し、見事にリーグ優勝を決めた。西武もここ数年のリリーフ陣の不振を吹き飛ばし、来季も期待できそうだ。

 防御率ランキングでは松井裕樹(楽天)が圧倒的トップ。WHIPは7位だが、ランナーを出しても還さない投球ができており、今季の自責点はわずか2点。サファテ(ソフトバンク)がセーブ数では断トツで、松井は無冠が確実だが、このすさまじい数字は後世に語り継ぐべきだろう。

 日本ハムではマーティン、鍵谷陽平がWHIPで好数値。チーム再建の柱になれるか注目したい。


文=落合初春(おちあい・もとはる)

新着記事

人気記事

注目特集記事

会員サイトでは熱くなる情報満載!野球太郎ならではの奥深い内容があなたの知りたい欲を満たします。
今週の特集|プロ野球情報とアマチュア・高校野球情報、日刊記事だけでなく明日だれかに話をしたくなるタイムリーなネタを毎週連載

野球観戦をさらに面白くする!ドラフト候補選手名鑑や分析ツールなど利用できます。
高校・大学・社会人・独立リーグ、ドラフト候補選手登録数、累計5000名以上!夏の地区大会・本大会で大活躍!! 試合観戦中に気になる選手情報を検索しよう!

会員サイトではすべてのメニューが
使い放題です。

会員登録
  • 野球太郎ドコモユーザーは10日間無料お試し
  • 野球太郎ソフトバンクユーザー
  • 野球太郎auスマートパス会員限定無料
  • 10日間無料お試し期間
  • ソフトバンク
  • auスマートパス会員は無料で利用可能
※お手続きの前にドコモやソフトバンク、auのキャリア認証画面(ログイン画面)になります。IDとパスワードをお忘れの方は端末の設定画面よりWi-fi通信をオフにし、モバイルネットワークの通信に切り替えていただくとログインが簡単になることがあります。
電波状態

iPhoneユーザーの方はiPhoneアプリ「野球太郎Pocket」でも記事・コラムが読めます。(一部の記事は有料です。)

野球太郎のTwitterまたはfacebook
をフォローすると野球太郎の情報が
いち早く届きます。

Twitter
facebook

日刊トピック プロ野球 高校野球
ドラフト情報
今週号 野球エンタメ ランキング
  1. 週刊野球太郎トップページ
  2. 日刊トピック一覧#2
  3. 松井裕樹(楽天)は自責点2。リリーフ投手・登板数&防御率&WHIPランキング。終盤の支配者は誰だ

会社概要
お問い合わせ
書籍「野球太郎」新刊案内
野球太郎公式twitter
野球太郎公式facebook

(C)Imagineer Co., Ltd.