野球太郎|ニュースにない奥深い情報で樹野球観戦がもっと面白くなる「野球太郎」のスマホマガジン!
ドラフト注目選手情報が充実!
週刊野球太郎
>公式サイトはコチラ<
2017.10.26ドラフト会議 清宮幸太郎 検索!

にっくきアイツ。強気の大誤審連発でWBC第1回大会を盛り上げた“例の審判”ボブがひっそりと引退

2017-02-18(土)0:00


 もうすぐ開幕する2017WBC。侍ジャパンの世界一奪還に期待が集まるが、今思い返せば、やはりここまで大会が継続したのは第1回大会の2006WBCの盛況が大きかった。

 宿敵・韓国との国威を賭けた3度の死闘の末(第1、第2ラウンドは韓国の勝利、準決勝は日本の勝利)、迎えた決勝・キューバ戦での瞬間最高視聴率はなんと56.0パーセント(関東地区)を記録。まさしく日本国内が熱狂の渦と化した。

 しかし、あの大会の熱狂を陰で焚きつけたのは、あの“梟雄(きょうゆう)”ともいうべき“にっくき存在”も大きかっただろう。“例の審判”ボブ・デービッドソンである。

 野球ファンのみならず、日本人にとって忘れもしない審判。そんなボブ・デービッドソンだが、実は昨季限りでメジャーリーグの審判を引退している。

 そこで今回、彼の業績を振り返ってみたい。

(球団名は当時の所属チーム)

◎ボブ・デービッドソンの日本デビュー


 メジャーリーグでもなかなかの際どい判定を連発し、“ボーク・ボブ・デービッドソン”“ボーキング・ボブ”と呼ばれるほど、ボークを頻繁に取る目立ちたがり屋さんだったが、やはり2006WBCでの誤審は常軌を逸していた。


 第2ラウンド1組、日本対アメリカの8回表同点の場面、1死満塁で岩村明憲(ヤクルト)がレフトフライを放ち、三塁走者の西岡剛(ロッテ)がホームイン。日本が虎の子の1点を手に入れたかに見えた。

 しかし、アメリカベンチは西岡の離塁が早かったとアピール。カバーに入っていた二塁塁審が1度はタッチアップを認めたものの、ここで主審・ボブが「アウト」の宣告を下した。

 王貞治監督らも猛抗議したものの、判定は覆らなかった。日本は試合を落とした上、ボブは試合後にも「判定は間違っていない」「日本人は野球を知らない」などと強弁を繰り返し、日本中を激怒させた。

 ワールドシリーズ初のトリプルプレーを誤審で見逃したり、ホームランを座ってキャッチした観客を「フェンスより前に乗り出した」として退場処分にして裁判沙汰になったり、アメリカでは悪名高かったボブの日本デビューの瞬間だった。


◎まだまだ続いた大誤審


 結局、日本は1勝2敗で第2ラウンドを終え、残るアメリカ対メキシコでメキシコが勝利すれば、かろうじて決勝トーナメント進出の可能性が残る状況だった。

 日本国中がメキシコの勝利を祈っていたが、第2ラウンド敗退確定のメキシコはレジャーモードに突入。試合前日にはチームでディズニーランドに遊びにいくなど、アメリカ戦には消化試合の気配がプンプンと漂っていた。

 しかし、そんなメキシコに火を点けてくれたのも一塁塁審のボブだった。まず、2回表のアメリカの攻撃で完全にアウトのファインプレーにセーフの判定を下すと、3回裏にはメキシコの選手が放ったポール直撃のホームランを「フェンス直撃」と大誤審。

 メキシコベンチはボールにこびりついたポールの黄色い塗料を見せアピールしたが、それでも誤審を認めず、メキシコ代表は大激怒。「アメリカだけは決勝に行かせない」と全力を注ぎ、2対1でアメリカを下して日本の決勝行きをアシストするに至った。

 メキシコの勝利は、ボブの判定にやきもきしていた世界中の野球ファンの溜飲が下がる歴史的な一戦になった。

◎その後のボブ・デービッドソンは?


 世界にその手腕を知らしめたボブはその後もメジャーとマイナーを行き来し、年1回のペースで事件を連発した。

 日本人のみならず方々にとってとんでもない“物議しか醸さない審判”だったボブだが、「結果オーライ」の観点からいうと、第1回の盛り上がりは“ボブさまさま”でもある。

 近年のWBCはやや尻下がりの印象も受けるが、いっそのことボブを復帰させてはどうだろうか? “アメリカ・ファースト”の時代、盛り上がること間違いなしかも!?


文=落合初春(おちあい・もとはる)

新着記事

人気記事

注目特集記事

会員サイトでは熱くなる情報満載!野球太郎ならではの奥深い内容があなたの知りたい欲を満たします。
今週の特集|プロ野球情報とアマチュア・高校野球情報、日刊記事だけでなく明日だれかに話をしたくなるタイムリーなネタを毎週連載

野球観戦をさらに面白くする!ドラフト候補選手名鑑や分析ツールなど利用できます。
高校・大学・社会人・独立リーグ、ドラフト候補選手登録数、累計5000名以上!夏の地区大会・本大会で大活躍!! 試合観戦中に気になる選手情報を検索しよう!

会員サイトではすべてのメニューが
使い放題です。

会員登録
  • 野球太郎ドコモユーザーは10日間無料お試し
  • 野球太郎ソフトバンクユーザー
  • 野球太郎auスマートパス会員限定無料
  • 10日間無料お試し期間
  • ソフトバンク
  • auスマートパス会員は無料で利用可能
※お手続きの前にドコモやソフトバンク、auのキャリア認証画面(ログイン画面)になります。IDとパスワードをお忘れの方は端末の設定画面よりWi-fi通信をオフにし、モバイルネットワークの通信に切り替えていただくとログインが簡単になることがあります。
電波状態

iPhoneユーザーの方はiPhoneアプリ「野球太郎Pocket」でも記事・コラムが読めます。(一部の記事は有料です。)

野球太郎のTwitterまたはfacebook
をフォローすると野球太郎の情報が
いち早く届きます。

Twitter
facebook

日刊トピック プロ野球 高校野球
ドラフト情報
今週号 野球エンタメ ランキング
  1. 週刊野球太郎トップページ
  2. 日刊トピック一覧#24
  3. にっくきアイツ。強気の大誤審連発でWBC第1回大会を盛り上げた“例の審判”ボブがひっそりと引退

会社概要
お問い合わせ
書籍「野球太郎」新刊案内
野球太郎公式twitter
野球太郎公式facebook

(C)Imagineer Co., Ltd.