野球太郎|ニュースにない奥深い情報で樹野球観戦がもっと面白くなる「野球太郎」のスマホマガジン!
ドラフト注目選手情報が充実!
週刊野球太郎
>公式サイトはコチラ<
野球太郎選手名鑑プロ野球志望届提出済選手詳細情報117名収録 2017年注目選手1147名

宮本慎也、稲葉篤紀、井端弘和。WBC日本代表を支えたベテランたちの献身プレーをプレイバック!

2017-03-09(木)0:00


 3月6日から2017WBCが開幕。オープニングゲームとなった韓国対イスラエルは延長戦の末、2対1でイスラエルが韓国を下す番狂わせとなった。1次ラウンドでキューバ、オーストラリア、中国と対戦する日本も、油断できない戦いが続くだろう。

 過去のWBCを見てみると、経験豊富なベテランがチームを支えてきた。今回はそんな選手たちを紹介してみよう。

(※球団名は当時の所属チーム)

◎初の世界一の陰には宮本慎也の献身的な姿勢があった


 2006WBC日本代表で、チーム最年長は当時35歳の宮本慎也(ヤクルト)だった。

 2004年のアテネ五輪アジア予選、五輪本戦とキャプテンを務めた宮本だったが、当初はWBCの代表からは漏れていた。しかし、井口資仁(ホワイトソックス)の代表辞退を受け、井口に代わり代表入りを果たす。

 だが、セカンドは西岡剛(ロッテ)、ショートは川崎宗則(ソフトバンク)がレギュラーとして出場していたため、ベンチを温めることに。それでも、アテネ五輪でチームを束ねた経験を生かしてまとめ役となり、試合のない練習日には打撃投手を務めるなど献身的な姿勢でチームを支える。

 谷繁元信(中日)、和田一浩(西武)らとともにアテネ五輪を経験したベテラン勢でチームリーダーのイチローをサポートした。

 この大会で宮本は3試合の出場に終わるも、決勝のキューバ戦では9回裏に、負傷した川崎に代わりショートに入る。世界一の瞬間はグラウンドで迎えたのだ。

 その後、宮本は2008年の北京五輪でもキャプテンを務め代表チームをけん引。それからは代表に選出されず、2013年に現役を引退。今後は国際大会の経験を生かし、指導者として侍ジャパン入りが大いに期待される。

◎2009WBC、2013WBCと最年長だった稲葉篤紀


 2009WBCと2013WBCでチーム最年長だったのは稲葉篤紀(日本ハム)。北京五輪で主に5番打者として活躍した稲葉は、2009WBCでは原辰徳監督から4番打者に指名され、1次ラウンドでは主軸を担った。

 アメリカに舞台を移した2次ラウンドでは代打での出場が多かったが、準決勝のアメリカ戦では4番に復帰。途中出場した決勝では8回に二塁打を放ち、直後の岩村明憲の犠飛を呼び込む。10回にはイチローの決勝打につながる犠打を決めた。

 40歳で迎えた2013WBCでは主にファーストでスタメン出場。2次ラウンドでは、劇的な勝利を収めた台湾戦で猛打賞。続くオランダ戦では本塁打と活躍した。

 2014年の現役引退後は侍ジャパントップチームの打撃コーチを務め、今回のWBCは現役時代も含め3大会連続での出場となる。


◎日本の危機を救った井端弘和


 まだ記憶に新しい2013WBCで躍動したのが当時37歳の井端弘和(中日)だった。2007年の北京五輪アジア予選以来の代表選出となった井端は、1次ラウンドから持ち前の勝負強さを発揮する。

 初戦のブラジル戦は7回まで2対3とブラジルがリードする展開に。「まさか初戦で敗れるのか…」という暗い空気が漂い始めた8回表、1死二塁の場面で代打・井端が打席に入る。カウント1-0から得意の右打ちで打球はライト前へ。貴重な同点打となり、日本はこの回3点を挙げ5対3で逆転勝利を収めた。

 さらに2次ラウンドの台湾戦。2対3とリードされたまま9回表を迎え、2死一塁と絶体絶命の状況で井端に打席が回る。その初球に一塁走者・鳥谷敬(阪神)が決死の盗塁を決める。

 東京ドームが一気に盛り上がるなか、井端はカウント2-2から低めのストレートをセンター前に弾き返し、鳥谷が二塁からホームに生還。敗戦濃厚のムードから一転、試合を振り出しに戻した。

 試合はその後、延長10回に中田翔が勝ち越しの犠飛を放ち4対3で勝利する。井端はこの大会でチームトップの打率.556と際立った成績を残し、大会ベストナイン(DH部門)を受賞した。

 今大会、侍ジャパンの最年長は35歳の青木宣親(アストロズ)。次いで34歳の内川聖一(ソフトバンク)となる。ともに世界一を経験しているだけに、ベテランならではの活躍が期待されている。


文=武山智史(たけやま・さとし)

新着記事

人気記事

注目特集記事

会員サイトでは熱くなる情報満載!野球太郎ならではの奥深い内容があなたの知りたい欲を満たします。
今週の特集|プロ野球情報とアマチュア・高校野球情報、日刊記事だけでなく明日だれかに話をしたくなるタイムリーなネタを毎週連載

野球観戦をさらに面白くする!ドラフト候補選手名鑑や分析ツールなど利用できます。
高校・大学・社会人・独立リーグ、ドラフト候補選手登録数、累計5000名以上!夏の地区大会・本大会で大活躍!! 試合観戦中に気になる選手情報を検索しよう!

会員サイトではすべてのメニューが
使い放題です。

会員登録
  • 野球太郎ドコモユーザーは10日間無料お試し
  • 野球太郎ソフトバンクユーザー
  • 野球太郎auスマートパス会員限定無料
  • 10日間無料お試し期間
  • ソフトバンク
  • auスマートパス会員は無料で利用可能
※お手続きの前にドコモやソフトバンク、auのキャリア認証画面(ログイン画面)になります。IDとパスワードをお忘れの方は端末の設定画面よりWi-fi通信をオフにし、モバイルネットワークの通信に切り替えていただくとログインが簡単になることがあります。
電波状態

iPhoneユーザーの方はiPhoneアプリ「野球太郎Pocket」でも記事・コラムが読めます。(一部の記事は有料です。)

野球太郎のTwitterまたはfacebook
をフォローすると野球太郎の情報が
いち早く届きます。

Twitter
facebook

日刊トピック プロ野球 高校野球
ドラフト情報
今週号 野球エンタメ ランキング
  1. 週刊野球太郎トップページ
  2. 日刊トピック一覧#23
  3. 宮本慎也、稲葉篤紀、井端弘和。WBC日本代表を支えたベテランたちの献身プレーをプレイバック!

会社概要
お問い合わせ
書籍「野球太郎」新刊案内
野球太郎公式twitter
野球太郎公式facebook

(C)Imagineer Co., Ltd.