週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

元日特別企画! 『野球太郎』が2016年ドラフトの主役候補をピックアップ

 新年、明けましておめでとうございます。

『週刊野球太郎』では昨年に引き続き、他では読めない野球コラムを毎日お届けして参ります。

 本年もよろしくお願いします。
 橋純平(県岐阜商高→ソフトバンク)、小笠原慎之介(東海大相模高→中日)、平沢大河(仙台育英高→ロッテ)、オコエ瑠偉(関東一高→楽天)など、将来有望な高校生に注目が集まった2015年のドラフト会議。

 2016年の元旦を迎え、指名された選手たちは決意も新たに、プロの世界で活躍することを夢見ているはず。

 そんななか『野球太郎』では早くも今秋のドラフト会議で主役になるはずの、注目選手を追いかけている。なかでも上位指名必至の高校、大学、社会人各カテゴリーの注目ピッチャー3人紹介しよう。


田中正義(創価大)


 2016年のアマチュア野球界の主役となる大型ピッチャー。186センチ89キロの恵まれた体格から最速156キロのストレートを投げ込む。創価高時代は外野手だったが、創価大進学後にその才能が開花。大学2年の大学選手権では初戦の佛教大戦で初回から150キロ台のストレートを投げ、終わってみれば無四球完封で一躍注目を集めた。

 大学3年となった2015年は、さらに進化した姿を見せつけた。6月に行われた侍ジャパン大学代表対NPB選抜での試合では、若手主体のNPB選抜に対して7者連続三振を奪う圧巻のピッチングを披露。


 東京新大学野球・2015年秋のリーグ戦では6勝0敗、防御率0.00と驚異的な成績を残した。特に共栄大戦ではノーヒットノーランを記録。創価大のリーグ優勝に貢献し、リーグMVPを受賞した。

 昨年の明治神宮大会の予選となった関東地区大学選手権では、関東学院大戦に10奪三振の完投。準決勝の上武大戦は5回途中から登板して11奪三振をマーク。試合には敗れるも、その存在感を見せつけた。大学ラストシーズンとなる2016年、田中正義のピッチングから目が離せない。


山岡泰輔(東京ガス)


 172センチと小柄ながら、マウンド度胸と鋭いスライダーが魅力の好投手だ。瀬戸内高時代の3年夏、広島大会決勝戦で新庄高・田口麗斗(巨人)と延長15回を投げ合い引き分け再試合。、再試合では、なんと完封して甲子園出場を決めた。

 甲子園では初戦敗退するも、18U世界野球選手権の日本代表に選出されリリーフとして活躍。甲子園で登板する山岡の動画を見たダルビッシュ有(レンジャーズ)がtwitter上で絶賛したことも話題を呼んだ。

 高校卒業後は社会人の東京ガスに入社。1年目から登板機会を得ると、11月に台湾で行われた21UW杯の日本代表に選ばれる。2年目となる2015年は、新球チェンジアップをマスターして投球の幅を広げ、先発の柱として活躍を見せた。昨年9月のアジア選手権では3年連続の侍ジャパン入りを果たし、中国戦と台湾戦の2試合に先発した。


『野球太郎No.017』のインタビューでは、この時に杉浦正則コーチから曲がりの小さいスライダーを教わったことを明かし、「小さな子どもが憧れるような選手になりたい」とプロへの思いを語っている。


寺島成輝(履正社高)


 2015年も永谷暢章、溝田悠人と2人の3年生好投手を擁した履正社高(大阪)だが、2016年は本格派左腕・寺島にも注目が集まる。新チームではキャプテンを務め、打線では4番を任される投打の軸だ。

 1年夏から公式戦に登板し、秋には永谷、溝田を抑えて背番号1を奪い注目を集める。2年夏は背番号11となるものの、「事実上の決勝戦」となった2回戦・大阪桐蔭高戦に先発。しかし、1−5で敗れる悔しさを味わった。

 昨秋からの新チームでは2回戦の高槻高戦で、5回参考記録ながら完全試合を達成。準決勝では再び大阪桐蔭高と対戦。夏の借りを返すべく先発した寺島は11奪三振を挙げるも2点を失い、1−2で敗れてリベンジはならなかった。


 近畿大会出場が懸かった3位決定戦の阪南大高戦では最少失点に抑えるが、味方打線が無得点に終わり、今春のセンバツ出場の望みが絶たれた。それでも最速148キロを誇る寺島に対して、プロのスカウトの評価は高い。


 例年以上に豊作と予想される、2016年のドラフト候補。今年もしっかりと、逸材たちの行方を追いかけていきたい。


文=武山智史(たけやま・さとし)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方