週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【2018年夏の甲子園 石川みどころ】技も頭も高レベルの奥川は来年目玉候補 森下に恋するスカウトは出るだろうか?

投手編〜末恐ろしい思考と実力の奥川

注目投手 奥川恭伸

センバツ8強の原動力となった2年生エース・奥川恭伸(星稜)。
春季県大会決勝の日本航空石川戦でも被安打4、奪三振12とクリーンアップを完全に抑え込む、圧巻の完封劇。
昨秋、二度打ち込まれた雪辱を果たし、さらに上を見据える思考に林和成監督も「センバツの経験は大きい」と目を細めた。
成長著しい寺沢考多や期待の1年生・荻原吟哉と寺西成騎もチャンスを伺い、復活した竹谷理央も控えた星稜投手陣の層は厚い。

 センバツの熱投が記憶に新しい杉本壮志(日本航空石川)は夏に向けた調整に余念がない。
一本立ちしたい最速148キロ右腕・大橋修人の奮起にも期待が高まる。
金沢を牽引するのは、カーブに絶対の自信を持つ大筆一輝とダイナミックなフォ―ムに改造した向井蓮。
大村拓未は地面スレスレでリリースするアンダースロー。
最遅69キロのスローカーブで目先を狂わす秘密兵器的存在だ。

 公立校にも逸材が多い。
木挽楓冴(飯田)は脅威の馬力と緩急自在の投球で勝ち方を知っている。
堀田大夢(金沢市立工)は相手を惑わす投球術でピンチをしのいでいく。
小川琳太郎(小松)は頭脳派投手として呼び声が高く、先を読める県内屈指の右腕だ。
テンポよく投げ込むタテスラが武器の牧口達哉(金沢桜丘)、低めへの制球力が光る菊野育海(小松明峰)は大崩れしない実力派。
ポーカーフェイスで経験豊富な戸部寿政(津幡)、痛打されても腐らず黙々と投げ込む連合チームの山本隆人(翠星)なども成長が著しい。

野手編〜ライバル対決・上田対森下

注目野手 森下恋太郎

 5月6日時点でともに通算本塁打27で並ぶ上田優弥(日本航空石川)と森下恋太郎(金沢)。
上田は好不調の波はあるが、センバツで膳所のデータ野球を打ち破ったパワーが魅力。
森下の弾丸ライナーも必見だ。
両選手とも松任谷由美の「真夏の夜の夢」が応援のテーマソング。
どちらが"真夏の夢"を掴みとるのか?
 野手陣も粒揃いの星稜。
竹谷理央は打線でも頼りになる。
鉄砲肩の山瀬慎之助、入学直後にもかかわらず遊撃手のレギュラーを獲得した攻守に隙のない1年生・内山壮真、守備範囲が広い鯰田啓介で形成するセンターラインは安定している。
卓越したセンスで躍動するユーティリティープレーヤー・東海林航介も忘れてはならない。

 日本航空石川はセンバツで明徳義塾を粉砕した原田竜聖、打球が力強い小板慎之助、状況判断に優れた的場拓真などの好素材たちが切磋琢磨して、成長を続ける。

 空気を切り裂くようなスイングの牧野翔矢(遊学館)、長打を連発する北川歩(大聖寺実)、どんな場面でも揺るがないメンタルを持つ小寺勇紀(金沢商)らは心身の強靭さが売りの選手だ。
朝賀勇斗(金沢)はスタートの一歩目を意識し、華麗なグラブさばきが光る。
矢富尚斗(金沢学院)は積極果敢な"攻めの守り"を見せ、儀谷豪(飯田)はリズミカルな動きの守備名人だ。
ホームベースに土がかかるとサッと払う林優翔(鶴来)の気が利く所作にも注目したい。

 最後に岩田大慶(金沢桜丘)の名前を挙げたい。
選手は自ら断念したが、現在は指揮官の右腕となり、貴重な戦力として輝いている。

大会展望〜センバツ8強2校の存在感

石川 勢力ピラミッド

新戦力が加わった星稜と戦力の底上げが著しい日本航空石川にはセンバツ8強の"後遺症"は見られない。
気を抜かない学校生活を野球に生かす金沢は超攻撃的野球を掲げ戦う。
機動力の金沢学院、アイデアを生かした練習で頂点を狙う飯田、総合力の高い金沢商が追う。
高い成熟度を誇る小松、指揮官との信頼関係が厚い金沢桜丘、"オール石川"で挑む北陸学院や夏に仕上げてくる遊学館なども、センバツ出場校に負けられないと奮起。
各校の実力は高まり、肉薄している。

記事タグ
記事をシェアする
本誌情報
おすすめ特集
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方